インターンシップ時のカバン、選び方のポイントは?<男女別ポイント解説付き>

インターンシップに参加する際のカバンについて、どんなものを持っていけばいいのか悩んでいませんか?そこで、就職・転職支援スクール、我究館にてコーチを務める八木橋育子さんに、カバンの選び方や注意ポイントを聞きました。

インターンシップ時のカバン、何を持っていけばいい?

インターンシップに向けて、新たにカバンの購入を検討している人も、手持ちのカバンから選ぼうと考えている人もいるでしょう。まずは、基本となる考え方を紹介します。

カバンも「自分の第一印象」の一部となると考えよう

就業体験、職業体験の場であるインターンシップでは、企業の職場で実際に働く経験ができます。社会人と一緒に働くことはもちろん、その企業の取引先や顧客と接する可能性もあるので、学生であっても、社員と同様に「その会社の一員」とみなされることを意識するといいでしょう。社会人のマナーとしては、相手に不快感を抱かせないよう、清潔感ある身だしなみを心がけるものです。また、相手の信頼感を高めるために、TPOに合わせた服装をすることも重要です。

これらを踏まえてきちんと準備しておけば、選考の面接担当者だけでなく、インターンシップで指導に当たる先輩社員にも、より良い印象を持ってもらえるでしょう。「この学生は期待できそう」と思われた方が、より熱の入った指導を受けられたり、いろんな話を聞かせてもらえたり、自分にとってプラスになる部分も多くなるはずです。服装や髪型に比べて、カバンを重視しない学生さんもいますが、清潔感がないカバンや、TPOを考えていないカバンを使えば、悪目立ちしてしまう可能性があります。カバンも「第一印象の一部」となると考えましょう。

社会人の視点で、カバンの使いやすさも考えよう

社会人には、たくさんの書類や資料を持ち運ぶケースも多くあります。大事な書類がシワになったり、必要なものをすぐに取り出せなかったりすることがないよう、仕事におけるカバンの使いやすさを考え、機能面も重視しているものです。インターンシップでは、書類や資料を受け取る機会や、書類を提出する機会などもあるでしょう。「持ち運びやすい」「きれいな状態で書類を保管できる」「整理・収納に役立つポケットが付いている」など、社会人としての視点でカバンの使いやすさを考えてみることも大事といえるでしょう。

カバン選びの注意ポイント

それでは、カバン選びの具体的な注意ポイントを紹介していきます。新たに購入する場合も、手持ちのカバンから選ぶ場合も、参考にしてみましょう。

「スーツ着用」「私服可」などの参加条件に合わせる

まずは、インターンシップの参加条件を確認しましょう。「スーツ着用」の場合には、スーツに合わせて、ビジネスバッグなどのかっちりとしたカバンを選ぶと、違和感のないコーディネートができます。逆に、「私服可」「服装自由」などの条件で、比較的、服装の自由度が高い場合は、かっちりとしたビジネスバッグは浮いてしまう可能性もあります。きちんとした印象は大事にしつつ、私服に合わせたカバンを選ぶといいでしょう。

企業のドレスコードを理解し、その場にふさわしいものを考える

参加条件を確認しても、「どの程度、かっちりしたカバンがいいのか」「どこまで自由に選んでもいいのか」を判断するのは難しいものです。そこで、企業のドレスコードを把握することをオススメします。企業によって、会社の文化や職場の雰囲気は異なり、ドレスコードも異なるものです。企業の採用ホームページをチェックし、掲載されている職場の写真や先輩社員の写真などを参考にしてみましょう。職場の雰囲気や社員のカラーを踏まえ、その場にふさわしい服装を考え、カバンをコーディネートしてみるといいでしょう。

「違和感があること」は「悪目立ち」につながると考える

その企業の職場で、「違和感がある」と思われそうなカバンは、「悪目立ち」につながる可能性があります。そのため、企業の文化や職場の雰囲気を考えた上で、違和感のないカバンを選ぶといいでしょう。もしも判断がつかず、不安に思う場合は、派手な色やデザインのバッグ、クタッとした布やナイロン素材のバッグ、ファーなどで装飾されたバッグ、ブランドロゴやキャラクターのプリントが目立つバッグなど、「ビジネスの場にふさわしくない」と思われそうなものは、避けた方がいいでしょう。黒や紺、グレーなど、主張しすぎない色で、かつ、単色のバッグが無難といえます。

「A4書類が入る」「床置きできる」などの機能面も考える

インターンシップでは、A4サイズの書類や資料を受け取ることが多くあります。折りたたまず、そのまま収納できるサイズのカバンを選んでおけば、書類を提出する際などにも、シワになっていないキレイな状態とすることができます。また、内ポケットなどの収納が機能的であれば、書類や筆記具などの出し入れも素早くでき、慌てず落ち着いて行動できます。

さらに、インターンシップでは、椅子に着席するなど、カバンを床に置くことも少なくはありません。クタッとした素材のカバンの場合、資料がはみ出して内容が見えてしまったり、倒れて中身が外に出てしまったりする可能性があります。ビジネスで扱う書類は社外秘も多いので、こうしたことがあると、「管理がきちんとできない」などのルーズな印象を与えかねません。カバンを選ぶ際には、しっかりとした素材で自立できること、ジッパーなどできちんと口を閉じられること、さらに、持ち運びやすいことなども含めて、考えてみるといいでしょう。

手持ちのカバンを使う場合、汚れやすり切れなどのメンテナンスを

社会人のマナーにおいては、相手に不快感を与えないよう、清潔感ある身だしなみを心がけることが大事です。手持ちのカバンを使う場合は、汚れや剥げ、持ち手のすり切れなどをチェックし、メンテナンスをしておくといいでしょう。新品でなくても、清潔感を意識して、きちんと手入れしたものなら、問題はないといえます。また、手持ちのカバンを使う場合も、新品を購入する場合も、防水スプレーなどをかけておくと、汚れにくくなりますし、収納した資料などが雨でぬれることも防げるでしょう。

リュックの使用はケースバイケース

リュックについては、近年、ビジネス対応のものを使用する社会人が増えているので、ケースバイケースといえます。企業の文化や職場の雰囲気を含め、その会社のドレスコードに合っているかどうかを判断ポイントにするといいでしょう。インターンシップでは、椅子に座って荷物を足元に置くことも多いものです。面接担当者や周囲の先輩社員に、きちんとした印象を与えられるよう、リュックについてもしっかりとした素材で自立するものを選ぶことをオススメします。

また、内ポケットなどが少ないリュックの場合、底に荷物がたまってしまい、資料や書類が折れ曲がったり、必要なものが見つからずに慌ててしまったりする可能性があるので、注意した方がいいでしょう。

黒のビジネスバッグ

男女別、カバン選びの注意ポイント

ここでは、スーツやビジネスカジュアルなどの服装に合う、男女別のカバンの選び方について注意ポイントを紹介します。もしも自分では判断できず、迷ってしまう場合には、学校のキャリアセンターの担当者や周囲の先輩などに相談してみるといいでしょう。

男子学生のカバン選びの注意ポイント

ベーシックな黒い無地のカバンを選んでおけば、スーツや私服にも合わせやすいといえるでしょう。相手に違和感を感じさせないためにも、カバンと靴の色をそろえるなど、トータルバランスを考えることも大事といえます。革や合皮を使ったビジネスバッグや、ビジネス対応のトートバッグなどがオススメです。また、ナイロン製の場合でも、「パリッとした素材を使用している」「皮革素材などを部分使いしている」など、床に置いても自立するように設計されたものなら、きちんとした印象を与えられるでしょう。肩から斜めがけをすると、スーツや上着にシワがつき、清潔感が失われる可能性があります。基本的には、ストラップは外しておき、手提げ形式で使用するといいでしょう。

