企業選びの参考に!「親、あるいは親の世代の知人」に話を聞いてみよう

「あの企業も見ておけばよかった!」と後悔しないために、「気になる会社が増える情報収集法25」では、いろいろな角度からの企業探しの方法を紹介しています。
その中でも、「Part.4 人の話を聞き、新しい視点で探す 6つのヒント」では、「親、あるいは親の世代の知人」から話を聞くことは、新しい視点を得ることに有効だと、アドバイザーの「石黒さん」が大学生の「ミキさん」に説明しています。ぜひ、詳しく見てみましょう。

人の話を聞き、新しい視点で探す 6つのヒント

  1. 先輩訪問で初めて会った先輩
  2. すでに就職している先輩、友人、兄姉
  3. 昨年、就職活動をしたゼミやサークルの先輩
  4. 同学年の友人
  5. 親、あるいは親世代の知人
  6. 就職活動で出会う人事
企業選びの参考に!「親、あるいは親の世代の知人」に話を聞いてみよう

聞く人5:親、あるいは親世代の知人

最近、家にいると父親が何か話したそうに自分の周りをウロウロするというミキ。ミキの就職活動が気になるようだ。しかし、「お父さんとは時代が違うんだから」と話しても仕方ないとミキは知らんぷり。

【アドバイザー】石黒幹久(コンサルタント)
新卒でリクルート入社以来23年間、一貫して人材関連の仕事に従事。おもに企業の新卒採用・中途採用に関するコンサルティング業務に携わる。社会人や大学生向けのセミナーの講師も務め、学生向けセミナーは、述べ400回、受講者は8万人を超える。現在は、フリーのコンサルタントとして活躍中。

(ミキ) もう、父が私の就職活動の話を聞きたくて、ウズウズしているんですよ!

(石黒)お父さんとなんで話さないの?

(ミキ)だって父が就職活動した時代と、今は全然環境が違うし、志望業界で働いているわけではないから、話を聞いても仕方ない気がして…。

(石黒)お父さんは、重要な情報源だと思うよ。

(ミキ)え? そうなんですか?

(石黒)お父さんに就職活動の話を聞いても、確かに時代が違うから、あまり参考にならないかもしれない。でも、お父さんがその業界で長く仕事をしてきて、どんな魅力を感じているのか、企業のいいところ、改善した方がいいと思うところなどを聞けば、企業選びの新しい視点が見つかるんじゃないかな。

(ミキ) 確かに、そうですね。

(石黒)僕自身、仕事でいろいろな業界、企業の人とお会いするけど、話を聞くたびに「こんな仕事の面白さがあるんだ」とか「こんな仕組みになっているんだ」など、新しい気づきがたくさんあるよ。それに、長く仕事を続けて、経験を積んだ人だからこそ、その仕事観には重みもある。こんな機会に、「働くとはどういうことか」を聞いてみよう。それから、目指す業界や企業についてどう思うか、聞いてみるといい。

(ミキ)でも、父はメーカーで、私が目指すのは広告業界だから、まったく違うんですけど…。

(石黒)広告業界は、あらゆる業界がクライアント。お父さんも、もしかしたらこれまで仕事で関係したことがあるかもしれない。そうでなくても知人が働いていたり、業界のうわさを聞いたことがあるかもしれない。業界は違っても、学生より、さまざまな企業の情報が手に入るものだよ。

(ミキ)そうか…父とじっくり話すなんて、考えてもいなかったけど、意外といいかもしれないですね。

(石黒)そうだね。もちろん、仕事をしている保護者や、その世代の知人に話を聞くのは、同じ効果がある。それから、身近な人であればあるほど、「あなたは子どものころからこうだったから、こんな仕事が合っているかもしれない」なんて、直感でアドバイスしてくれたりする。その言葉に従って、ちょっと調べてみるのも手だよ。

 

これ以外のほかの角度から企業探しをしたい人は、「気になる会社が増える情報収集法25」トップページを見てみましょう。

気になる会社が増える情報収集法25

 

あなたに合った企業を見つけるために、企業研究を進めてみませんか?

▼2023年卒向け詳細情報▼

▼2022年卒向け詳細情報▼

合わせて読みたい記事