プロに聞く!就活で志望動機を書くときのポイント【例文あり】

エントリーシートや履歴書を書く際、多くの企業で記入することになる「志望動機」。どんなふうに書くと、説得力のある志望動機になるのでしょうか?人事として新卒採用を20年担当し、現在はさまざまな企業の人事・採用コンサルティングを手掛ける採用のプロ・曽和利光さんの解説と例文を紹介します。

企業は志望動機の何を見ている?

そもそも企業は志望動機の何を見ているのでしょうか?曽和さんに、企業が志望動機から知ろうとしていることや、志望動機を書く際の注意点などをうかがいました。

企業が知りたいのは、「何に」魅力を感じたかではなく、「なぜ」魅力を感じたか

志望動機は、大きく「その会社の何に魅力を感じたのか(=what)」と、「なぜ魅力を感じたのか(=why)」の2つで構成します。 その際に就活生が陥りがちなのは、「what」に重きを置いてしまうこと。ところが、企業は「what」にはさほど注目していません。企業が志望動機を見る際に注目しているのは、「why」なのです。 というのは、企業が志望動機を通して知りたいのは、「この会社で働くに当たって十分なモチベーションを持っているか」ということだからです。 仕事の成果は、能力とモチベーションの掛け合わせで最大化されるもの。企業は、志望動機を通して、本人の能力を最大限発揮できるくらいにその企業の事業や業務に動機づけされているのかどうかを知ろうとするわけです。 そして、その際に注目するのが「why」の部分です。企業に対して魅力を感じた理由には、その人のなんらかの価値観や判断基準が必ず存在します。その価値観や判断基準に至った背景や経緯が、本人のライフヒストリー(成育歴)に基づいているような、根っこの確かなものであれば、仕事で大変なことがあっても踏ん張って頑張ってくれると判断できます。ところが、「ちょっとした興味で」のようなものだと、踏ん張りが利かないのではないか、という評価になるのです。

志望動機を書く際のポイント

ポイント1 構成は「why:what=8:2または7:3」の割合に

企業が注目するのは「why」ですから、志望動機を書く際は、「why」を丁寧に説明するために、「why:what=8:2または7:3」くらいの割合で構成しましょう。 なお、「入社したらどんなことに挑戦したいのか」「どのような強みが仕事で生かせるのか」といった情報は、文字数が許せば最後に入れてもいいと思いますが、必須ではありません。まずは、どれだけ根強い動機を持っているかを伝えることを第一に考えましょう。

ポイント2 できるだけ具体的に記述しよう

「説明会で話を聞いた社員が魅力的で」「貴社は世の中にこれだけ影響を与えている会社で」など、具体性に欠ける形容詞や比喩表現、「これだけ」などの“こそあど言葉”は、何も言っていないのと同じです。「どんなふうに魅力的だったのか」「『これだけ』とはどれだけか」など、できるだけ具体的に書きましょう。 特に、エントリーシートで選抜を行う企業に対して具体性に欠けた内容を提出していては、「何も得られる情報がなかった」と判断され、落とされてしまうでしょう。「これってどういうこと?具体的に教えて」と親切に問い合わせてくれる企業はありません。また、エントリーシートでの選抜がない場合も、具体的に書いておけば、志望動機は書面で十分理解できたとして、面接では別の質問に時間を割いてもらえます。

ポイント3 「この動機なら他社や他業種でもいいよね」というものでも構わない

学生の皆さんが陥りがちなのは、「入りたいのは貴社だけです感」を出そうとして、その企業でないといけない唯一無二の理由を無理やり作ること。これは、志望動機に延々と事業説明を書いてしまう一因でもあります。 自分の価値観や判断基準に合う会社は複数あって当然ですし、面接で「この動機なら他社でもいいよね?」と質問する企業があっても、「確かにそうかもしれません」と答えた学生に「なんだと!」と怒りをあらわにする企業は少ないと思います。それよりも、自分のこれまでの経験やライフヒストリーに基づいた「why」を伝えることを重視しましょう。