また、ビジネス対応のバッグは、内ポケットなどの機能面も考えられているものです。「機能よりもデザインを重視したい」という学生さんもいると思いますが、ビジネス対応のバッグは、さまざまな場面で使いやすく、「素早く開け閉めでき、必要な書類をさっと出せる」「床に置くときも、持ち上げるときもスムーズに手に取れる」など、スマートな所作ができるというメリットもあります。新たに購入する場合には、そうしたことも踏まえた上で、カバンを選ぶといいでしょう。

女子学生のカバン選びの注意ポイント

男子学生と同様に、黒・無地・革や合皮素材のカバンが、最もコーディネートしやすいでしょう。スーツ着用が参加条件になっている場合でも、ジャケットにスカートなどを合わせる「ビジネスカジュアル」も可とするケースもあります。ベージュなどの明るい色のカバンも、ビジネスカジュアルに合わせやすいでしょう。いずれにしても、服装に合うトータルなコーディネートをすることが大事といえます。

女子学生の場合も、ビジネス対応のトートバッグやショルダーバッグなど、自立するものを選ぶと安心できるでしょう。女性向けのカバンは、肩から下げるものが多いです。斜めがけのストラップが付属しているカバンもありますが、スーツや服にシワがつきやすくなるので、基本的には使用しない方がいいでしょう。また、小さめのカバンを選ぶと、「資料が縦にしか入らず、カバンから少しはみ出してしまう」というケースもあるので、A4サイズの書類がきちんと収まるものをオススメします。ブランドロゴが目立つバッグや、チャームが付いているバッグなども避けた方が無難といえます。カバンが自分自身より目立ってしまわないよう、スッキリとシンプルなものを選ぶといいでしょう。また、荷物が多い場合は、近隣のロッカーなどに預けておく方法もあります。

ビジネスバッグは、購入した方がいい?

ビジネスバッグは、今後の就活で使用することもでき、社会人となってからも使い続けられるものなので、今後も活用できそうな人は新しく購入するのもいいでしょう。新規で購入しない場合は、自分の人脈やITツールを駆使してみるといいでしょう。保護者や家族のバッグをメンテナンスして使ったり、学校の先輩に借りたり、友人・知人・親戚などに声をかけて譲ってもらったり、オークションサイトなどを活用して安価で手に入れたり、さまざまな方法があります。

インターンシップの面接選考でフラットに自分の話を聞いてもらうためにも、違和感やマイナスの印象を与えないような、きちんとしたバッグを準備しておいた方がいいと考えましょう。本人にとっても、「カバンを見られているかもしれない」などの気になる要素はなくした方が、受け答えに集中できるものです。

また、「購入するのが面倒」「買いに行くのは気が重い」という場合には、周囲の友人を誘って、一緒に出かけてみるのもいいでしょう。友人と一緒に、「スーツに合わせたカバンを選び、働くイメージを盛り上げる」というイベントとすれば、ポジティブな気分に切り替えることができるかもしれません。

▼2023年卒向け詳細情報▼

リクナビではさまざまな企業のインターンシップ・1day仕事体験情報を掲載しています。気になるプログラムに応募してみませんか?

簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診断!就活準備に役立ててくださいね

——————————————————

八木橋育子さんプロフィール画像

【監修】我究館 コーチ 八木橋育子さん

株式会社リクルートにて広告提案営業を経験した後、女性の社会進出に対する問題意識を持ち、女性の再就職・転職に特化した人材会社に転職。女性のみで構成される営業代行チームのマネジメントやキャリアコンサルタントとして、結婚・妊娠・出産などのライフイベントとキャリアの両立に悩む女性2000人以上を支援。自身の結婚を機に、「キャリアデザインを一人でも多くの人にしてほしい」という思いから2011年に我究館コーチに就任。学生、社会人の受講生を担当し、本人のあいまいな夢や、隠れた本音を明確にすることを得意とする。特に、女性の就・転職におけるマーケットに精通している。メイクアップや服装・マナー講座も担当。

——————————————————

記事作成日:2020年1月20日

合わせて読みたい記事