テストセンターって? リクナビ限定体験版を使ってみよう

適性検査「SPI」を受検する際、企業から「テストセンター」という受検方法を指定されることがあります。「テストセンター」とは、どんな受検方法で、どんな問題が出るのでしょうか? 詳しく解説します。

(1)テストセンターとは

1. テストセンターとは? どんなテスト?

テストセンターとは、SPIの受検方法の一つで、SPIの開発元であるリクルートキャリアが用意した会場(テストセンター)のパソコンで受検する方法です。会場は、受検ピーク時には全国47都道府県に設置され、応募先企業が指定する受検期間の中から都合の良い日程・会場を予約し、受検します。

SPIには「性格検査」(応募者の人となりを把握する検査)と「能力検査(言語問題・非言語問題)」(働く上で必要となる基礎的な能力を測る検査)がありますが、テストセンターの場合、これら2つに加えて、「英語能力検査」「構造的把握力検査」を受検する可能性があります。

「英語能力検査」とは、英語力の基礎となる語の理解や読解力を測る検査で、語彙(ごい)や英文の穴埋め、長文読解など、幅広い形式の問題が出題されます。また、「構造的把握力検査」とは、物事の構造や関係性を把握し、理解する力を測る検査で、「複数の文章から、問題構造が似ているものを選ぶ」などの問題が出題されます。

企業によってどの検査を受検することになるのかは、原則、受検案内のメールからテストセンターのページにログインするとわかります(企業によっては、受検案内のメールなどで知らせてもらえる場合もあります)。

なお、「英語能力検査」と「構造的把握力検査」はテストセンターでしか実施できないため、ほかの3つのSPI受検方法(WEBテスティング、ペーパーテスティング、インハウスCBT)で出題されることはありません(英語能力検査は、ペーパーテスティングでは出題されます)。

また、テストセンターの場合、自宅のパソコンやスマートフォンであらかじめ性格検査を受検した上で、予約した日に会場に行き、能力検査などの残りの検査を受検します。

SPIの問題や受検方法について詳しく知りたい人はこの記事を参考にしてみましょう↓
リクナビ限定! 3種類の体験コンテンツでSPIの準備を始めよう

2. 受検結果を別の企業に利用することもできる

過去1年以内にテストセンターを受検した経験があれば、最後に受検した結果を別の企業に送信することもできます(前回結果送信)。性格検査、能力検査、英語能力検査、構造的把握力検査のそれぞれについて、新たに受検するか、前回結果送信を行うかを選択することができます。

なお、新たに受検したのか、前回結果送信を行ったのかが企業に通知されることはありません。忙しい時期などには、前回結果送信を活用するのもよいでしょう。

テストセンターで受検する学生

(2)Stepで解説! テストセンター受検の流れ

次に、テストセンターの受検の流れを説明します。テストセンターは、以下の4つのステップで受検します。

Step1 企業から受検案内のメールが届く

メールには、主に以下の情報が記載されています。もれなく確認しましょう。
・受検手続きを行うページのURL
・企業別受検ID(受検時に必要になります)
・受検期限

また、初めてテストセンターを受検する場合は、「テストセンターID」を取得する必要があります。以下の手順で、テストセンターIDを取得しましょう。一度取得したらほかの企業の受検でも必要になるため、なくさないように注意してください。

【テストセンターID取得の流れ】
1)受検案内のメールに記載されていたURLのページに進み、企業別受検IDと企業に登録しているメールアドレスを入力してログインする

2)画面に表示される受検の流れや注意点を読み、[次へ]をクリック
※この時、本番の画面の操作方法や、練習問題が表示されます。テストセンターについて知るために、飛ばさず丁寧に読んでおきましょう。

