2018年卒最新版 いつ?何を?どうするの?押さえておきたい!就活スケジュール

就活って、そもそもいつ・どんなことをすればいい?という人のために、
2018年卒の就職活動スケジュールの全体像をまとめました。

企業の選考開始時期が前倒しに

みなさんの1つ上(2017年卒)の先輩たちから、就職活動スケジュールに変更がありました。

経団連加盟企業を中心に、選考(=採用面接など)の開始時期が2カ月前倒しになりました。また、企業によってはそれ以前から選考を開始することもあり、選考開始時期が全体的に以前よりも前倒しになりました。

一方で、採用情報の公開は以前と変更はなく、3月から一斉に解禁となりました。つまり採用情報の公開時期は変わらないまま、選考開始時期が前倒しされたことになります。

そのため、2017年卒の先輩たちから、選考前の準備(志望企業の選択、筆記試験対策、エントリーシートの作成などの活動)に費やせる時間が大幅に短くなりました。みなさんも同じスケジュールでの活動となる可能性があります。

現在の選考スケジュールでのポイント

  • ・個別企業の説明会が、3~4月に集中
  • ・エントリーシートや履歴書の締め切りが3月になる企業が増加
  • ・一方、選考前の準備のための時間が短縮
  • 2月までの事前準備をしっかりしよう

3月の採用情報の公開直後からスムーズに就職活動を進めるためにも、ご自身の学業スケジュールも見据えながら、下記の事前準備にしっかり取り組みましょう。

これだけはしっかりと!押さえるべきこれからの就活準備

一般的な就活スケジュール

  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

2016
6月から
就活準備の時期。まずは自分が何に興味があるのか、「視野を広げて知る」業界・企業研究や、インターンシップへの参加を進めましょう。並行して、自分の興味のルーツや特徴を把握する自己分析を進めることも大事です。

2017
3月から

3月からは、本格的な就活が始まります。リクナビでのプレエントリーを皮切りに、合同企業説明会やOB・OG訪問など、さまざまな企業、先輩と接触する機会が増えてきます。後から興味を持ってもプレエントリー締め切り後だった…ということもあるので、興味を持った企業にはひとまずプレエントリーしておくのがおすすめです。

3月ごろからは、個別の企業との接触も増えてきます。また早いところでは、筆記試験や面接がスタートし、6月頃には選考が本格化。エントリーシートを書くためや、面接対策のために、直前になって企業研究をやり直す人も多いですが、複数の選考が重なり忙しさのあまり寝不足に…なんて話もよく聞かれます。時間に余裕のある時期に計画を立てて、早めから「興味のある仕事を深く知る」ための企業研究を進めることで、効率よく就活を進めましょう。


2017
6月から

6月からは、徐々に内々定が出始めます。とはいえ、本当に自分にマッチした企業に出合うためには、半年以上かかることも。企業の採用担当者も、自社にマッチした学生を見つけるまでは採用活動を継続する傾向があります。根気強く、自分がその企業に対して何の価値を提供できるのか、逆にどんな条件を企業に求めているのかを考え続けながら、納得できるまで就活に取り組んでいきましょう。

内々定者の数が採用予定数に満たない企業、1年を通して採用を継続している(通年採用)企業、夏休み以降に採用活動を実施する(秋採用)企業は、上記の期間以外でも、採用活動を継続していきます。だから上記のスケジュールはあくまで目安。就活スケジュールには個人差がありますし、早く終えることがいいこととは限りません。納得して就活を終えられるよう、早いうちから取り組みましょう。