「魅力的な経営者がいる企業」に興味がある人の企業選びのコツ

「あの企業も見ておけばよかった!」と後悔しないために、「気になる会社が増える情報収集法25」では、いろいろな角度からの企業探しの方法を紹介しています。
今回はその中でも、「Part.2 企業への興味から探す7つのヒント」より、「魅力的な経営者がいる企業」に興味を持っている人はどんな企業選びをするのがおすすめなのか、大学生の「キヨコさん」とアドバイザーの「石黒さん」の会話からヒントをもらいましょう。

企業への興味から探す7つのヒント

  1. 社風が合う企業
  2. 魅力的な経営者がいる企業
  3. 大手企業・有名企業
  4. 成長企業
  5. 世の中への影響や貢献度の高い企業
  6. ワークライフバランスの取れる企業
  7. 教育研修がしっかりしている企業
魅力的な経営者がいる企業

興味2:魅力的な経営者がいる企業

経営学部でベンチャー企業論を専攻しているキヨコ。内外のベンチャー企業の隆盛を研究したことで、経営者のビジョンは大切と考えるようになった。就職先もビジョンに共感できる企業を選ぼうとしている。

【アドバイザー】石黒幹久(コンサルタント)
新卒でリクルート入社以来23年間、一貫して人材関連の仕事に従事。おもに企業の新卒採用・中途採用に関するコンサルティング業務に携わる。社会人や大学生向けのセミナーの講師も務め、学生向けセミナーは、述べ400回、受講者は8万人を超える。現在は、フリーのコンサルタントとして活躍中。

(石黒)どんな経営者のもとで働きたいと思っているの?

(キヨコ)まだ漠然としているんですが、多くの経営者の考え方などを研究してみて、事業の目的や社会にどう貢献したいかが明確で、ここぞというときには決断がしっかりできる経営者のもとで働きたいと思っています。

(石黒)個人的な意見ではあるけれど、企業はもちろん、社会全体の将来を見越して決断できる経営者はカッコいいよね。企業というのは、「今」はよくても、将来にわたっていいかどうかわからない。経営者は時代に合わせて、事業のあり方、組織のあり方を変えて、求心力を発揮してかじ取りできることが大事だよね。

(キヨコ)そうなんです。でも、雑誌や書籍、ネットなどでさまざまな経営者の言葉を読んでみると、それぞれ「スゴイ!」って思えますが、どの企業に応募していいのかいまひとつピンとこなくて…。

(石黒)それは、「掛け合わせ」の問題かなあ…。

(キヨコ)掛け合わせ?

(石黒)そう。経営者のビジョンはもちろん大事だけど、本当に規模の小さな企業でなければ、経営者と常に接して働くわけじゃない。毎日の「仕事」で考えると、その企業が扱う商品やサービス、実際に携わる仕事内容に興味が持てなければ、やる気がわかないよね。だから、経営者の言葉への共感と、その企業の事業や仕事内容への興味の掛け合わせで企業探しをするといいと思うよ。

(キヨコ)確かにそうですね。でも、経営者がいくらいいことを言っていても、それがあまり事業に影響力を与えない企業もありますよね。

(石黒)そうだね。すべてに当てはまるわけではないけれど、規模が大きくなればなるほど、事業部制になっていたり、責任が分散されていたり、また、末端まで声が届きにくくなったりして、トップの影響力は弱まっていくことが多いのは事実。規模にかかわらず、オーナー企業や社長が創業者という企業は、比較的その人の考えやビジョンが、事業に影響を与えやすいよね。

(キヨコ)やっぱり、オーナー企業や創業者が社長をしている企業がいいのかなあ。

(石黒)一概には言えないよ。一人のビジョンが企業の方針決定に対する影響力を大きく持つ分、その人の考えが間違っていれば、企業が傾く可能性もある。それぞれ良し悪しはあるから、それを理解した上で選ぶことが重要だよ。

 

これ以外のほかの角度から企業探しをしたい人は、「気になる会社が増える情報収集法25」トップページを見てみましょう。

気になる会社が増える情報収集法25

 

あなたに合った企業を見つけるために、企業研究を進めてみませんか?

▼2023年卒向け詳細情報▼

▼2022年卒向け詳細情報▼

合わせて読みたい記事