ポイント4 「what」はできるだけ、その企業にとって「普遍的で変わらない」「コアな」ものを

企業は「what」にはさほど注目していないとは言いましたが、人が外見を好まれるよりも内面を好まれた方がうれしいように、企業にも「ここを魅力に感じてほしい」というポイントがあります。それは、企業の理念や文化、社風、事業上の目標など、普遍的で変わらない、コアな部分についてです。したがって、「what」はできるだけこれらにフォーカスを当てることをオススメします。 逆に、「世の中の注目を浴びているけれどまだ始まったばかりの事業」や「制度」「説明会で会った社員」など「可変的なもの」を「what」として提示されると、企業は「今後事業戦略が変わるかもしれないし…」「社員は辞めるかもれないし…」「この会社の一部しか見てくれていないのでは?」などと、本当に魅力を感じているのか不安に感じる場合があります。 もちろん、可変的なものであっても本当にそこに魅力を感じた場合は素直に伝えて構いません。ただ、もし可変的なものに感じた魅力があくまで「きっかけ」であるならば、例えば、出会った社員から会社の姿勢を感じたならその姿勢を、制度に魅力を感じた場合はその制度から見える会社の文化や社風、例えば「実力主義の社風」を「what」として伝えた方が、説得力が高まると思います。 なお、これは職種を限定しない総合職採用の場合で、職種別採用の場合は特定の事業や仕事にフォーカスを当てて伝えても問題ありません。

 

その他、志望動機について詳しく知りたい人はこちら↓
プロが教える!志望動機の書き方【例文あり】

志望動機を書こうと考えている就活生

志望動機の整理の仕方

「なかなか志望動機が整理できない…」「志望動機の文章がイメージできない…」という人は、まずは「興味を持った企業のどんなところに魅力を感じたか」という点から考えるのも一つの方法です。今回は、魅力に感じた点から志望動機を整理する方法を紹介します。 例えば、人が企業に魅力を感じるポイントは、次の4つに分けることができます。

  1. 構成員の魅力…社風、経営者、社員など
  2. 活動内容の魅力…事業・商品の特徴、仕事内容、タスクなど
  3. 目標への共感…企業理念、ビジョン、事業戦略など
  4. 特権の魅力…評価・教育制度、勤務場所など

あなたが興味を持っている企業に魅力を感じた点は、どれに近いでしょうか?魅力を感じたポイントごとの志望動機の例文と、曽和さんのアドバイスを紹介します。自分の志望動機を書く上でのヒントにしてみてくださいね。

「社風・人の魅力」にひかれた場合の例文

【例文1】説明会やOB・OG訪問で出会った先輩社員にひかれた場合

貴社の説明会で話をうかがった社員の皆さんが、共通して「お客さまを支援したい」という熱い思いを持っていらっしゃることに魅力を感じました。私は、留学生支援サークルで、来日後間もない留学生のサポートに取り組んでいます。留学生が感じる不便や疑問を聞き出して必要な支援をしていくのは根気が必要ですが、「日本での生活をできるだけ快適に始められるように」という思いで向き合ってきたので、貴社の社員の皆さんのお客さまに対する思いに共感しました。

***曽和さんからのアドバイス*** 社員の方々の熱い思いにどうして魅力を感じたのか、留学生サポートに取り組んでいるという、自身の具体的な行動を絡めて語っているのが良い点ですね。留学生へのヒアリングですが、どれだけ根気が必要な作業だったのか、具体的な数字を盛り込みながら「そのすごさの程度」をアピールするともっと良くなると思います。

【例文2】社風にひかれた場合

貴社の「年次や年齢に関係なく互いに意見を出し合い、より良いサービスをつくっていく」という社風に魅力を感じました。所属していた学園祭実行委員会で、学年を問わず意見を出し合い、出た意見はまずは否定せずに検討し、さらに意見を出し合ってより良い結論を出すという環境で、1人ではできないことも皆でアイデアを出し合えば来場者に喜んでもらえる企画を実現できることを目の当たりにしました。そこで、働く上でも同様の環境で頑張りたいと考えています。

