サマーインターンとは?メリット、参加までの流れを紹介

夏休み期間に実施されるサマーインターン(サマーインターンシップ)は、興味のある業界や自分のやりたい仕事について詳しく知ることができる、就活準備にもってこいの機会。中にはサマーインターンへの参加を検討している方もいるのではないでしょうか?
この記事ではサマーインターンに参加するメリット、応募から参加までの流れ、参加時の心構えなどを紹介します。

(1)サマーインターンとは

就業体験を通じて、仕事や企業、業界、社会への理解を深めることができるインターン(インターンシップ)。明確な時期の定義はありませんが、学校が夏休み期間にあたる7〜9月ごろに実施されるものを「サマーインターン」と呼ぶ場合が多いようです。

※この記事でも、7~9月に実施のインターンのことを「サマーインターン」として紹介していきます。

サマーインターンの期間

サマーインターンの実施期間は、企業によってまちまちです。数日間のものから数週間、1カ月以上のものもあります。
「多くの企業の仕事を体験したい」、という人は短期のインターンにたくさん参加し、さまざまな業界や企業を知るきっかけにするのもよいでしょう。「じっくり仕事を体験したい」、という人は、長期のインターンへの参加がオススメです。

サマーインターンの内容

インターンのプログラム内容も企業によってさまざまです。例えば、営業同行をして実際のクライアントを訪問するといった業務遂行が含まれているプログラムや、グループワーク、プロジェクトを組んで新規事業提案を行うなど、仕事の疑似体験ができるものもあります。それぞれのプログラムを通して、得られる知識やスキルは異なりますので、さまざまなタイプのインターン参加してみるのも良いでしょう。
具体的にどんなプログラム内容だったのか、サマーインターン(7~9月に開催されたインターン)とその他の時期のインターンの両方に参加したことがある先輩たちに実施したアンケートのコメントをご紹介します。

  • その企業を100年続けるさせるための新規事業を考え、役員の前でプレゼンした(5社のインターンに参加/女性)
  • アプリの企画をし、プレゼンテーションをした(4社のインターンに参加/女性)
  • 仕事内容についての説明があったあと、擬似的に体験した(5社のインターンに参加/女性)
  • 生命保険会社の商品企画を体験した(3社のインターンに参加/男性)
  • 自動車メーカーの海外事務所で、マーケティング部の社員に同行し販促イベントなどに参加した(6社のインターンに参加/女性)
  • プログラミングを実施した(4社のインターンに参加/男性)
  • 人材紹介会社のインターンで魅力的に感じるようなネットでのアルバイト募集のキャッチコピーをグループワークで考えた(2社のインターンに参加/女性)
  • アシスタントとしてラジオ番組制作に携わった(2社のインターンに参加/女性)

(2)サマーインターンに参加するメリットは?

サマーインターンに参加するメリットはなんでしょうか。

7~9月とそのほかの時期のインターン両方に参加した先輩たちに、そのほかの時期のインターンと比較して、サマーインターンのどんなところにメリットを感じたのかを聞きました。実施したアンケートでは、多い順に「就活準備が早めにできた」(46.7%)、「スケジュールの融通がつきやすい」(35.5%)、「インターンの選択肢が豊富にあった」(23.9%)、「就活を進めるにあたっての人間関係ができた」(17.8%)という結果になりました。

●サマーインターンに参加するメリット(n=259、複数回答)

「サマーインターンに参加して感じたメリット」のアンケート結果のグラフ

次に、それぞれのメリットについて、具体的な先輩たちのコメントを交えて紹介します。

【メリット1】就活準備が早めにできた

インターンに参加して実際の業務を体験することで、仕事や企業、業界、自分自身の志向への理解が深まります。
サマーインターンに参加して、より早いタイミングで就業体験をしたことが就活準備に役立ったと感じた先輩が最も多かったようです。

     

  • 業界研究に役立った。あまり興味のない業界でも行ってみることで新しい発見があった。(3社のインターンに参加/女性)
  • 企業のことを知る機会になる(2社のインターンに参加/男性)
  • どういった企業に入社したいか、具体的なイメージがついた。3社のインターンに参加/女性)

【メリット2】スケジュールの融通がつきやすい

7~9月は学校が夏休みのことが多く、スケジュールの調整がしやすかったという先輩の声もありました。これはサマーインターンならではのメリットだと言えるでしょう。

     

  • 大学が長期休暇期間中だったので、インターンと授業が重なってしまうことがなかった。(12社のインターンに参加/女性)
  • 自分の都合の良いスケジュールで参加できた(8社のインターンに参加/女性)

【メリット3】インターンの選択肢が豊富にあった

ほかの時期よりプログラムの種類、募集人数、実施期間などのバリエーションがあったと感じた先輩たちの声もありました。

  • プログラムの種類がたくさんあった。(13社のインターンに参加、女性)
  • 数日~2週間程度まで、インターンの期間がさまざまだった(4社のインターンに参加、女性)

ほかにも、「採用選考の説明会で人事と再会したとき、名前や顔を覚えられており、話をすることができた。(4社のインターンに参加、女性)」「ほかの大学の友達と情報交換できた(10社のインターンに参加/女性)」のように、人事担当者や就活同期との人脈が早めにできたことをメリットに挙げてくれた先輩もいました。

※アンケートコメント内の参加社数は、サマーインターンとそのほかの時期の合計した社数を記載しています。

サマーインターン参加者の様子

(3)サマーインターンの参加時期・申し込み時期は?

