インターンシップいつから始める?参加時期・申し込み時期は?【先輩アンケート】

社会に出る前に就業体験ができる「インターンシップ」。いつから始めるものなのでしょうか?先輩たちに実施したインターンシップの参加時期に関する調査結果や、企業が開催する時期、開催時期ごとに内容の違いがあるか、などについて紹介します。

【2026年卒向け】就活準備に役立つ情報を公開中
リクナビ2026特別ページへ

インターンシップとは?

インターンシップとは、就業体験を通じて、仕事や企業、業界、社会への理解を深めることができる制度です。社会に出る前に経験しておくことで、実感を伴った仕事研究、企業研究、業界研究ができることになり、より納得のいく企業選びにつなげることが期待できます。

2023年度から「産学協議会基準に準拠したインターンシップ」が始まった

2023年度からはインターンシップの定義が変わり、特定の要件(就業体験、実施期間等)を満たしたタイプのみをインターンシップと呼ぶことになりました。就業体験がないなど要件を満たさないものは、「オープン・カンパニー」や「キャリア教育」などの別名称になります。

リクナビ2026では、インターンシップ等のキャリア形成支援プログラムの総称を「インターンシップ&キャリア」呼びます。

インターンシップ&キャリアについて、詳しくはこちら

続いて、参加したインターンシップのプログラムや参加時期、インターンシップの実施時期や時期ごとの違いなど、2023年卒の先輩たちや人事担当者にアンケートで聞いた結果を紹介します。

※2023年卒の先輩は、4類型が定められる以前にインターンシップに参加しています。そのため、アンケートの結果は「オープン・カンパニー」や「キャリア教育」も含めて「インターンシップ」と記載して紹介します。

参加したプログラムの開催期間

2023年卒の先輩たちへのアンケートでは、1日開催のプログラムに参加した先輩たちが76.4%、続いて2日が27.8%という結果になりました。

●先輩たちが参加したプログラムの開催期間(n=500、複数回答)

「参加したインターンシップ・1day仕事体験の期間を教えてください」のアンケート結果のグラフ

「多くの企業の仕事について知りたい」、という人は短期でも参加できるプログラムにたくさん参加し、さまざまな業界や企業を知るきっかけにするのがよいでしょう。「じっくり仕事を体験したい」、という人は、長期のプログラムへの参加がオススメです。

インターンシップの内容

インターンシップのプログラムは企業によってまちまちです。例えば、営業同行をして実際のクライアントを訪問するといったプログラムや、グループワーク、プロジェクトを組んで新規事業提案を行うものもあります。それぞれのプログラムを通して、得られる知識やスキルは異なりますので、さまざまなプログラムに参加してみるのもよいでしょう。

2023年卒の先輩たちに「参加したインターンシップのうち、特に印象に残っているプログラムについて、具体的に教えてください。」とアンケートした結果、以下のような回答がありました。

  • 営業同行をして、お客様に営業をする姿や仕事をする際の心構え等を聞けて、一社会人になる身としてとても勉強になりました
  • 給料計算業務の会社の税金計算をグループで行うプログラム
  • 飛行機の運航管理において、事故や遅延が起こった際の対処策を練り、運航管理の仕事シミュレーションをしたこと
  • 害虫駆除などを行う企業において、工場への技術営業の模擬演習を行った。現状を聞き出し、提案までグループで考えながら行うのが印象的だった

インターンシップの選び方について詳しく知りたい方はこちら↓

どうやって決めたらいい? インターンシップの選び方

インターンの探し方は?目的に応じた選び方も解説

インターンシップ参加のピークは8月

では、先輩たちはいつからインターンシップに参加したのでしょうか? 2023年卒の先輩たちのアンケートでは、8月に参加した人が59.2%と最多に、次いで9月に参加した人が49.0%という結果になりました。

●先輩たちがインターンシップに参加した時期(n=500、複数回答)

「先輩たちがインターンシップや1day仕事体験に参加した時期」のアンケート結果のグラフ

インターンシップの実施・申し込み時期はいつ?

インターンシップの選考に携わる人事担当者190人を対象に実施したアンケート、内定者へのアンケート結果を基に紹介します。

企業がインターンシップを実施する時期は?

人事担当者へのアンケート結果によると、企業がインターンシップを実施する時期は、多い順に8月(35.8%)、7月(27.4%)、9月(26.3%)、10月(25.8%)と6月(21.6%)となり、学校が夏休みに入る8月に実施されることが最も多いようです。ただし、下図のように、そのほかの時期でもインターンシップは開催されているため、夏休みの時期を逃しても、参加は可能です。

●企業がインターンシップを実施する時期(n=190、複数回答)

「企業がインターンシップ・1day仕事体験を実施する時期」アンケート結果のグラフ

インターンシップの申し込み時期は?

インターンシップの申し込みを受け付ける時期は、企業によってさまざまです。ただ、先輩たちのアンケートでは、申し込み時期は、多い順に6月(45.6%)、7月(41.4%)、8月(36.4%)、9月(28.0%)となっています。同調査によると、参加時期のピークが8月になっていることから、8月に開催されるインターンシップの申し込みを4~7月にかけて行っている傾向が読み取れます。

インターンシップの時期ごとの違いはある?

人事担当者に実施したアンケートで、「開催時期によるインターンシップの違いがある」と回答した48人の結果を見ると、「プログラム内容に違いがある」が70.8%、「受け入れ人数に違いがある」が62.5%、「実施期間に違いがある」が54.2%となりました。
ただし、時期による違いの有無やその内容は企業ごとに異なります。就活のスケジュールを確認した上で、自分の予定に照らして、いつ参加するのがよいかを検討してみましょう。

就活手帳の写真

インターンシップ参加に当たって準備しておくとよいことは?

1. どんなプログラムがあるか調べてみる

まずは、リクナビや、気になる企業のホームページを見てみましょう。企業から学校宛てにインターンシップの案内が届いている場合もあるので、キャリアセンターなどで確認するのもよいでしょう。
プログラム内容や実施期間といったプログラムの概要はもちろんのこと、事業内容、仕事内容についての理解も深めておくと、のちの企業研究にも役立ちます。

2. 選考の流れを押さえておく

プログラムによっては参加人数に制限があり、選考が行われる場合もあります。書類選考や面接など方法はさまざまなので、選考があるプログラムに参加する際は、選考の流れを押さえ、必要に応じて準備しておきましょう。

インターンシップの選考について詳しく知りたい方はこちら

どんな形式がある?インターンシップの選考方法を紹介!

探したり調べたりするところから始めよう

インターンシップに興味はあるけど、いつから行動を開始したらよいのか迷っている人は、まずは、気になるインターンシップを探したり、調べたりするところから始めてみましょう。そして、夏休みや春休み、そのほかの時期も含めてスケジュールの調整がつくところで参加を検討してみてはいかがでしょうか?

【調査概要】
●内定者アンケート
調査期間:2022年9月13日~9月16日
調査サンプル:2023年3月に卒業予定の大学生、大学院生、短大生、専門学校生500人
調査協力:株式会社クロス・マーケティング

●人事アンケート
調査期間:2022年11月25日~11月28日
調査サンプル:過去1年以内にインターンシップの採用選考に携わったことがある人事担当者190人
調査協力:株式会社クロス・マーケティング

 

インターンシップ&キャリアや就活準備に役立つ情報をX(旧Twitter)でも発信中!

「リクナビ就活準備ガイド」X公式アカウントはこちら

記事作成日:2017年8月23日 記事更新日:2024年2月1日

合わせて読みたい記事