面接・会社説明会を「私服」「服装自由」とする人事の意図は?どんな私服で行く?

面接や会社説明会の案内に「服装自由」「私服でお越しください」と書かれていた場合、何を着ていけばいいのか、悩んでしまう人も多いのでは?人事担当者500人に「服装自由」「私服でお越しください」とする意図、どんな服装で来ることを想定しているかをアンケートで聞きました。マナー講師・峯先生に聞いた私服選びのポイントも紹介します。

約4割の企業が「服装自由」「私服でお越しください」と指定したことがある

 

 過去1年以内に新卒の選考にかかわったことのある人事担当者500人にアンケートをしたところ、40.8%の企業が新卒採用時の面接や会社説明会時に「服装自由」「私服でお越しください」など、何らかの指定をしたことがあることがわかりました。

 

■新卒採用時の面接や会社説明会時に「服装自由」「私服でお越しください」と指定したことはありますか。(n=500)

「新卒採用時の面接や会社説明会時に「服装自由」「私服でお越しください」と指定したことはありますか。」のアンケート結果グラフ

では、「服装自由」「私服でお越しください」と指定する企業の意図は何でしょうか?具体的にどんな服装で参加してほしいと考えているか、スーツで参加した場合は気にするかなどをケース別に紹介します。

「服装自由」を指定したことがある人事担当者の意図は?

■面接や会社説明会で「服装自由」と指定する意図は何ですか?(n=171、複数回答)

「服装自由」と指定したことがある人事担当者に、その意図を聞いたアンケート結果

「服装自由」と指定したことがある人事担当者に、指定の意図を尋ねたところ、最も多い回答が「特に意図はなし」(70.8%)となりました。

次いで多かったのが、「学生への負担を考えて」(15.2%)。学生に配慮して、スーツ着用の参加でなくてもよいと案内をしたようです。

・気を張らないようにするため(電機業界/20代/男性)

・暑さ寒さ対策(人材業界/40代/女性)

・スーツも高いものなので、学生、保護者に負担がかからないように(自動車関連業界/20代/女性)

「選考時の評価項目に服装を入れている」(10.5%)の回答を見ると、清潔感や選考の場にあった服装かどうか、を見ているという声がありました。

・清潔感があり、季節に合ったラフではない学生らしい服装であればそれも評価する(機械製造業界/60代/男性)

・自由といっても面接にふさわしい服装が出来ているかの判断はする(介護・福祉業界/60代/男性)

「服装自由」を指定した人事担当者は、オフィスカジュアル、スーツでの参加を想定している

■「服装自由」と指定した選考時には、どんな服装で来てほしいですか。(n= 171、複数回答)

「服装自由」と指定した選考時には、どんな服装で来てほしいですか、と人事担当者に聞いたアンケート結果

「服装自由」と指定したことがある人事担当者は、具体的にどんな服装で参加してほしいと考えているのでしょうか?アンケートの結果、最も多かったのは「オフィスカジュアル」で55.6%。具体的には、「白シャツ・ブラウスにダークな色味のズボン・スカート」(化学業界/50代/男性)「襟のあるシャツ」(公務員/20代/女性)などといった声がありました。

 

次いで多かったのが、42.7%の「スーツ」。「服装自由」と指定されていて、スーツで参加してもいいのか悩ましいところ。「“服装自由”と指定した説明会や選考で、学生がジャケット着用・ネクタイありのスーツ姿などで参加した場合、気になりますか?」という問いに対しては、スーツ姿で着ても7割以上が「気にならない」という結果になりました。

「私服でお越しください」を指定したことがある人事担当者の意図は?