次に、サマーインターンの参加時期・申し込み時期について解説します。

サマーインターンの参加時期

インターンに参加した先輩たちのアンケートでは、8月に参加した人が72.2%と最多で、次に多かったのが9月(49.0%)という結果になりました。

●先輩たちがインターンに参加した時期(n=259、複数回答)

「先輩たちがインターンに参加した時期」のアンケート結果のグラフ

サマーインターンの申し込み時期

サマーインターンの申し込みを企業が受け付ける時期は、さまざまです。ただ、インターンに参加した先輩たちのアンケートでは、インターンの申し込み時期は、多い順に7月(55.6%)、6月(45.6%)、8月(39.4%)となっています。
同調査によると、サマーインターンの参加時期のピークが8月になっていることから、8月に開催されるサマーインターンの申し込みを6~7月に行っている傾向が読み取れます。

「サマーインターンの申し込み時期」のアンケート結果のグラフ

(4)サマーインターン参加までの流れは?

では、サマーインターンに参加したいと思ったら何をしたらよいでしょうか?
ここでは、サマーインターンを探して応募し、参加するまでの流れを紹介します。ほかの時期のインターンも同じ流れになるので、ぜひおさえておきましょう。

1.自分の興味・関心や、向いている仕事について考えてみる

サマーインターンを探し始める前に、まずは自分の興味のあることは何か、自分が向いている仕事はどんなものか、などを考えてみましょう。
自分が働く上で大事にしたいことや企業選びで重視したいことに気づくかもしれません。

2.サマーインターンを探して応募する

上述したように、先輩たちアンケート結果では、サマーインターンの申し込みを6~7月にした人が多いようです。
リクナビなどの就活準備サイトや企業ホームページ、インターンの合同企業説明会などでサマーインターンを探してみましょう。
実施期間やプログラムの内容は、サマーインターンもほかの時期のインターンも企業によってさまざま。募集要項を見て、気になるインターンを探してみましょう。
学校のキャリアセンターに募集要項が届いている場合もあるので、確認してみるとよいでしょう。

3.選考を受ける

インターンの選考内容には、書類選考、適性試験・筆記試験、面接などがありますが、選考方法は企業によって異なるので、募集要項をチェックしましょう。
選考のないサマーインターンもあるので、調べて応募してみるのも一つの手です。

 

詳しくはこちら↓
どんな形式がある? インターンシップの選考方法を紹介!

4.参加する

サマーインターン当日までに、服装や持ち物などを確認しておきましょう。また、インターン参加時に先輩社員にどんな質問をしたいかを事前に整理しておくのもよいでしょう。

 

詳しくはこちら↓
【チェックリスト付き】インターンシップ参加準備ガイド
インターンシップにどんな服装で参加した?先輩たちのコーディネート例を紹介!
インターンシップ中のマナー、人事が気になるポイントは?
インターンシップではどんなことを質問したらいいの?質問例公開

(5)サマーインターン参加時に心がけておきたいことは?

実際にサマーインターンに参加する際に心がけておきたい3つのポイントを紹介します。

1.目標を持って参加する

「できるだけ多くの社員と話す」
「サマーインターン中に接した社員に仕事のやりがいを必ず聞く」
「自分に足りない力、伸ばすと良い力を知るために、毎日その日の業務の振り返りをする」
など、参加することで得たいものを明確にし、自分なりに目標を立てて参加しましょう。

2.自分の欲しい情報は聞きに行く

サマーインターン中は、人事担当者や社員が仕事の説明をしてくれたり、職場の雰囲気を体感したり、たくさんの情報が受動的に入ってきます。
一方で、情報の波にのまれてしまうことも。自分の得たい情報を意識して、積極的に聞くように心がけてみましょう。

3.終了後は「何を得たのか」などについて振り返りをする

参加しておしまいではなく、サマーインターンで経験したことから何を学び、経験をもとに今後どのように成長していきたいと考えているのかを振り返ってみるのがオススメです。
ここで紹介したポイントは、ほかの時期のインターンでもぜひ心がけてみてください。

(6)最後に

サマーインターンに参加することで、早くからやりたい仕事・やりたくない仕事や、興味のある業界・企業などについて考え、自分なりの企業選びの軸を見つけることができます。
ぜひ目的意識を持って参加し、就活準備に活用してください。

 

【調査概要】
調査期間:2018年3月14日~18年3月19日
調査サンプル:全国のサマーインターン(7~9月に開催されたインターン)とその他の時期のインターンに参加したことがある大学生・短大生・大学院生と1年目の社会人259名(うち学生184名、社会人75名)
調査協力: 株式会社クロス・マーケティング

 

記事作成日:2018年4月12日 記事更新日:2019年3月22日

 

\今だけ限定の就活準備に役立つ特典を紹介中/

リクナビ2021特別ページへ

合わせて読みたい記事