就活・就活準備情報なら、リクナビ2020

リクナビ2020をご利用いただいている学生の皆さまへ

この度は、当社の就職情報サイト「リクナビ」に関する一連の報道で、ご利用いただいている学生の皆さまを大変不安なお気持ちにさせてしまっておりますこと、誠に申し訳ございません。
今回報道されている内容は、当社が提供しているサービスのひとつである、「リクナビDMPフォロー」について取り上げられたものです。本サービスの概要と今後の対応につきまして説明をさせていただきます。

1. リクナビDMPフォローにつきまして

リクナビDMPフォローは、採用企業における前年度の応募学生のリクナビ上での行動ログなどのデータを解析の対象とし、採用企業ごとに「選考・内定の辞退」をする学生の行動の傾向を算出します。そこに、今年度に当該採用企業に応募する学生の行動ログを突き合せ、その結果を「選考・内定の辞退の可能性」として企業に提示するものです。学生の応募意思を尊重し、採用選考の合否判断には当該データを用いないことを企業に確約いただいた上で、データの提供を行なってまいりました。

2. 本サービスにおける個人情報の取り扱いにつきまして

本サービスの提供にあたり、学生の皆さまには「リクナビ」にご登録いただく際にプライバシーポリシーにご同意いただいておりますが、本サービスに関する記述がわかりやすいものとはなっておらず、結果、行動ログ等の情報がどのように取り扱われるか、学生の皆さまに十分に理解いただくことができない内容となっておりました。

また、その後、プライバシーポリシーへの同意取得を行う全ての画面を再度調査した結果、一部のプライバシーポリシーの同意取得画面において、リクナビDMPフォローに関する表記漏れがあると判明いたしました。結果として、7,983名の学生の方については行動ログ等の情報の取り扱いについて同意が取得できていない状態のまま、企業に情報を提供しておりました。
重ねてお詫び申し上げます。大変申し訳ございません。

なお、該当する学生の皆さまにはこの後順次ご連絡を差し上げてまいります。今しばらくお時間をいただきますことをご容赦ください。

3. 当社の認識欠如についてのお詫び

今回、多くの関係者の皆さまからさまざまなご指摘をいただきました。何よりも学生の皆さまの「不安」「怖い」「裏切られた」といった言葉に触れることで、学生の皆さまの心情に対する当社の理解欠如こそが、根本的な課題であると認識するに至りました。特に、新卒学生の皆さまにとっては初めての就職活動だからこそ、そもそも不安や戸惑いを感じられることも多く、本来であれば学生の皆さまの視点に十分に寄り添うことを第一にすべきだった、と重く受け止めております。学生の皆さまの心情やご状況を十分に踏まえたサービス設計・経営判断ができていなかったという強い反省を踏まえ、今後「リクナビ」など新卒学生向けサービスの在り方を、抜本的に変えていく所存です。

4. 「リクナビDMPフォロー」サービス廃止につきまして

多くの皆さまを不安なお気持ちにさせてしまっております状況の中で、本サービスを継続してはならないと判断し、7月31日においては「一時休止」とお伝えしていた「リクナビDMPフォロー」サービスを、廃止することとしました。また本サービス廃止に伴い、サービス利用企業に対して本サービスにかかわる情報の削除を依頼しはじめております。
真剣に就職活動を行われている学生の皆さまがご不安を感じられることのないように、真摯なサービス運営に向かい合ってまいります。多くの皆様を大変不安なお気持ちにさせてしまっておりますことを、重ねて深くお詫び申し上げます。

以上