■面接や会社説明会で「私服でお越しください」と指定する意図は何ですか?(n=76、複数回答)

「私服でお越しください」と指定したことがある人事担当者に、その意図を聞いたアンケート結果

「私服でお越しください」と指定した人事担当者に意図を聞いたところ、最も多かった回答は「特に意図はなし」(68.4%)。次いで多かった「学生への負担を考えて」(22.4%)を回答した人事担当者の声をみると、学生への配慮がうかがえる以下のようなコメントがありました。

・天候気候に合わせて(陸運業界/30代/女性)

・リラックスして参加してほしい(人材業界/40代/男性)

「選考時の評価項目に服装を入れている」(10.5%)と回答した人の中には、服装選びから伺えるセンスや人柄を知りたいと考えている人事担当者もいました。

・本人のセンスを見たい(美容業界/50代/男性)

・TPOにあっているか(不動産業界/40代/女性)

「私服でお越しください」と指定した人事担当者が想定しているのは、オフィスカジュアルや普段着

■ 「私服でお越しください」と指定した選考時には、どんな服装で来てほしいですか。  (n=76、複数回答)

「私服でお越しください」と指定した選考時には、どんな服装で来てほしいですか、と人事担当者に聞いたアンケート結果

1番多かった回答は、「オフィスカジュアル」(65.3%)。「シャツやジャケット」(介護・福祉業界/40代/女性)や「清潔感のある服装」(不動産業界/20代/女性)などを想定しているという声がありました。

次に多かったのが「その人らしさが伝わる普段着」(35.6%)。「普段通りの姿が見られるから」(SI業界/40代/男性)のように、学生の自然な姿を見たいという声も。

 

「私服でお越しださい」と指定した選考にスーツで参加したら気になるかを尋ねたところ、68.4%が「気にならない」と回答しましたが、「本当の人柄が判りにくくなる」「次の選考会社に行くためかと考えます」といった理由から、気になると回答した人事担当者もいました。

面接や会社説明会に着ていく服を選ぶ女子学生

面接や会社説明会に着ていく私服の選び方

「服装自由」「私服でお越しください」と指定があったときの服装選びのポイントを、マナー講師の峯陽子先生に聞きました。

「服装自由」「私服」=オフィスカジュアルと考えよう

アンケートの結果から、「服装自由」「私服でお越しください」と指定された場合、多くの人事担当者がオフィスカジュアルを想定していることがわかります。

オフィスカジュアルにあたる私服選びで悩んだ場合は、スーツを着用したときの色味やアイテムを念頭に選んでみてください。また、しわだらけのシャツやボトムスはだらしない印象を与えてしまいます。面接や会社説明会に着ていく前に、アイロンをかけておくとよいでしょう。

以下で服装選びのポイントを紹介します。

色選びのポイント

 黒や紺、白、ベージュなど、スーツ着用時を連想するような色味を選んでみましょう。原色や柄が主張しすぎるものは避けたほうがよいでしょう。

トップス

襟付きのシャツやポロシャツ、ブラウスなど。ジャケットの着用は必須ではありません。

ボトムス

足を露出しすぎない丈を心がけましょう。

ジーンズは作業着から誕生したものなので、避けた方がいいでしょう。

 

スカートを選ぶ場合は、立ったときだけでなく、椅子やソファに座った際に膝が出ない丈を選びましょう。

女性の場合、パンツ、スカートいずれの場合もストッキングを着用しましょう。

靴は、ひものついた革靴でなくて構いません。ローファーなどのスリッポンタイプの革靴がオフィスカジュアルでは一般的です。

スニーカーの場合は、ハイテクスニーカーのように靴の存在感がありすぎるものや、装飾的なもの、原色のものは避けましょう。

バッグ

書類を受け取る場合もあるので、A4サイズが入るバッグが便利です。カジュアル感の強いロゴが大きく入ったバッグや、装飾の多いリュックなどは避けた方がいいでしょう。黒い革製のバッグなど、スーツを着ている際に使っているものでも構いません。

 

【調査概要】
調査期間:2018年8月2日~8月7日
調査サンプル:インターンシップおよび新卒採用の選考に携わる人事担当者500人
調査協力:株式会社クロス・マーケティング

 

——————————————————-

峯 陽子先生

【監修】峯 陽子先生

約20年の専業主婦の後、人材育成会社で企業の社内研修講師などを経て、独立。企業での社員研修の講師のほか、女性の社会復帰支援、学生へのキャリア育成セミナー・マナー講座なども担当。

——————————————————–

記事作成日:2018年8月27日

リクナビでは、会社説明会の予約ができます。気になる企業を探してみましょう。

▼2019年卒向け詳細情報▼

企業を探す

合わせて読みたい記事