就活の筆記試験にはどんなものがある?先輩たちは事前にどんな準備をした?

就活の選考では、筆記試験が実施される企業もあります。「具体的にはどんな問題が出るのだろう?」「試験に向けて何を準備しておくとよい?」と気になる人もいるのではないでしょうか。就活を経験した先輩たちに筆記試験に向けてどんな準備をしたか、当日の服装などアンケートをした結果を紹介します。

筆記試験とは?試験の内容は?

就活の選考では、どれくらいの企業が筆記試験を実施するのでしょうか?就活を経験した社会人1~2年目の先輩たちに「就活中、筆記試験による選考はありましたか?」と聞いたところ、75%の人が「筆記試験の選考があった」と回答しました。

就活中の筆記試験、どんな問題が出題された?

続いて、筆記試験の選考があったと回答した先輩たちに、具体的な試験内容を聞きました。

■筆記試験には、どんな内容が出題されましたか?(n=375、複数回答)

「筆記試験には、どんな内容が出題されましたか?」アンケート結果のグラフ

筆記試験の出題内容で最も多かったのは、「能力に関する問題(国語、数学的な問題など)」(88.8%)、次いで「性格検査」(76.8%)という結果になりました。
また、「時事問題」(29.6%)、「小論文」(26.4%)が出題されたと回答した人が約3割、同程度の割合で「英語やそのほかの外国語に関する問題」(24.3%)も出題されたようです。

筆記試験を受けに行く就活生のイメージ

【先輩たちにアンケート】筆記試験に向けて、どんな準備をした?いつから準備を始めた?

「筆記試験に向けて勉強しておいた方がいい?」「具体的には、どのように準備をしていくといい?」と気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで、先輩たちに筆記試験に向けて準備をしたか、具体的にどんな準備をしたのかをアンケートで聞きました。

筆記試験に向けて、準備した?

■就活の際、筆記試験に向けて準備をしましたか?(n=500、単一回答)

「就活の際、筆記試験に向けて準備をしましたか?」アンケート結果のグラフ

まず、「筆記試験に向けて準備をしましたか?」と聞いたところ、54.4%の先輩たちが「はい」と回答し、半数以上の人が筆記試験の準備をしていたことがわかりました。

準備をした理由を尋ねたところ、以下のようなコメントがありました。

・どんな問題が出るか不安だったから(教育業界/女性)
・企業によって筆記試験があるところとないところがあるから、事前準備のため(広告業界/女性)
・まずは試験に通らないと、次の選考へ進めないから(食品業界/女性)
・忘れていることが多かったので、復習のために準備した(冠婚葬祭業界/女性)

ほかにも「最初に解いたときにわからない問題が多かったため」(SI業界/男性)のように、筆記試験の問題を実際に解いてみて、準備の必要性を感じた先輩もいたようです。

一方で、筆記試験の準備をしなかった先輩の理由は、以下のようなものでした。

・学業と就活を両立させることが大変で、筆記試験対策をする時間を取ることができなかった(食品業界/男性)
・どんな問題が出るか想像がつかなかった(レジャー・アミューズメント業界/女性)
・何を準備したらよいかわからなかった(総合商社/女性)

そのほかには、「筆記試験のない企業を選んでいたから」(新聞業界/女性)、「問題の幅が広過ぎて勉強のしようがなかった」(総合商社/女性)のように、実際には準備をしなかったものの、自分が応募したい企業が筆記試験による選考を実施しているか、筆記試験の問題内容はどんなものか、事前に確認している人もいるようでした。

筆記試験に向けて、どんな準備をした?

筆記試験の準備をした先輩に、具体的にどのような準備をしたのか聞いたところ、以下のような回答がありました。

・参考書を買った(SI業界/男性)
・昔の教科書を読み返した(ファッション・アパレル業界/女性)
・大学の対策講座を受講した(SI業界/女性)
・筆記試験用のアプリを活用した(生命保険業界/男性)

加えて、「時間内に解く練習をした」(自動車業界/男性)という回答もありました。

先輩たちは、いつから筆記試験の準備を始めた?

筆記試験の準備をした先輩たちに、「いつから準備を始めましたか?」と準備の時期についてもアンケートしたところ、4月(23.2%)、12月(17.3%)、10月(11.4%)が多いという結果になりました。

【筆記試験の当日】持ち物、服装で気をつけることは?遅刻・欠席の場合はどうする?

最後に、筆記試験当日に気をつけておきたい服装や持ち物、遅刻・欠席の際の連絡について紹介します。会場に向かう前、確認してみてください。

持ち物は、試験によって指定がある場合も。事前に確認しておこう

筆記試験を受ける際、「筆記用具」や時間確認用の「スマートフォン」「時計」が手元にあると安心です。ただ、会場によっては、試験会場に準備してあるものを使うよう指定があったり、机の上に置いておくと不正と見なされたりする場合もあるので注意しましょう。

どんな服装で行くとよい?

試験会場に出向いて受検する場合、どんな服装で行くとよいか気になる人もいるでしょう。
テストセンターの場合、テスト受検が目的となるので服装の指定はありません。そのため、前後の予定に合わせてスーツ、オフィスカジュアル、それ以外の服装から選んで構いません。

ちなみに筆記試験当日の服装について、筆記試験を受けた先輩たちに聞いたところ、スーツを着ていった人が85.6%と最も多い結果になりました。

■筆記試験には、どんな服装で参加しましたか?(n=375、複数回答)

「筆記試験には、どんな服装で参加しましたか?」アンケート結果のグラフ

当日の遅刻・欠席連絡はどうするとよい?

試験会場に行く場合は、試験開始時刻の15分前までに到着していると、落ち着いて試験に臨むことができるでしょう。しかし、電車の遅延や体調不良、寝坊、道に迷ったなどの理由で開始時刻に遅れたり、欠席したりする場合は、わかった時点で連絡を入れましょう。

筆記試験の案内メールなどに記載されている担当者や部署宛てに電話をして、名前と受検予定の試験の開始時刻や会場、遅刻・欠席の理由を端的に伝えましょう。会場に到着したら、遅れてしまったことをおわびするようにしましょう。

電話するのが難しい場合は、メールをしておくと事前に連絡したことが相手に伝わります。

 

簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診断!就活準備に役立ててくださいね。

▼2023年卒向け詳細情報▼

▼2022年卒向け詳細情報▼

 

【調査概要】
調査期間:2019年4月23日~5月7日
調査サンプル:就活を経験した社会人1~2年目の男女500人
調査協力:株式会社クロス・マーケティング

記事作成日:2019年6月10日