【就活面接で準備しておくことは?】面接マナーとよく聞かれる質問を確認しておこう!

就職活動(就活)の面接前にやるべき準備は?今からでもできることは?と焦っている人へ。面接の流れと受付から退室までのマナー、よく聞かれる質問とその意図、答えを準備するときのポイントを解説します。また、面接前日に準備しておくこと、先輩たちが持って行ってよかったアイテムも紹介。

面接の流れとマナー

まずは、面接の流れに沿って、気をつけたいポイントを紹介します。就活で面接を受ける前にぜひ確認しておきましょう。

1.受付

時間には余裕を持って、会場に到着しておくと良いでしょう。早めに着いた場合は近隣で時間をつぶすなどし、約束の5分前を目安に、受付・入館をし、その際は、学校名と氏名を告げ、何の用件で誰に会いに来たかを簡潔に伝えてください。

2.待機

大きな声でおしゃべりをしたりせず、姿勢を正して待つように心がけてください。携帯電話の電源は切っておくか、バイブレーターをオフにしたマナーモードにしておくと良いでしょう。

面接会場の前で待機する就活生

3.入室

ノックはゆっくりと行いましょう。「どうぞお入りください」と言われたら扉を開け、入室したら扉の方に向き直り、扉を静かに閉めましょう。閉め終わったら、面接担当者の方に向き直り、扉の前で「失礼いたします」と一礼してからいすに向かいます。いすの左側か後ろに立ち、「○○大学の××××です。よろしくお願いいたします」と言って一礼を。面接担当者に「おかけください」と勧められてから「はい、失礼いたします」と言って着席しましょう。

面接会場に入室しようとドアをノックしている就活生

4.面接

鞄は足下に置き、男性は手を軽く握った状態、女性は手を重ねてひざの上に。姿勢を正して、面接担当者の目を見ながら自然な笑顔で受け答えしましょう。

5.退室

面接が終わったら、着席したまま一度「本日は、ありがとうございました」と一礼し、起立していすの横で再度「ありがとうございました」と一礼。ドアの手前で面接担当者の方に向き直り、「失礼いたします」とあいさつし、退出しましょう。

面接が終わり、席を立ってお辞儀をして退室しようとする就活生

 

面接時のマナーについて、詳しくはこちら↓
社会人と接する最低限のマナー 面接編

面接でよく聞かれる質問

次に、就活の面接でよく聞かれる質問を確認しておきましょう。ここでは、1〜5年以内に新卒採用に携わった経験のある人事221人に聞いた「新卒採用の面接で知りたいこと」のアンケート結果から、面接担当者が知りたいことや、具体的な質問例を紹介。面接本番でどのように答えるか整理する際の参考にしてみてください。

人事が面接で知りたいことは?

■新卒採用の面接では、学生のどんなところを知りたいですか?(n=221、複数回答)

アンケート結果のグラフ「新卒採用の面接では、学生のどんなところを知りたいですか?」

知りたいこととして最も多かったのは、「入社意欲」で75.1%。次に、「企業とのマッチ度」(67.4%)、「企業や事業に対する理解度」(47.5%)、「将来のビジョン」(45.2%)などが続きました。これらについて、面接担当者は次のような質問を通して知ろうとするようです。

面接で人事が学生に尋ねる質問例

  • 学生時代頑張ってきたことは?
  • あなたの長所は?
  • これまでに最も苦労した経験と、それをどのように解決したか
  • 何らかの行動をとった背景、決断の理由など
  • 尊敬する人は?
  • 弊社のどのようなところに興味を持ったか?
  • 当社の弱みをどのように認識してるか?
  • 入社後、具体的にどのような仕事をしてみたいか?それはなぜか?
  • この会社でどうなりたいか?
  • 10年後、何をしていると思うか?
  • これから実現したい夢は?

過去の経験についての質問では能力や性格を、志望理由についての質問では志向を、企業に関する質問や将来のビジョンなどに関する質問では、入社意欲や企業や事業に対する理解度、企業とのマッチ度などを知ろうとしているようです。

面接での受け答えの準備をする際のポイント

面接で良く聞かれる聞かれる質問を確認したら、本番でどのような受け答えをするか準備をしておきましょう。

人事として新卒採用を20年担当し、現在はさまざまな企業の人事・採用コンサルティングを手掛ける採用のプロ・曽和利光さんに、面接準備にあたってのアドバイスを頂きました。

面接での質問は「あなたはどんな人?」かを知るためのものだと心得よう

面接準備の際は、「面接でのすべての質問は『あなたはどんな人?』ということを知るためのものだ」と心得ておくとよいでしょう。

「どんな人?」を知るために企業が着目する点は「能力・性格(何ができるか)」と「志向(何をやりたいか)」の2つです。企業はこの2つを知るために、学生が答えやすい、かみくだいたさまざまな質問を投げかけ、自社に合う人材かどうかを判断します。

例えば、よくある質問の「自己PR」や「学生時代に頑張ったこと」は能力や性格を知るために、「志望動機」は志向を知るために尋ねています。

面接当日、想定外の質問がきたときは「私自身の能力または性格、志向に引きつけて答えればいいんだな」と考えると良いでしょう。

また、学生の素の能力・志向を知るために、想定外の質問をする場合もあります。そういった場合でも、企業が知りたいのは同じです。「あなたはどんな人?」をきちんと伝えられるように、落ち着いて答えるようにしましょう。

 

自己PRや志望動機など、それぞれの考え方のポイントは以下を参考にしてみてください。

自己PR

自己PRを通じて企業が知りたいことは「自社が必要とする特徴を持っているか」ということ。そのため、「どれだけその企業のことが好きで、入社したいか」よりも、「自分の特徴がその企業の仕事に合っていること」や、「成果をあげられる人間であること」をアピールすることがポイントです。

詳しくはこちら↓
【プロが解説】自己PRで使えるアピールポイントの見つけ方・伝え方

志望動機

志望動機は、数ある企業の中からその企業を選んだ理由のこと。企業研究を通じて「自分の強みを生かして、やりがいを持って働くことができそう」「この企業でこんな事をしてみたい」と感じた点などを伝えられるように準備しておきましょう。

詳しくはこちら↓
面接で志望動機を伝える際のポイントとコツ

自己紹介

面接冒頭には、「自己紹介をお願いします」と言われることもあるでしょう。自己PRと違い、自己紹介はあいさつの一環です。30~40秒を目安に、簡単に自分のプロフィールと学生時代にしてきたことを話せるように準備しておきましょう。

詳しくはこちら↓
【例文付き】就活面接での自己紹介の答え方は?より良い自己紹介にするためのポイントは?

選考の段階によって学生を見る視点が違うことも意識しておこう

特に大手企業の場合、面接の段階によって学生を見る視点が少しずつ変化することも意識しておきましょう。

例えば、一次面接では、応募者をある程度の人数に絞り込むために、会話力や論理的思考力など、ビジネスパーソンに必要な基礎的な能力の有無を判断することが多いです続く二次面接では、学生の性格や能力、価値観を把握し、自社に求める人物像に合致しているかどうかを見極める、という傾向にあるそうです。

面接準備の際は、こうした点も考慮して、話す内容を再確認するとよいでしょう。

 

二次面接について詳しく知りたい人はこちら↓
【質問例あり】二次面接で企業が見ているポイントは?採用のプロが教える準備方法

 役員面接について詳しく知りたい人はこちら↓
【質問例あり】役員面接(最終面接)では何を聞かれる?事前準備は?プロが解説します

面接で質問を受ける学生

【明日は面接!】前日に準備しておくことは?

面接時間と場所、前後の予定を確認

複数の予定が入っている場合、単に時間と場所を確認するのではなく、「予定と予定の間の時間には余裕があるのか、ギリギリなのか」「移動し始めないと間に合わなくなる『本当のデッドライン』は何時か」ということを細かくチェックしておきましょう。

面接や社員との面談、説明会などは、予定時間を超えて長引いてしまう場合がも。そのとき、本当のデッドラインを把握していれば、いつまでに出れば大丈夫かという判断ができます。

特に人事や社員との面談の場合、学生の質問に丁寧に答え、自社の魅力を余すことなく伝えたいという思いから時間が延びがちです。

次の予定が入っている場合は、冒頭で「すみませんが、今日は○時に出ないといけなくて…」と伝えておくと良いでしょう。

前日と面接当日朝のニュースの確認

面接の冒頭に、場の緊張感を和らげるために、面接担当者が学生に対して、前日や当日朝に流れたニュースについて「どう思う?」と意見を求める場合があります。うまく答えられなかったり、知らなかったりしたからといって面接に影響する可能性は低いと思いますが、答えられなかったことによって自分自身が余計に緊張してしまう場合があります。前日と当日朝のニュースをチェックして、自分なりの考えを整理しておいて損はありません。

企業情報の再確認

複数の企業を並行して受けていると、個々の企業の情報が頭から抜けていきがちです。

前日には、あらためて採用ホームページやリクナビなどの就職情報サイトで面接を受ける企業の情報を確認しておきましょう。

特に、略語などの業界・企業独特の言葉には注意。意味を確認しておくと、面接の場で出てきても焦らずに対応できるでしょう。

持ち物を確認

最後に、持ち物チェックです。先輩が実際に持参したものを参考に、自分に必要なものを確認しましょう。2019年3月卒業予定の内定者392人に面接に持って行ったものを尋ねたところ、次のような結果になりました。

■就活の面接に持って行ったものは?(n=392、複数回答)

「就活の面接に持って行ったものは?」のアンケート結果のグラフ

8割以上が「持って行った」と答えたのは、「筆記用具」(94.6%)、「スマホ・携帯電話」(91.6%)、「ティッシュ・ハンカチ」(82.1%)、「腕時計」(81.6%)、「手帳」(80.4%)でした。そのほかの持ち物も含めてどんなふうに活用したか、先輩の声を紹介します。

どんなアイテムを持って行った?先輩たちの声を紹介

筆記用具、手帳、ノート・メモ帳

  • 面接後にアンケートを記入する時間があったため、筆記用具を持参していてよかった
  • 手帳は間違うことのできない予定を素早く書き込むことができるし、筆記用具・メモ帳は終了後に面接担当者の発言や企業の印象などを書き留めれば、振り返ることができる

スマホ・携帯電話

  • 企業との連絡手段として必須
  • スマホの地図アプリを使って面接先まで行っていたので

ティッシュ・ハンカチ

  • トイレにハンドドライヤーがない会社も多かったので、ハンカチは持って行っておくと便利
  • 緊張で汗をかいたときに拭くためにハンカチは必要

腕時計

  • 携帯電話の電源を切ってから入館していたので、時間確認のために必須
  • 面接前の控え室ではスマホを見ることができないので、時間確認のために必要

身だしなみを整えるもの

  • 風で髪が崩れたり、引っ掛けてストッキングを破いてしまったりすることがあったので、くしとストッキングの替えを持っていて助かりました
  • 第一印象が大事なので、鏡を持ち歩いて外見をチェックしていた

印鑑

  • 交通費支給の企業では、精算に筆記用具と印鑑が必要なので
  • 書類に印鑑を押す機会があったため

折りたたみ傘

  • 突然の雨の時に役に立つ

モバイルバッテリー

  • メールをちょくちょく確認していると、携帯の充電がなくなりがちなので
  • 長時間外で活動することが多い上に携帯を利用するタイミングが多いので必要。コンセント付きのカフェもあるので、プラグ部分もあるとなお良し

なお、「その他」には、「クリアファイル」「ミント味のタブレット菓子」「企業パンフレットなど企業情報が書かれたもの」「事前に用意した面接用のメモ」などが挙がっていました。クリアファイルは、企業から書類を受け取った際に折り目をつけずに持ち帰るのに、また、ミント味のタブレット菓子は、食後の口内の臭いが気になるときなどに活用できそうです。

これ以外にも、ハンカチよりもより吸収力のあるミニタオルを持っておくと、突然のゲリラ豪雨などに遭って洋服や鞄がぬれた場合に便利です。 また、暑い時期には、汗拭きシートなどを使って小まめに汗を拭くことでリフレッシュできますし、臭いも抑えることができます。

 

【調査概要】※人事アンケート
調査期間:2018年8月30日
調査サンプル:1~5年以内に新卒採用を担当したことがある人事担当者221人
調査協力:株式会社ジャストシステム

【調査概要】※先輩アンケート
調査期間:2018年8月29日~9月3日
調査サンプル:1社以上内々定が出た経験のある大学4年生392人
調査協力:株式会社ジャストシステム

——————————————————-

【監修】曽和利光さん

曽和利光さんプロフィール写真

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャーなどを経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多数。

  【監修】峯 陽子先生

峯 陽子先生

約20年の専業主婦の後、人材育成会社で企業の社内研修講師などを経て、独立。企業での社員研修の講師のほか、女性の社会復帰支援、学生へのキャリア育成セミナー・マナー講座なども担当。

——————————————————-

 

記事作成日:2018年9月28日

 

質問例以外にも、面接前にリクナビを使って企業情報も調べておきましょう。

▼2020年卒向け詳細情報▼

企業を調べる

合わせて読みたい記事