***曽和さんからのアドバイス*** 相手を尊重しつつ、自分の意見を伝えられる「アサーティブコミュニケーション」を、学園祭実行委員会の活動の中で身につけてきたのですね。会社でやる仕事のほとんどにチームワークが必要とされる今、集団の中で生かせる能力・習慣・性格を盛り込むのは一つの手です。自社においても活発に意見を出し合いながら、チームワークの醸成にひと役買ってくれるのではないかと感じました。

 

先輩社員と接したり、社風について聞けたりするOB・OG訪問について詳しく知りたい人はこちら↓
就活でOB・OG訪問をするメリットは?依頼メール、質問例からマナーまで解説!

「事業・商品」にひかれた場合の例文

【例文3】形のある商品にひかれた場合

土地開発やビル・施設造りを通してまちづくりに携わりたく、貴社を志望します。高校時代、私の地元駅の前に、再開発によって多数の店舗や行政機関、保育園などが入った複合施設が建てられたことで、街が活気を取り戻す様子を目の当たりにしました。通勤・通学の人だけでなく、子どもからお年寄り、中高生、家族連れまで人の往来が増えてにぎやかになり、行き帰りが楽しくなったことを覚えています。そんなまちづくりに自分も携わり、人々の暮らしを豊かにすることに貢献したいと思います。

***曽和さんからのアドバイス*** ただ建物が建てられるだけではなく、そこに暮らす人々や訪れる人の満足をかなえるまちづくりを肌で感じられてきたのですね。自分がつくりたいのはどのようなまちなのか、相手に具体的なイメージを湧かせられていますし、どんなことを成し遂げたいのかも端的に伝わる良い文章だと思いました。

【例文4】形のない商品にひかれた場合

企業の抱えるリスクに応じて、最適な保険商品や、時にはニーズに合わせて新しい保険サービスを検討し、提案するというビジネスに魅力を感じ、貴社を志望します。私は、テニスサークルで練習メニュー作りを担当しています。初心者と経験者両方の意見を聞いてメニューを組み、数カ月後に初心者から「上達した」、経験者から「実戦経験が積めた」などと喜んでもらえたときにやりがいを感じます。この経験を生かして、お客さまと社内をつなぐ役割を果たしたいと思います。

***曽和さんからのアドバイス*** 初心者からも経験者からも好評な練習メニューを考えられてきたのですね。何が求められているのか細部までヒアリングし、それをしっかりとかみ砕いた上で最適な答えを出せるという、保険の提案で必要とされるスキルが備わっていることがよく伝わりました。

「仕事内容」にひかれた場合の例文

【例文5】「営業」の仕事にひかれた場合

個人のお客さま一人ひとりのニーズに応えて最適な住まいを提案する提案営業の仕事に魅力を感じて貴社を志望します。私は、テーマパークの案内係のアルバイトを通じて、お客さまのご要望やお困りの状況に的確にお応えすることで、お客さまが笑顔を取り戻されることにやりがいを感じていました。貴社においても、お客さまのニーズを丁寧にヒアリングし、より良い提案ができる営業として、お客さまの笑顔を生み出す仕事をしたいと思います。

***曽和さんからのアドバイス*** あなたの丁寧な対応と笑顔が、テーマパークに行くというお客さまの特別な日の演出にひと役買っていたのですね。やりがいがどこから来ているのかを明示することによって、自社においても同様に、お客さまのために頑張ってくれる人物であるように感じました。

【例文6】「研究・開発」の仕事にひかれた場合

医療機器の開発に携わりたく、貴社を志望します。私は大学院で光に関する研究に取り組んできました。学会などで話を聞く中で、光に関する知識・技術の医療分野への応用の可能性がまだまだ広がっていること知り、医療機器開発という分野でこれまで学んだ知識や、研究を通して培った粘り強さを生かしたいと思いました。最新の知識・技術を追求しながら、より使いやすく、高性能な製品の開発や、新しい製品の開発に貢献したいと思います。

