中外テクノス株式会社チュウガイテクノス
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
建設コンサルタント/機械設計
本社 広島
インターンシップ・1day仕事体験の評価40件~50件
  • 総合評価
  • 4.78 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 職場雰囲気の理解 4.88

先輩社員にインタビュー

構造物調査職(2009年入社)
M.D.
【出身】愛媛大学  工学部 環境建設工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 町中で、山奥で。コンクリート構造物の劣化調査を担当しています
例えば橋梁やトンネルなど、コンクリート構造物の劣化調査を担当しています。
コンクリートは非常に強固な素材ですが、それでも経年劣化は避けられません。
ヒビや剥離がないかの目視検査に始まり、鉄筋探査機で内部の鉄筋の状況を調べたり、コンクリートのサンプルを採って社内の機器で強度や塩分含有量のデータをまとめたり。様々な手段で、対象の状況を細かくチェックしていきます。
対象の構造物は町中だったりとんでもない山奥だったりと様々。あちこち飛び回れる点が、まずは楽しいですね。
また、「調べる」だけではなく、問題がある場合にはその対策工事を選定し、具体的な設計も行っていきます。
こちらは調査以上に経験やノウハウを問われる業務なのですが、豊富なキャリアを持つ先輩のアドバイスも参考にしながら対応しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の仕事が誰かを動かし、誰かの役に立っている!
橋梁は、ある程度定期的な検査が必要です。
先日担当したある橋梁は、もう何年も以前に一度、調査と補強工事の設計を手掛けた物件でした。
何年ぶりかに現地に向かって状況を確認していると、当然の事ですが前回対応した補強工事の跡が残っているんですね。その工法や範囲は、これも当然の事ですが、自分が指定した通りのものでした。
自分にとっては、補修工事の設計は図面に線を引く作業。しかしそれが「現実のモノ」となって、目の前にあるわけですね。
この工事を担当した施工スタッフを、私は知りません。毎日この橋を使っている人たちの事も、全く知りません。
それでも自分の仕事はこうして、多くの人々と関わり合いを持って、しっかりと機能していたんですね。
それ以降、日々の仕事ひとつ一つに「意義」を感じるようになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学で学んだ環境建設工学。現場でさらに「極めて」いけます!
私は大学時代に工学部で「環境建設工学」を専攻していました。
人間が活動する空間において、自然環境といかに調和を図るか。また環境保全や防災的な視点から、いかに整備を改善していくか。
そうした分野について学んでいるうちに、もっと知識を深めていきたい!と考えるようになりました。
そこで、「いつまでも勉強できる会社」という観点で、中外テクノスを選びました。
その時の狙い通り、現在の仕事は様々な案件を現場でしっかり見る事ができ、じっくり調べ上げて対策を練り込んでいくことができます。その点には非常に満足しています。
そしてまた、自分の地元である広島にもしっかり貢献できている、というヤリガイも感じています。今後もさらにスキルを高めて、より難度の高い業務にも挑戦していきたいですね。
 
これまでのキャリア 工業エンジニアリング事業本部 技術部 技術二課

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

企業の活動というのは、学生の立場からはなかなか見えにくいものだと思います。
社会に出てはじめて「あ、この会社はこんな仕事をしてるんだ」と新たに知る事もたくさんあります。
出来る限り視野を広く取って、社会や会社を見るセンスを磨いていきましょう。
必ずそれが、役立つ時が来ると思います。

中外テクノス株式会社の先輩社員

橋梁やトンネルを調査・点検。いわば、構造物のドクターです!

構造物調査職(2018年入社)
D.F.
中部大学 工学部 建築学科

社会インフラ構造物の点検業務。重大な事故を未然に防ぐ仕事です。

構造物調査職(2018年入社)
H.K.
近畿大学 工学部 ロボティクス学科

インフラ系構造物の点検業務と、収集した点検データの整理を担当

構造物調査職(2017年入社)
R.T.
福岡大学 工学部 建築学科

インフラの調査・補修設計

構造物調査職(2011年入社)
H.Y.
山口大学 工学部 社会建設工学科

地中レーダ装置を用いた空洞や埋設管などの探査

構造物調査職(2005年入社)
T.K.
近畿大学 工学部 建築学科

インフラ設備の点検から損傷原因の考察まで

構造物調査職(2021年入社)
R.K.
中部大学 工学部 応用化学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる