就活時はどんな髪型にする?スタイリングのポイントを解説

就活時の髪型について悩む就活生も多いのではないでしょうか。この記事では、ヘアスタイリングで気をつけたいポイント、髪型の例を紹介します。

ヘアスタイリングのポイント

就活時にはどのような髪型をするとよいのでしょうか。スタイリングをする際に気をつけるポイントと髪型の例を紹介するので、参考にしてみてください。

相手に自分の表情が伝わるように

前髪が長すぎたり、おじぎをしたときに髪の毛が顔にかかったりすると、相手に自分の表情が伝わりにくくなってしまいます。スタイリングをするときは「相手に自分の顔がよく見えるかどうか」を意識しましょう。また、前髪や顔回りの髪を整えると、清潔感のある髪型を作ることができます。

髪を切る際は、美容師・理容師さんに「就活に向けて髪を整えたい」とひと言添えると、イメージが伝わりやすくなるでしょう。

スタイリング剤を使って服装に合う雰囲気をつくる

スタイリングをするときは、服装の雰囲気に合う髪型にすることも意識してみましょう。ここでは、就活時に機会の着る機会も増えるスーツの時のスタイリングについて紹介します。

髪を整える時は、最初にブラッシングをすることが大切です。髪がうまく落ち着かないときは、水をつけてヘアブラシでしっかりとかしましょう。

スーツ着用時は、ジェルやワックスなどのスタイリング剤を使うのがオススメです。どのようなスタイリング剤を選ぶかは髪質やつくりたい雰囲気によって異なりますが、スーツのきちんとしたイメージに合うよう、髪の膨らみやバラツキを抑えられるものを選んでみてください。スタイリング剤は髪の生え際から全体につけると生え際から毛の流れが整い、髪全体のシルエットの収まりもよくなるでしょう。

なお、ジェルのように水溶性のスタイリング剤は、手に少し水をつけて髪をなでると、乱れを簡単に直すことができます。

ヘアスタイリングに使う道具のイメージ

髪型の例

続いて、髪型の例を紹介します。

就活生の髪型例1

前髪が眉毛の上までカットしてあり、こめかみもすっきり見える長さのため、髪が顔にかからずよく見えます。もみあげも正面から見て耳が隠れない長さに整えられています。

就活生の髪型例2

眉毛と耳が隠れない長さに整えられています。襟足もスーツの襟にかからない長さを意識すると清潔感が出ます

就活生の髪型例3

前髪は、横に流してスタイリングするのもよいでしょう。

就活生の髪型例4

髪をまとめる場合は、黒や茶色、紺色など落ち着いた色のヘアゴムを選ぶと、スーツに合うでしょう。

ポニーテールにするときは、襟足にも注意しましょう。後れ毛もしっかりピンで留め、産毛が目立つ場合はシェービングすると、サイドから見たときに清潔感のある印象になるでしょう

就活生の髪型例5

ハーフアップの際は、サイドの髪で耳が隠れないように、アメリカピンなどを使って耳の後ろで留めるとよいでしょう。

就活生の髪型例6

ショートヘアの場合は、スタイリングをする時に、面接などでお辞儀をしたときにサイドの髪が乱れないように心がけましょう。眉毛と耳を見えるようにするに意識すると、相手に自分の表情が伝わりやすくなるでしょう。

簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診断!就活準備に役立ててくださいね。

▼2024年卒向け詳細情報▼

▼2023年卒向け詳細情報▼

 

画像提供:渋谷フォトスタジオなつ

——————————————————-

【監修】一般社団法人日本ビジュアル支援協会・坂井ナオミ先生(https://visualcommittee.jimdo.com/)
大学やハローワークなどで就職活動をする方々へ「身だしなみヘア&メイク講座」「見た目のビジネスマナー講座」「外見術講座」など数々の研修や講演を実施。プライベートレッスンも行っている。また、「渋谷フォトスタジオなつ」を運営しており、就職活動用の証明写真の撮影を手がけている。

——————————————————-

記事作成日:2017年9月26日 記事更新日:2022年7月20日

合わせて読みたい記事