就活の「エントリー」って何?プレエントリーやインターンシップエントリーとは?【2021年卒向け】

就活が始まるとよく耳にする「エントリー」という言葉。エントリー、本エントリー、プレエントリー、インターンシップエントリーなど、似たような言葉が並び、混乱する方もいるのでは。そもそも「エントリー」とはどういう行為を指すのか、その意味を整理していきましょう。

エントリーとは

エントリーとは、企業側への「御社に興味がある」という意思表示であり、学生側の情報を企業に開示することを指します。リクナビなどの就職サイト以外にも企業ホームページからエントリーするケースも多くあります。
エントリーは、「説明会や選考スケジュール、面接予約など、選考に必要な情報を得る」ための行為を指し、選考への応募とは違います。選考では「エントリーシート」を提出するため“エントリー=応募”と混乱しがち。しかし、多くの就職サイトや企業ホームページでは、エントリーしても応募したことにはなりません。エントリーして得られた企業の詳細な情報、会社説明会などへの参加を経て、選考に申し込むかを決めていきます。
なお、就職サイトによってエントリーをする行為を「エントリー」と言ったり、「プレエントリー」と言ったり、名称は異なります。

インターンシップのエントリーも同様に、企業から選考に必要な情報をもらう行為を指します。ただ、「書類選考なし・面接なし」で先着順に誰でも参加できるインターンシップもあり、その場合はエントリーが「参加の意思表示」になることも。選考があるかないか、どんなフローになるのかを事前に確認しておきましょう。

リクナビの「プレエントリー」とは

リクルートキャリアが運営する就職サイト「リクナビ」では、就活が本格始動する3月1日よりプレエントリーが開始となります(2020年卒向けサイト実績)。プレエントリーもまた、「御社に興味があるので、より詳しい情報を下さい」という意思表示のこと。プレエントリーをすると、その後、説明会の開催情報、予約の仕方、エントリーシートの提出期限などの選考情報が企業から届くようになります。選考を受けたい企業はもちろん、そこまで意思が固まっていなくても、説明会に参加してより詳しい情報を知りたいと思う場合は、プレエントリーを検討してみるのも良いかもしれません。

プレエントリーを検討する就活生

よくある疑問を解決!「プレエントリー」に関するQ&A

プレエントリーに関して、学生の皆さんが疑問に思いがちな点を、Q&Aで解消していきましょう。

Q. プレエントリーをしたら、企業に応募したことになるの?

A. リクナビのプレエントリーはあくまでも「御社に興味がある」という意思表示。

応募する(選考に参加する)かどうかは、その後に届く企業からの情報や、説明会参加を経て決めていきます。

Q. プレエントリーをしたら、必ず選考を受けなくてはいけないの?

A. 同様に「プレエントリーしたら、エントリーシートを提出しないといけないの?」という声もよく聞かれますが、そんなことはありません。

詳しい情報をもらい、企業研究をさらに深めるためにプレエントリーがあります。説明会などに参加した上で、自分のやりたい仕事や価値観、考え方と合うかどうかを検討していきましょう。

※企業の採用ホームページへのエントリーでは、エントリーシート提出が求められるケースもあります。企業ホームページの内容をよく読んでフローを確認しましょう。

Q. プレエントリーに締め切りはありますか?

A. プレエントリーの推奨時期や締め切りはありません。

企業の採用が充足するタイミングが締め切りなので、企業ごとに異なります。リクナビでのプレエントリー開始は3月1日からになります。

Q. プレエントリーは何社くらいするといいのでしょうか?

A. 就職活動に正解がないように、推奨の社数は特にありません。

プレエントリーをすると、企業から説明会、エントリーシート提出、面接に関する情報が届くようになります。そのため、あまりにたくさんの企業にプレエントリーをすると、情報管理ができなくなり、取捨選択が難しくなるという側面もあるでしょう。一方で、プレエントリーする企業を絞りすぎてしまうと、もし選考に落ちてしまったときに、受けられる企業が1社も残っていない…という可能性も。
プレエントリーする企業数が20社に絞られても、200社になったとしても、一人ひとりの選択に良し悪しはありません。社数にとらわれず、「興味があるかどうか」「詳しい情報を知りたいかどうか」という観点で、企業を見ていくといいでしょう。

Q. プレエントリーまでに何をすべきですか?

A. 企業ホームページの読み込み、OB・OG訪問、インターンシップ参加などで企業のリアルな情報に触れ、企業研究を深めておきましょう。

並行して自己分析も進め、「どんな企業に興味があるのか」「企業と自分の価値観や能力が合っているか」の両軸から、プレエントリーしたい企業を選べるといいでしょう。
 

記事作成日:2019年7月22日

 

▼2021年卒向け詳細情報▼
あなたに合った企業を見つけるために、インターンシップに参加してみませんか?

インターンシップを探す

合わせて読みたい記事