【例文付き】インターンの感想文にはどんなことを書く?人事の印象に残っている感想文は?

インターン(インターンシップ)の参加後、感想文の提出を求められたとき、「どんなことを書けばいいのかわからない」「人事担当者が読んで好印象な感想文にするにはどうしたらいいのか」など、悩む人は多いかもしれません。そこで、採用のプロ・曽和さんに聞いた、企業がインターンの参加者に感想文を求める意図や、人事担当者の印象に残った感想文がどのようなものだったかのアンケート結果を紹介。インターンの感想文の例と、書き方のポイントも解説します。

インターンの感想文を書くときのポイント

インターンに参加した学生に、企業はなぜ感想文の提出を求めるのでしょう?また、書くときはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?人事として新卒採用を20年担当し、現在はさまざまな企業の人事・採用コンサルティングを手掛ける採用のプロ・曽和利光さんに聞きました。

企業がインターンの感想の提出を求める意図

企業がインターンの感想文提出を求める主な理由は、2つ考えられます。
1つは、意図したインターンプログラムの趣旨が学生にきちんと伝わり、学びにつながったかどうかを知るためです。学生に狙い通りの趣旨が伝わっていれば、プログラムは成功といえますし、思ったように伝わっていなければ、次年度に向けてプログラム内容を変更しなければいけない。学生が参加したいと思うインターンにしていくために、企業はマーケティングの一環として参加者の声を知りたいのでしょう。

もう1つは、参加者の学習能力を見るという狙いもあるでしょう。同じプログラムのインターンに参加し、同じ経験をしていても、そこから多くのことを学んでいる学生もいれば、そうでもない学生もいます。企業は感想文を通して、参加者の学習能力の程度を見極めるのです。

インターンの感想文には、何を書いておくとよい?

企業はインターンのプログラムを考えるとき、「学べる」「楽しめる」内容を意識しています。そのため、感想文でもその2点に触れるのが望ましいでしょう。

ただし、字数制限がある場合や長文になり過ぎる場合には、インターンの主な目的である「何を学んだか」を記載し、「何が楽しかったか」については省いて構いません。くれぐれも、楽しかったという感想だけで終わらないように注意してください。

「こんなこともインターンで体験できたら、もっとためになる」などの提案を加えるのもよいですが、これはかなりハードルが高いといえます。企業は、十分にプログラムの検討を重ねた上でインターンを実施しているので、説得力のある提案でないと逆効果になる可能性があるからです。しっかりと書けるとよい印象を残せますが、無理に書く必要はありません。

インターンの感想文を書くときに気をつけることは?

担当者が知りたいのは“感想”がメインです。志望動機や学びたいことは、エントリーシートで聞かれることですし、謝意や賛辞、参加後の決意表明などを入れて長文になるよりは、聞かれたことにストレートに答える方がよいでしょう。

その際、「どんな場面や出来事、体験から、どんなことを学んだのか」というように、経験と教訓を書くのがポイントです。「人をリードする大切さがわかりました」や「アイデア創出の大変さがわかりました」といったフレーズは感想文にありがちですが、これらには「人をリードするには、どうすればいいのか」「アイデア創出において、どんな点が大変だったのか」が書かれていません。感想文で経験と教訓を書く際は、この部分を具体的に書くように意識しましょう。

また、参加後に感想文の提出を求められても困らないように、インターン参加中は、その日にやったことを日々書き留めておくことをオススメします。まず「どんなことをやったのか」という「事実」を記し、それに対して自分が感じたこと、学んだことなどを付け加えていきましょう。短期間のプログラムであっても、あとから思い出そうとすると意外に記憶が抜け落ちてしまうものなので、その都度書き留めておくことを心がけておきましょう。

インターンの感想文の例

それでは、実際にどのように感想文を書いていくとよいのでしょうか。インターンのプログラムは、仕事への理解を深める「職場体験型」と、新規事業などを考え、提案する「ビジネスプランコンテスト型」に分類できることが多く、ここではそれぞれのプログラムについて、感想文の例を紹介していきます。

