「とにかくプロになりたい」人の企業選びのコツ

「あの企業も見ておけばよかった!」と後悔しないために、「気になる会社が増える情報収集法25」では、いろいろな角度からの企業探しの方法を紹介しています。
今回はその中でも、「Part.1 自分のキャリア志向から探す7つのヒント」より、「とにかくプロになりたい」と思っている人は、どんな企業選びをするのがおすすめなのか、そんな志向を持っている「ケイコさん」とアドバイザーの「石黒さん」の会話からヒントをもらいましょう。

自分のキャリアの志向から探す7つのヒント

  1. すぐに成長したい
  2. とにかくプロになりたい
  3. 絶対に「○○業界!」
  4. 大学の専門や学んだスキルを生かしたい
  5. 国際的に活躍したい
  6. いろんな可能性にチャレンジしたい
  7. 志向がわからない
「とにかくプロになりたい」人の企業選びのコツ

志向2:とにかくプロになりたい

不透明な時代だからこそ、「プロ」に憧れている文学部3年・ケイコ。分野は決めていないが、経理、財務、法務などの職種に就ける企業を中心に活動しようと考えている。

【アドバイザー】石黒幹久(コンサルタント)
新卒でリクルート入社以来23年間、一貫して人材関連の仕事に従事。おもに企業の新卒採用・中途採用に関するコンサルティング業務に携わる。社会人や大学生向けのセミナーの講師も務め、学生向けセミナーは、述べ400回、受講者は8万人を超える。現在は、フリーのコンサルタントとして活躍中。

(石黒)「プロ」って、どんなイメージなの?

(ケイコ)うーん…高いスキルがあって、それによって周囲から尊敬を得て仕事ができる人かな?

(石黒)その感覚は間違っていないけれど、そうなるためにどんな企業選びをしようと思っているのかな?

(ケイコ)そうですね。経理や財務、法務みたいな、高い専門スキルが身につく仕事ができる企業を探します。

(石黒)じゃあ聞くけど、プロは、経理や財務、法務のような特定の分野にしかいないの?

(ケイコ)…えっと…。

(石黒)「プロ」はどんな分野にもいるよね。「プロ」とは、ある道で豊富な経験と高いスキルを背景に、誇りを持って仕事をする人。だからどんな分野でもプロになれる可能性はあるんだよ。ケイコさんは、経理、財務、法務にすごく興味を持っているの?

(ケイコ)うーん…興味っていう意味では、営業や商品企画の方があるかもしれない。

(石黒)だったらまずは、営業や商品企画で、いろんな企業を調べてみるといい。例えば、営業職の経験を積んで高いスキルを身につければ、どんな企業でも引っ張りだこだし、ゆくゆくは経営コンサルタントとして独立、なんて道もある。

(ケイコ)そうですね!

(石黒)そして、やりたい仕事に必死に取り組んで、その分野を極めること。それが、プロだよ。そんな興味を持てる仕事をするにしても、困難な目標や難しい課題に挑戦できる企業ならば、そのプロセスの中で、新たな知識、専門的なスキルを身につけられるチャンスが多いから、注目してみよう。

 

これ以外のほかの角度から企業探しをしたい人は、「気になる会社が増える情報収集法25」トップページを見てみましょう。

気になる会社が増える情報収集法25

 

あなたに合った企業を見つけるために、企業研究を進めてみませんか?

▼2023年卒向け詳細情報▼

▼2022年卒向け詳細情報▼

合わせて読みたい記事