国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
ノウギョウ・ショクヒンサンギョウギジュツソウゴウケンキュウキコウ
  • OpenES
  • 正社員
業種
公社・官庁
団体・連合会
本社
茨城

モデルケース

研究職員

採用人数 今年度予定 36~40名
昨年度実績(見込) 21~25名
初年度
月収例
月20万円程度(月給制)
選考例
  • WEBプレエントリー
    締切 5月上旬
  • エントリーシート
    締切 5月上旬
  • 説明会
    4月中旬
  • 面接
    6月中旬
  • 内々定
    8月上旬
応募・選考時
提出書類
OpenES、エントリーシート
その他の
ポイント
入社3年後定着率90%以上、完全土日祝休み、ノー残業デー、女性役員在籍、住宅補助あり

一般職員

採用人数 今年度予定 16~20名
昨年度実績(見込) 16~20名
初年度
月収例
月18万円程度(月給制)
選考例
  • WEBプレエントリー
    締切 5月上旬
  • エントリーシート
    締切 5月上旬
  • 説明会
    4月中旬
  • 面接
    6月上旬
  • 内々定
    6月下旬
応募・選考時
提出書類
OpenES、エントリーシート
その他の
ポイント
入社3年後定着率90%以上、完全土日祝休み、ノー残業デー、女性役員在籍、住宅補助あり

採用データ

求める人物像・選考基準

<研究職員>
 アグロノミストを目指す若手研究者

農業現場が求める生産性向上などのイノベーションを誘発する技術開発には、専門性を深めたスペシャリストだけではなく、要素統合によって課題解決にチャレンジするアグロノミストが必要です。
このため、農業・食品産業に関する諸科学について基礎的・基本的素養を持つ若手をパーマネント研究員として採用し、農研機構が独自にアグロノミストとして育成します。

   ◆アグロノミストを目指して研究業務にチャレンジできる能力がある方(農学の専門分野は問わない)
   ◆全国各地の研究拠点等のどこでも勤務可能で、複数回の異動を厭わない方
   ◆海外の研究者と英語でのコミュニケーションができる語学力がある方
   ◆国内外の農業支援や震災被災地でのボランティア活動など、社会貢献活動の経験を有することが望ましい

※採用ポストについては、農研機構の「平成30年度新規職員採用 サイト」
 (http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/new_graduate/index.html)をご覧ください。

※なお、以下の2区分については、別途実施する試験で採用いたします。
 ○獣医系: 農林水産省獣医系技術職員採用試験の合格者から選考
  「動物衛生研究部門の職員(研究職)募集について(http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/2017/05/075373.html)」
  をご覧ください。
 ○農業農村工学系: 国家公務員採用総合職試験(農業農村工学)の合格者から選考


<一般職員>
 ○研究を共に支える力強い事務職員
   研究者とともになって、研究者が最大限の成果を生み、またその成果が
   社会で活用されるよう、あらゆる面からサポートしています。

 ○種苗に関する業務を担う技術系職員
   種苗管理センターにおいて、農業の基盤となる種苗に関する業務を
   総合的に担い、適正な品種登録の実施及び優良な種苗の流通の
   確保を通じて、日本の農業に貢献しています。

    ◆農業・食料・環境に関心のある方
    ◆周りとコミュニケーションをとって協力できる方
    ◆自ら考え行動できる方
    ◆向上心をもって新しいことに取り組むことができる方

募集概要

職種・募集人数 <研究職員>
 ○大学卒業・大学院修了以上(又は見込み)の方 
  ・ 研究開発成果の最大化に向けて、様々な研究分野を担当する職員   [40名程度]

<一般職員>
 ○大学卒業以上(又は見込み)の方
  ・ 研究開発した成果が社会で活用されるように主に管理運営業務等
   (事務系業務)を担当する職員                  [15名程度]
  ・ 農業の基盤となる種苗に関する業務を総合的に行う種苗管理センター
   において栽培試験業務等(技術系業務)を担当する職員        [6名程度]
主な仕事内容 <研究職員>
  作物の品種開発、栽培技術、生産システム、作物の病虫害管理、畜産、農業経営、
  農業ICT・ロボット、食品加工・流通、環境科学、有害獣の管理などの研究分野
  を担当

<一般職員>
 【事務系業務】
  法務、知的財産、産学官連携、広報、経営企画、人事労務、財務管理、安全管理、
  情報管理、資産管理などの業務を担当
 【技術系業務】
  品種登録のための栽培試験、流通種子の品質検査、原原種の生産、育成者権
  保護や活用の支援、多様な植物遺伝資源の保存など


   ※ 詳細は、農研機構HP上の平成30年度新規職員採用サイト
    (http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/new_graduate/index.html)をご覧ください。
勤務地 北海道札幌市、岩手県盛岡市、茨城県つくば市、埼玉県さいたま市、広島県福山市、
熊本県合志市 等

【北海道・札幌エリア】【岩手・盛岡エリア】【茨城・県南エリア】
【埼玉・中央エリア】【広島・備後エリア】【熊本・県央エリア】

※ 全職種とも、将来、以下の地域にある研究拠点等、あるいは他機関へ異動する可能性があります。
北海道・青森県・岩手県・秋田県・福島県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・東京都・新潟県・長野県・山梨県・静岡県・三重県・京都府・岡山県・広島県・島根県・香川県・福岡県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県のいずれか
勤務時間 <研究職員>
 基本は裁量労働制(1 日みなし8 時間24 分)
  ※フレックスタイム制度あるいは裁量労働制を選択できます。

<一般職員>
 8:30~17:15(実働7時間45分)

採用ステップ&スケジュール <研究職員> 
■■■ 採用ステップ&スケジュール<研究職員> ■■■

 【 リクナビからプレエントリー 】
  プレエントリー締切り 5月上旬まで
    ↓
 【 本エントリー受付 】
  平成29年3月上旬~5月上旬

  *** 業務説明会(茨城県つくば市、札幌、仙台、東京、大阪、福岡で開催予定) ***
  平成29年4月中旬~下旬

 【 一次試験(教養試験・適性試験・小論文試験) 】
  平成29年5月下旬
  (北海道、岩手県、茨城県、大阪府、福岡県の5会場の予定)
    ↓
 【 二次試験(専門試験・面接) 】
  平成29年6月中旬~下旬 (茨城県つくば市)
    ↓                 
 【 三次試験(面接) 】
  平成29年8月上旬 (茨城県つくば市)           
    ↓                 
 【 最終合格発表 】
  平成29年8月中旬(予定)

 ※ 農業農村工学系及び獣医系に係る採用スケジュールは、上記とは別日程
   で実施します。

   現時点では上記の採用スケジュールを予定していますが、
   選考状況により変更になる場合もありますので、予めご了承ください。

   一次試験の日程及び試験会場の詳細は、プレエントリーしていただいた方に
   お知らせしています。


<一般職員>
■■■ 採用ステップ&スケジュール<一般職員> ■■■

 【 リクナビからプレエントリー 】
  プレエントリー締切り 5月上旬まで
    ↓
 【 本エントリー受付 】
  平成29年3月上旬~5月上旬

  *** 業務説明会(茨城県つくば市、札幌、仙台、東京、大阪、福岡で開催予定) ***
  平成29年4月中旬~下旬

 【 一次試験(教養試験・適性試験・小論文試験) 】
  平成29年5月下旬
  (北海道、岩手県、茨城県、大阪府、福岡県の5会場の予定)
    ↓
 【 二次試験(面接) 】
  平成29年6月上旬 (茨城県つくば市)           
    ↓                 
 【 三次試験(面接) 】
  平成29年6月中旬~下旬 (茨城県つくば市)      
    ↓                 
 【 最終合格発表 】
  平成29年6月下旬(予定)

 ※ 現時点では上記の採用スケジュールを予定していますが、
   選考状況により変更になる場合もありますので、予めご了承ください。

   一次試験の日程及び試験会場の詳細は、プレエントリーしていただいた方に
   お知らせしています。

給与・福利厚生(待遇)

給与 農研機構の給与規程による

<研究職員> ※ 平成29年採用者の給与(参考)
月給: 大学院(修士)修了の場合   219,500円~
    大学卒の場合        201,300円~
     経歴等により決定(諸手当は別途支給。)

<一般職員> ※ 平成29年採用者の給与(参考)
月給: 大学卒の場合        178,200円~
     経歴等により決定(諸手当は別途支給。)
諸手当 地域手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当等
昇給 年1回
賞与 年2回(期末・勤勉手当)
休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝祭日及び年末年始
年次有給休暇、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、出産、忌引等)
育児休業、介護休業等
福利厚生 農林水産省共済組合加入(短期:療養等の給付/長期:年金給付)
雇用保険、労働者災害補償保険、宿舎等

参考データ

応募資格 <研究職員>
 大学卒業・修士修了(または見込み)以上で、平成30年4月1日現在で
 29歳以下の者(長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ)

<一般職員>
 大学卒業(または見込み)以上で、平成30年4月1日現在で25歳以下の者
 (長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ)
過去3年間の新卒採用者数・離職者数 ■採用者数
 平成28年度: 34人(うち研究12人、一般15人、その他7人)
 平成27年度: 33人(うち研究16人、一般9人、その他8人)
 平成26年度: 23人(うち研究11人、一般5人、その他7人)