3)[初めてテストセンターを受検される場合]の[ID取得]をクリックし、画面の指示に従って、取得手続きを行う

4)メールにてテストセンターIDが送信される

Step2 Webで受検日程・会場を予約する

受検案内のメールに記載されていたURLのページに進み、企業別受検IDと企業に登録しているメールアドレスを入力してログインし、受検日程と会場を予約しましょう。この時、性格検査、能力検査、英語能力検査、構造的把握力検査のうち、どの検査の受検が求められているかがわかります。

注意したいのは、日程と会場の希望を入力した時点ではまだ仮予約だということ。このあと、性格検査を受検することで本予約となります。

また、前回結果送信を行う場合、この予約画面で手続きを行います。画面の案内に従って送信手続きを行いましょう。必ず、企業が指定する受検期間内に行ってください。

テストセンターの会場一覧はこちらから↓
http://www.spi.recruit.co.jp/service/execution/center_list.html

Step3 自宅のパソコンやスマートフォンで性格検査を受検する

仮予約をすると、性格検査の受検案内メールが届きます。ここには、性格検査の受検期限が記載されており、企業から指定された受検期限とは異なるので、注意してください。また、性格検査を期限までに受検しなかった場合、仮予約がキャンセルされるため、必ず受検しましょう。

Step4 予約した日に会場へ行き、能力検査などを受検する

会場で検査を受けると、検査終了と同時に結果が企業に送信されます。なお、性格検査の結果もここで合わせて送信されます。

(3)テストセンター受検時の注意点

テストセンターで自分の力を十分に発揮できるよう、予約時や本番は以下の点に注意しましょう。

受検案内メールが届いたら、早めに予約を

受検期限ギリギリに予約をしようとすると、自分の都合に合う日の席が埋まっている場合があります。そうなると、ほかの予定を変更してテストセンター受検の時間を確保する、などの調整が必要になる可能性があります。ですので、案内メールが届いたら早めに予約を行いましょう。

持ち物を忘れずに

持ち物は、「顔写真つき身分証明書」と「受検票」の2つです。これらを忘れずに持参しましょう。

注意したいのは、身分証明書の有効期間切れや、写真のかすれです。写真が不鮮明な場合、本人確認ができないため、当日受検できない場合があります。再発行してもらって新しいものを準備しておくなど、あらかじめ対処しておきましょう。

なお、携帯電話や時計、電卓の持ち込みは不可で、会場に応じて、かばんをロッカーにしまったり、足元に置いたりして受検します。筆記用具やメモ用紙も会場に準備されているものを使用します。不要なものが机上に置いてあれば不正と見なされる場合もあるので、注意しましょう。

15分前までに到着を

ピーク時は受付が受検者で混み合うため、本人確認から入室まで時間がかかることがあります。余裕を持って開始時刻の15分前までには到着するようにしましょう。

受検開始前の操作説明や練習問題は必ず確認を

当日、受検開始前の画面で、画面に表示される情報(進捗バー、時計など)や回答中の画面のタブの切り替え方法などの説明がされたのち、能力検査の言語問題と非言語問題が1題ずつ、練習問題として提示されます。

画面の操作や問題にかかわる重要な情報ばかりですので、飛ばすことなく丁寧に読んでおきましょう。そうすることで、本番中に戸惑うことも少なくなるでしょう。

(4)リクナビ限定の体験版を受けてみよう

リクナビでは、テストセンターを体験できるコンテンツ「テストセンター体験版」を提供しています。

「次の画面に進むと前の画面に戻れない」「正解・不正解の状況に応じて、次に出題される問題が変わる」などのテストセンターの機能が再現された画面で、本番さながらにテストセンターの「能力検査(言語問題・非言語問題)」の過去問を解くことができます。

また、受検後には、正答率や回答ペースなどを分析した「回答タイプ」と本番に向けたアドバイスが表示されるので、改善点を分析したり、テストセンターの形式に慣れたりするのにぜひ活用してください。

記事作成日:2017年8月18日

▼2021年卒向け詳細情報▼

「テストセンター体験版」を受ける

▼2020年卒向け詳細情報▼

「テストセンター体験版」を受ける

合わせて読みたい記事