***曽和さんからのアドバイス*** 研究を進めていく中でさらに知識・技術を追求したいと思われたというお話から、入社してからも再現可能な学習意欲の高さを感じました。人間の価値観は、長い時間の中で繰り返されることで作られるものです。就活生は特別なイベントや期間の短い話を取り上げがちですが、このように継続して長くやってきたことから考えると良いでしょう。

「企業理念・ビジョン」にひかれた場合の例文

【例文7】企業理念、事業戦略にひかれた場合

「既存の商品に追随するのではなく、新しさのある商品を積極的に生み出す」貴社の理念に共感しました。私は、イベント企画サークルで「前例を踏襲するのではなく、何かしらの改善や、新しいことを」という考えで活動してきました。例えば、新入生歓迎イベントでは、前年同様にただバーベキューをするのではなく、参加者全員と必ず1回は話すように仕掛けたゲームを取り入れたところ好評で、ひと工夫することでより良くできることを実感しました。貴社においても、この姿勢を生かして仕事に臨みたいと思います。

***曽和さんからのアドバイス*** 改善や新しいことに取り組んだ背景には何かしらの課題があったからだと思います。どうしてコミュニケーションを取るように仕向けたゲームを盛り込んだのでしょう。その発想や導入までに至ったプロセスを明示すると、あなたの論理的思考能力をより具体的にアピールできるのではないかと思います。

 

企業理念などを知ることができる、会社説明会について詳しくはこちら↓
意外な発見があるかも! 会社説明会に行ってみよう

「制度・勤務地」にひかれた場合の例文

【例文8】評価制度にひかれた場合

個人の成果に応じた評価・報酬に重きを置いた評価制度に魅力を感じ、貴社を志望します。私は量販店での携帯電話販売のアルバイトで契約件数に応じて時給が上がり、さらには、より責任のある役割を任せてもらえることにやりがいを感じてきました。結果を出すことで高く評価されるとともに、より高い目標に挑戦する機会を得られることが、私のモチベーションの源泉です。貴社においても、積極的に技術や知識を吸収しながら、評価される新しい技術の開発に貢献していきたいと思います。

***曽和さんからのアドバイス*** アルバイト先での状況やその時の心情を具体的に盛り込むことで、自分がどんな時に頑張れるのかを明示できていていいですね。会社が用意してくれる環境とあなたのモチベーションが高まる環境が一致していることがわかり、自社において十分にパフォーマンスを発揮してくれる人物であると判断できます。

【例文9】勤務地にひかれた場合

私の出身地である○○県の活性化に資金面から貢献されていることに魅力を感じ、貴行を志望します。私は、高校卒業まで育った○○県に非常に愛着を持っており、振興・活性化の助けになりたいと考えています。また、私自身、奨学金の受給がなければ大学生活を送れなかったことから、お金のありがたみを強く感じています。ぜひ貴行の一員として資金面から地元企業を支え、○○県の活性化に貢献したいと思います。

***曽和さんからのアドバイス*** 〇〇県への愛だけでなく、なぜその銀行なのか、さらにどう貢献していきたいのか、自身の経験を顧みて具体的に伝えることができていると思います。その地域の活性化にどう貢献しているのかサービス面にも触れ、その企業ならではのポイントにも注目できていていいですね。

 

制度などがわかる!求人情報の見かたについて、詳しくはこちら↓
残業は何時間? 育児休暇は取れるの? 求人情報でここまで分かる!

 

簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診断!就活準備に役立ててくださいね。

▼2022年卒向け詳細情報▼

▼2021年卒向け詳細情報▼

 

——————————————————

曽和利光さんプロフィール写真

【監修】曽和利光さん
株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャーなどを経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多数。

——————————————————

記事作成日:2019年1月21日

合わせて読みたい記事