中外テクノス株式会社チュウガイテクノス
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
建設コンサルタント/機械設計
本社 広島
インターンシップ・1day仕事体験の評価40件~50件
  • 総合評価
  • 4.78 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 職場雰囲気の理解 4.88

先輩社員にインタビュー

構造物調査職(2018年入社)
H.K.
【出身】近畿大学  工学部 ロボティクス学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 社会インフラ構造物の点検業務。重大な事故を未然に防ぐ仕事です。
橋梁やトンネルなどの構造物は、「頑丈で長持ちする」というイメージがありますが、実はさまざまな要因で劣化していきます。これを放置すればコンクリートが剥がれ落ちたり、最悪の場合は崩落などの大事故につながりかねません。私たちは、こうした構造物の寿命を延ばすために、さまざまな技術を駆使して維持管理に取り組んでいます。
その中で、私は主に点検業務を担当しています。点検業務とは、構造物のどの場所に、どのような異常があるかを実際に現場に赴いて調査をする業務。最も基礎的なものですが、仮に異常を見落としてしまうと重篤な事故につながる可能性もあるため、責任重大です。
また、点検結果を資料にまとめるのも私の仕事。この資料をもとに補修作業が行われますから、わかりやすく、誤解が生じないような表現を心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
トンネルを行きかう車を見て、自分の仕事が社会の役に立っていると実感
入社から半年の間に、中国エリアのいろいろな現場を経験しました。大学では機械を専攻していたので建築に関しての知識はほとんどありませんでしたが、少しずつ知識が身についてきたかな、と感じています。とはいえ現場によって調査対象は異なりますし、地形も違えば、日々天候も変わる。一つとして同じ現場はありません。常に臨機応変な対応が求められるので、一人前になるには10年くらいかかるんじゃないでしょうか。ホントに奥の深い仕事です。
先日、友人とドライブしている際に、以前仕事で訪れたトンネルを通りがかりました。自分が点検したトンネルが実際に使われている光景を見ると、「自分の仕事が社会の役に立っている」と実感で
きてうれしかったですね。友人も私の話を興味深そうに聞いてくれて、ちょっと誇らしい気持ちになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き みんなの安全な暮らしを支える―そんな手ごたえが感じられる仕事だと思った
ロボット工学を学んでいたので、産業用ロボットなどのメーカーを就職先として考えていました。ま
た、自分の携わった結果が目に見えるような仕事に就きたいとも思っていたので、主にアプローチ
したのは最終製品を扱うメーカーです。でも、「ココだ!」と思えるような企業がなかなか見つからない…。悩んでいる時に学内説明会で出会ったのが中外テクノスでした。
中外テクノスはロボット事業も展開していますが、私が一番興味を持ったのは構造物調査。自分の仕事が誰かの役に立っている―そんな手ごたえが感じられる仕事だと思ったからです。それに、トンネルや橋梁といった構造物は次々に建設できるものではありません。既存の資源を安全に、長く使えるよう維持管理を行うこの事業は社会になくてはならないもの。迷わず、この会社に決めました。
 
これまでのキャリア 工業エンジニアリング事業本部 技術部

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

興味のある企業があったら、説明会やインターンシップに参加することをお勧めします。職場をみれば社内の雰囲気もつかめるし、先輩から話を聞くこともできますからね。そうすると、自分と会社の相性も見えてくる。こうした生の情報って大事だと思いますよ。私自身、説明会で出会った先輩が仕事についてイキイキと話す姿を見て、「この人と一緒に働きたい!」と感じました。実は、その先輩は現在の上司。あのときの直感は間違っていなかったな、と思っています。

中外テクノス株式会社の先輩社員

橋梁やトンネルを調査・点検。いわば、構造物のドクターです!

構造物調査職(2018年入社)
D.F.
中部大学 工学部 建築学科

インフラ系構造物の点検業務と、収集した点検データの整理を担当

構造物調査職(2017年入社)
R.T.
福岡大学 工学部 建築学科

インフラの調査・補修設計

構造物調査職(2011年入社)
H.Y.
山口大学 工学部 社会建設工学科

地中レーダ装置を用いた空洞や埋設管などの探査

構造物調査職(2005年入社)
T.K.
近畿大学 工学部 建築学科

町中で、山奥で。コンクリート構造物の劣化調査を担当しています

構造物調査職(2009年入社)
M.D.
愛媛大学 工学部 環境建設工学科

インフラ設備の点検から損傷原因の考察まで

構造物調査職(2021年入社)
R.K.
中部大学 工学部 応用化学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる