自己PRで「向上心」を伝えるときのポイントと例

就活の自己PRで「向上心」を強みとして伝えたい場合、どのような点に注意するといいのでしょうか。人事として新卒採用を20年担当し、現在はさまざまな企業の人事・採用コンサルティングを手掛ける採用のプロ・曽和利光さんに聞きました。

企業が自己PRを聞く意図は?

自己PRは「あなたの能力・性格(何ができるか)」を伝えるためのものです。就活の選考で問われる質問にはすべて、「あなたがどういう人かを知りたい」という企業側の意図があり、自己PRとはその直接的な質問だといえるでしょう。企業は自己PRを通して、あなたの特性が、「自社で仕事をしていく上で合っているか」という点を見ています。

自己PRと聞くと、一番たけているもの、すごいものをアピールしようと思う学生さんもいるでしょう。しかし大切なのは、その能力や性格を企業が求めているか、仕事で役立てられそうか、という点です。企業が必要とする力は何か、働くイメージを持って考えるといいでしょう。

企業が自己PRを聞く意図について、詳しく知りたい人はこちら↓
【例文付き】就活で自己PRを聞く意図は?人事に評価される書き方・話し方のポイントは?

「向上心」は企業に評価される?

「上に向かう心」という文字通り、「向上心」とは「高い目標を目指し努力する心、成長しようとする心」のこと。達成意欲とも言い換えられます。これから社会人になり、スキルを身につけようとする学生の皆さんに、一定の向上心は必ず求められるものです。

ただ、社会人になると「向上心の高さ」だけでは、成果につながらない面があります。
仕事や組織への適性を診断する適性検査の中には、ハイパフォーマーの特徴を測る軸に「意欲的側面」を設定しているものもあります。意欲には、「達成意欲」と「活動意欲」の2つがあり、能力を発揮するためには、この両方が高いことが求められるのです。

達成意欲を向上心と考えると、活動意欲は向上心を支える活動へのエネルギー量や、バイタリティーのことです。「ここまで成長したい」という達成意欲の高さはもちろん大切です。しかし、「達成するために行動しよう」というフィジカルな活動意欲が伴っていなければ、成果にはつながらず空回りしてしまうのです。

また企業は、向上心が非常に高いタイプの学生には「それ相応のバイタリティーがあるか」を慎重に見るでしょう。「将来は絶対に社長になる」「最速で昇進したい」など、実現するまでが困難で、かつ具体的な目標があると、それがかなわなかったときのモチベーションダウンが大きな損失になるからです。

「向上心」を自己PRで伝えるときのポイント

企業が自己PRで知りたいのは、学生の能力や性格を表す「具体的な行動に支えられた“事実”」です。向上心は非常に主観的なものですから、「高い目標を掲げていた」ことだけではあまりアピールになりません。思うだけなら誰でもできますし、それが仕事でどう役立つか、イメージしにくいからです。

自己PRで「向上心」をアピールするなら、目標の高さにこだわらず「掲げた目標に向かって、どう活動してきたのか」を伝えましょう。一般的には実現困難な高い目標を掲げるよりも、「小さなステップに分けて、小さなゴールを達成していく向上心」の方が、ハイパフォーマーになる可能性が高いと考えられています。

これから社会人になる学生さんは、まだまだ未完成な存在です。目の前の目標に向かい頑張る「向上心」と「そのための活動」をセットで語るだけでも、十分アピールになるでしょう。

授業を受ける学生のイメージ

エントリーシートの自己PRで「向上心」を伝えるときの例

自己PRでは、実際に取った行動を伝えることが大切。「向上心」を持って何をしてきたのか事実を記すようにしましょう。その際、「アピールしたいポイントから書くこと」と「数字や実績などを具体的な事実と共に伝えること」を意識しておきましょう。

私は、自分が決めた目標を一つひとつ達成する向上心と行動力があります。
高校時代からビジネスの成り立ちに興味があり、大学1年生の時にビジネス企画サークルを立ち上げました。在学中にビジネスコンテストに出場し、他大学の学生からも刺激を受けたいと考え、半年ごとに活動目標を設けました。最初は基礎知識をつけるためのサークル内勉強会の開催、次に起業家のOB・OGを招いた講演やインタビューの実施など、できることを増やしていき活動を拡大。大学3年の夏には、全国規模のビジネスコンテストに参加することができました。プレゼンテーション技法が未熟で結果にはつながらなかったので、また挑戦したいと思っています。

面接の自己PRで「向上心」を伝えるときの例

面接では、聞き手が理解しやすくなるよう、結論を先に伝えます。集団面接などでは、面接担当者との質問のやりとりがない「プレゼンテーション型の自己PR」も少なくありません。その場合は、伝えたいポイントを一度ですべて伝えきれるよう整理しておくとよいでしょう。

 私の強みは、任された業務で最善を尽くそうとする向上心です。
3年間続けた飲食店のアルバイトでは、アルバイトスタッフの約30人のシフト管理を任されていました。当初は、これまでのメンバーが入れていた固定の希望と合理性からシフトを決めていましたが、都合がつかないメンバーが数人辞めてしまう事態が発生しました。 そこで、一人ひとりの希望をくみ取るために面談を実施し、個別の事情を聞いた上でシフトを組み直しました。
また、月ごとにヒアリングシートを作成し、共有することで、年間を通じて全員がバランスよく休めるようになりました。
みんなが楽しく心地よく働けるためにどうしたらよいのか、自分にできることは何かを考え行動に移したことで、辞めるスタッフの数を減らすことができました。

「向上心」のほかにも自己PRで伝えるアピールポイントがあるかも?気になる人はリクナビ診断を活用して、自分の強みや特徴を調べてみましょう。

▼2021年卒向け詳細情報▼

▼2020年卒向け詳細情報▼

——————————————————

曽和利光さんプロフィール写真

【監修】曽和利光さん
株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャーなどを経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多数。最新刊に『人事と採用のセオリー』(ソシム)がある。

——————————————————

記事作成日:2020年1月31日

合わせて読みたい記事