■離職者数(上記採用者のうち3年以内に離職した者)
 平成28年度: 0人
 平成27年度: 0人
 平成26年度: 1人(うち一般1人)
過去3年間の男女別新卒採用者数 ■男性
 平成28年度: 21人(うち研究9人、一般8人、その他4人)
 平成27年度: 19人(うち研究9人、一般3人、その他7人)
 平成26年度: 17人(うち研究8人、一般3人、その他6人)

■女性
 平成28年度: 13人(うち研究3人、一般7人、その他3人)
 平成27年度: 14人(うち研究7人、一般6人、その他1人)
 平成26年度: 6人(うち研究3人、一般2人、その他1人)
平均勤続年数 22.1年(平成28年4月時点)
平均年齢 46.2歳(平成28年4月時点)
研修 【有り】

<研究職員>
 ○新規研究実施職員研修
 ○階層別研修
 ○科学コミュニケーション研修
 ○統計研修
 ○産学官連携研修
 ○知的財産研修
 ○広報関係研修
 ○農家研修
 ○農林水産省等の他機関への長期研修制度あり
 ○海外の大学、研究機関等への長期留学制度あり

<一般職員>
 ○階層別研修…管理職(課長等)、チーム長、主査、チーム員等ごとの階層別研修
 ○専門別研修…財務・会計、企画・広報、産学官連携、知的財産研修、コミュニケーション
            研修 等
 ○資格取得支援…社会保険労務士、弁理士、知的財産管理技能検定 等
自己啓発支援 【有り】
・業務上必要な資格取得や講習会等受講に係る費用負担の支援制度
・自己啓発等休業制度(職員の自発的な大学等(国外含む)における修学又は
 国際貢献活動のための休業)
メンター制度 【有り】
キャリアコンサルティング制度 【有り】
希望者(研究職)に対するキャリア相談会を実施(対象職種については拡大予定)
月平均所定外労働時間 8.8時間(平成26年度実績)
有給休暇の平均取得日数 11.8日(平成26年度実績)
育児休業取得者数(男女別) ■男性
取得対象者:71人
取得者:4人

■女性
取得対象者:20人
取得者:17人

(平成27年度実績)
役員・管理職の女性比率 ■役員:13.3%
■管理職:7.4%

(平成28年4月時点)

その他の情報

主な募集職種
事務系 技術系 専門系
技術系で特に生かせる専攻:機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、医学・歯学系、獣医系、その他理系
主な勤務地
北海道、青森、岩手、秋田、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、新潟、山梨、長野、静岡、三重、京都、島根、岡山、広島、香川、福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
応募資格
大学、大学院卒業見込みの方 または 大学、大学院卒業の方(2015年3月~2017年3月卒の方)
既卒は、一般職員(大卒)の場合の卒業年次となります。詳しくは、それぞれの職種の応募資格(年齢)をご確認ください
積極採用対象
大学生(文系)、大学生(理系)、大学院生(文系)、大学院生(理系)
採用予定学科
法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系

連絡先

 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〒305-8517
 茨城県つくば市観音台3-1-1

<研究職員>
 人事部(研究要員担当)
 TEL:029-838-7947 / FAX:029-838-8955
 E-Mail:  saiyoh@naro.affrc.go.jp

<一般職員>
 人事部 人事課
 TEL:029-838-8801 / FAX:029-838-8955
 E-Mail: jinji@naro.affrc.go.jp


農研機構URL: http://www.naro.affrc.go.jp/
農研機構採用ページURL: http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/new_graduate/index.html
掲載開始:2017/03/01

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
モデルケースの見方

モデルケースは、採用データのサマリー情報になります。
参考データであり、給与の規定などは各社によって異なります。

採用人数 該当モデルケースにおける「今年の採用予定人数」と「昨年度の実績(見込み)」の人数です。
初年度月収例 該当モデルケースにおける、入社初年度の月収例です。各種賞与を含み、年間で支給される給与を月割した金額になります。
詳細は、「採用データ」内の「給与・福利厚生(待遇)」欄をご確認ください。
Pick Up
時給制、日給制、週給制、月給制
時間、日、週、月あたりで支払われる給与の単位です。各種賞与は定められているケースが多いです。
年俸制、半期年俸制
年間、もしくは半期(6カ月)で支払われる給与の全額です。各種賞与が含まれている場合があります。
選考例 該当モデルケースにおける選考項目、および実施目安時期になります。
代表的な項目のみですので、記載事項以外の選考項目がある場合もあります。
Pick Up
WEBプレエントリー
リクナビなどの就職サイトで行われる、選考に進む前の「事前エントリー」です。
OpenES
リクナビ独自のエントリーシートサービスです。詳細は、こちら
内々定
日本経団連に所属している企業が、2017年10月1日前に出す「内定」のことを指します
その他のポイント 「有休取得率」「育児・介護制度」などの福利厚生・待遇面や「平均勤続年数」「女性役員在籍」など風土に関するデータです。