「インターネット」を企業選びに活用する方法

「あの企業も見ておけばよかった!」と後悔しないために、「気になる会社が増える情報収集法25」では、いろいろな角度からの企業探しの方法を紹介しています。
今回はその中でも、「Part.3 いろいろなメディアを使って探す5つのヒント」より、「インターネット」の活用方法について、大学生の「コウスケくん」とアドバイザーの「石黒さん」の会話からヒントをもらいましょう。

いろいろなメディアを使って探す5つのヒント

  1. インターネット
  2. 新聞・テレビ
  3. 書店・書籍・雑誌
  4. 商品
  5. 店舗
インターネットを使って会社探しをするコツ

メディア1:インターネット

モノを買うのも、友達とのやりとりも、ほとんどインターネットやメール、SNSを利用しているコウスケ。就職活動も面接以外は、基本的に「ネットで十分」と思っている。

【アドバイザー】石黒幹久(コンサルタント)
新卒でリクルート入社以来23年間、一貫して人材関連の仕事に従事。おもに企業の新卒採用・中途採用に関するコンサルティング業務に携わる。社会人や大学生向けのセミナーの講師も務め、学生向けセミナーは、述べ400回、受講者は8万人を超える。現在は、フリーのコンサルタントとして活躍中。

(コウスケ)今や、ネット上で探せない情報なんて、ないですよ。だから就職活動の情報収集も、ネットでやれば十分だと思うんです。幅広くいろいろな企業を探せるし。

(石黒)どんな探し方をしているの?

(コウスケ)まずはリクナビをはじめとする就職支援サイトで、気になる業界や働き方の企業を検索して、そこで興味を持ったら、その企業のホームページを読みます。そこでさらに興味を持ったら、その企業のことについて書いてある掲示板やブログを探して、「悪口」なんかもチェックするようにしています。そうすると、ある程度、客観的に物事が見られるようになるかな、と思って。

(石黒)一通り、きちんとやっているんだね。複数の情報源に当たっているから問題はないと思うけど、「いろいろなメディアを使いこなすオキテ」に書いたように、「事実」と「解釈」は分けて考えてね。特に個人が書いているブログや掲示板は、本人の解釈が多いから、うのみにせず、考え方、見方の一つだと思った方がいいよ。

(コウスケ)はい。そうですね。気をつけます。

(石黒)それから、コウスケくんが実践している方法以外にも、ネットで企業探しをする方法があるよ。

(コウスケ)検索エンジンにいろいろなキーワードを入れれば、さまざまな情報が得られるのは知っているんですが、あまりに出てくる情報が膨大すぎて…。

(石黒)それはもちろん、効率が悪いよ。でも、探し方を工夫すれば、知らなかった企業に巡り合う可能性は高くなる。

例えば…

●経営者の話を読む
いろいろな経営者の記事を掲載しているサイトで、彼らの経歴やモノの考え方を読んでみる。経営者の考え方は事業戦略や組織にも表れるから、興味を持ったらその企業を深く調べてみる。

●ニュースサイトや情報サイトの企業紹介を読む
企業の面白い戦略や新サービス、商品などを特集するサイトは、ネット上にたくさんある。僕たちが普通に生活していると、個人消費者向けの商品やサービスを扱う企業にしか目がいかないけれど、こうしたサイトを読めば、普段触れない分野の優良企業に出合えるチャンスがある。

●特定のテーマを持って検索エンジンで探す
例えば、「育児支援」「ダイバーシティ」「社会貢献」など特定のテーマが自分にとって大切なら、それを検索エンジンに入れてみる。そうすると、そのテーマの先進企業を集めたサイトや、個別の企業のプレスリリースページにヒットしたりする。検索結果が多すぎるならば、業界名や商品名など、興味のある分野と掛け合わせてみると、より自分に合った情報を絞り込むことができる。

●一つの業界への興味から、気になる企業を増やす
Part.1の「絶対に○○業界!」で話したように、特定の業界に興味があるなら、競合企業や新規参入業者、売り手や買い手に視野を広げると、気になる企業は増えていく。その手段として、検索エンジンを活用するといい。

(コウスケ)やってみます!

(石黒)でも、ある程度興味が絞り込めてきたら、今度はネットの世界から「外」に出て、人に会いに行くこと。「解釈」が本当かどうかは、自分で確かめるしかないからね。

 

これ以外のほかの角度から企業探しをしたい人は、「気になる会社が増える情報収集法25」トップページを見てみましょう。

気になる会社が増える情報収集法25

 

あなたに合った企業を見つけるために、企業研究を進めてみませんか?

▼2023年卒向け詳細情報▼

▼2022年卒向け詳細情報▼

合わせて読みたい記事