1. 「職場体験型」インターンに参加した人の感想文の例

今回のプログラムでは、貴社の主要3事業部で働く社員の方々へのインタビューを通して、異分野だと思っていた事業が実は同じ技術を応用していることや、システムで連携していることを知り、勉強になりました。また、違う職種で活躍する社員の方々から、仕事内容ややりがい、苦労などについて直接お話をうかがい、そのときに初めて知った「生産管理」という職種に興味を持つようになりました。今回のインターンシップで、これまで漠然としか考えていなかった職種についても強く意識するようになり、将来のキャリアを考える上で大変貴重な経験となりました。

2. 「ビジネスプランコンテスト型」インターンに参加した人の感想文の例

3日間での新規事業の企画・立案・プレゼンという課題は、すべてが新たな経験であり、ワクワクする毎日でした。初対面のメンバー5人でスタートしたので、初日はうまく意見や作業がかみ合わず、停滞する場面もありました。2日目、徐々にお互いがわかってきた時点で担当の見直しを行ったところ、3日目はとてもスムーズに課題に取り組むことができ、プレゼン内容も社員の方々から高評価を頂くことができました。メンバーの個性や得意分野をお互いに知ることが、チームで仕事を進める上での基礎になることを実感できました。

インターンの感想文を考えている学生のイメージ

人事の印象に残ったインターンの感想文は?

続いて、実際にインターンの採用・受け入れを担当したことがある人事担当者に、「印象に残ったインターンの感想文はあるか?」アンケートで聞きました。よい印象が残っている・残念な印象を抱いた感想文それぞれについて人事のコメントを紹介するので、書く際に、参考にしてみてはいかがでしょうか。

よい印象が残っている感想文

・「インターン期間中に何をどう学んだか。それを今後にどう生かせそうか」という内容が盛り込まれていた(クレジットカード業界/30代男性)

・「実際のビジネス環境において、『学校内外で学んだことを生かすために、自分に足りないものは何か』という課題が明確になり、残りの学生生活での具体的な目標ができた」という感想文(コンサルティング業界/50代男性)

・「具体的に何を学べたか」など、次回の開催に向けて参考になりそうなことが書かれていたもの(フードビジネス業界/30代女性)

・携わった業務への洞察力が感じられた内容(ソフトウェア業界/50代男性)

・「朝礼時に実施しているラジオ体操について、小学校時代にもっとまじめにしておけばよかった。朝、体を動かすのは気持ちがいいので、続けようと思う」という感想文。仕事内容や先輩などに対する感想ばかりの中で、人間性が見えた感想だったので、好感が持てた(リース業界/40代女性)

・業務にかかわる気づきなど、提案性のある内容は印象に残る(スーパーマーケット業界/50代男性)

・自分の言葉で書かれているものは、好印象を受ける(製造業界/30代男性)

残念な印象を抱いた感想文

・差し障りのない文書作成の手本のような感想文はガッカリする(スポーツ施設提供業界/50代男性)

・表面的な賛辞や謝辞ばかりが並んでいる文章は、残念な気持ちになる(教育業界/50代男性)

・ただ単純にやったことを羅列しただけの感想文には残念に思ってしまう(銀行業界/50代女性)

・「楽しかった」「勉強になりました」のような、どこの会社でも通じるあいさつのような感想は意味がないと思う(リース業界/40代女性)

・空欄での提出(不動産業界/20代女性)

 

【調査概要】
調査期間:2019年4月9日~4月11日
調査対象:過去1年以内にインターンシップの採用選考に携わったことがある人事担当者男女300人
調査協力:楽天インサイト株式会社

——————————————————

曽和利光さんプロフィール写真

【監修】曽和利光さん
株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャーなどを経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多数。最新刊に『人事と採用のセオリー』(ソシム)がある。

——————————————————

記事作成日:2019年5月31日

▼2021年卒向け詳細情報▼

リクナビではさまざまな企業のインターンシップ情報を掲載しています。気になるインターンシップを探してみませんか?

インターンシップを探す

簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、SPI開発部監修の本格診断!就活準備に役立ててくださいね。

「リクナビ診断」を受ける

合わせて読みたい記事