国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
ノウギョウ・ショクヒンサンギョウギジュツソウゴウケンキュウキコウ
  • 正社員
業種
公社・官庁
団体・連合会
本社
茨城

モデルケース

<一般職員: 技術支援系>

採用人数 今年度予定 6~10名
昨年度実績(見込) 0名
初年度
月収例
月15万円程度(月給制)
選考例
  • WEBプレエントリー
    締切 10月中旬
  • エントリーシート
    締切 10月中旬
  • 説明会
  • 面接
    11月中旬
  • 内々定
    11月下旬
応募・選考時
提出書類
エントリーシート
その他の
ポイント
入社3年後定着率90%以上、平均勤続年数15年以上、ノー残業デー、住宅補助あり、家族手当あり

採用データ

求める人物像・選考基準

<一般職員: 技術支援系>
  増加する現地実証試験に対応で大農機具操作・農場作業、作物管理、家畜管理、技術支援に係る企画・運営や
事務業務等の研究補助業務を担当し、将来の農研機構の研究支援業務を中心的に推進する技術支援関係職員を
目指していただきます。

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。

募集概要

職種・募集人数 <一般職員: 技術支援系>
 ○原則として短期大学卒以上(見込も含む)又は相当の学歴免許等を有する方 [9名程度]

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。
主な仕事内容 <一般職員: 技術支援系>
 ●作物の試験研究に関して、栽培、試験、調査に係る高度な研究支援技術を担当
 ●家畜の試験研究に関して、家畜の飼養、試験、調査及び飼料作物の栽培、飼料
  の調製に係る高度な研究支援技術を担当
 ●特に、上記2点に関して、資格が必要な作業、熟練を必要とする作業、経験・責任
  が必要な作業を重点的に担当

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。

   ※ 詳細は、農研機構HP上の平成30年度新規職員採用サイト
    (http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/new_graduate/index.html)をご覧ください。
勤務地 <一般職員:技術支援系>
 つくば技術支援センター(茨城県つくば市)採用後、1~2年程度研究支援業務に係る種々の業務を経験していただきます。

※ 将来、つくばを含む全国各地に所在する農研機構の研究センター等に転勤があります。
北海道・青森県・岩手県・秋田県・福島県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・東京都・新潟県・長野県・山梨県・静岡県・三重県・京都府・岡山県・広島県・島根県・香川県・福岡県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県のいずれか

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。
勤務時間 <一般職員:技術支援系>
 8:30~17:15(実働7時間45分)
なお、基本的に土・日・祝日を除く週休二日制になりますが、季節や部署により休日にも業務(育苗管理、動物管理など)がある場合もありますので、ローテーションを組んで交代制になります。

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。
採用ステップ&スケジュール <一般職員:技術支援系>
■■■ 採用ステップ&スケジュール ■■■
 【 リクナビからプレエントリー 】
  プレエントリー締切り 平成29年10月中旬まで
    ↓
  本エントリー受付  平成29年10月中旬まで
    ↓
 【 一次試験(教養試験・適性試験・作文試験) 】
  平成29年10月27日(金) 予定
  (北海道、岩手県、茨城県、広島県、福岡県の5会場で開催予定)
    ↓
 【 二次試験(面接) 】
  平成29年11月中旬 (茨城県つくば市)            
    ↓                 
 【 最終合格発表 (内定)】
  平成29年11月下旬(予定)

 ※ 現時点では上記の採用スケジュールを予定していますが、
   選考状況により変更になる場合もありますので、予めご了承ください。
   一次試験の日程及び試験会場の詳細は、プレエントリーしていただいた方に
   お知らせしています。

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。

給与・福利厚生(待遇)

給与 農研機構の給与規程による

<一般職員: 技術支援系> ※ 平成29年採用者の給与(参考)
   月給: 短大卒の場合        155,800円~
      大学卒の場合         166,200円~
     経歴等により決定(諸手当は別途支給。)

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。
                     ※ 平成29年採用者の給与(参考)
   月給: 大学卒の場合        178,200円~
     経歴等により決定(諸手当は別途支給。)

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。
          ※ 平成29年採用者の給与(参考)
   月給: 大学院(修士)修了の場合  219,500円~
       大学卒の場合         201,300円~
     経歴等により決定(諸手当は別途支給。)
諸手当 地域手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当等
昇給 年1回
賞与 年2回(期末・勤勉手当)
休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝祭日及び年末年始
 ※ 基本的に土・日・祝日を除く週休二日制になりますが、季節や部署により休日にも
   業務(育苗管理、動物管理など)がある場合もありますので、ローテーションを組
   んで交代制になります。

年次有給休暇、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、出産、忌引等)

育児休業、介護休業等
福利厚生 農林水産省共済組合加入(短期:療養等の給付/長期:年金給付)
雇用保険、労働者災害補償保険、宿舎貸与等

参考データ

応募資格 <一般職員:技術支援系>
 (1)年  齢:平成5年4月2日以降に生まれた者(例外事由3号のイ)
 (2)最終学歴:原則として短期大学卒以上(見込も含む)又は相当の学歴免許等を有する者
 (3)運転免許:普通自動車免許(AT限定不可、採用までに限定解除が条件。)取得見込み
   を含む 
  ※大型特殊免許を採用後1年以内の日までに取得していただくこと、および中型免許を
   採用後3年以内の日までに取得していただくことを条件とします(自費)

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。
過去3年間の新卒採用者数・離職者数 ■採用者数
 平成28年度: 34人(うち研究12人、一般15人、その他7人)
 平成27年度: 33人(うち研究16人、一般9人、その他8人)
 平成26年度: 23人(うち研究11人、一般5人、その他7人)

■離職者数(上記採用者のうち3年以内に離職した者)
 平成28年度: 0人
 平成27年度: 0人
 平成26年度: 1人(うち一般1人)
過去3年間の男女別新卒採用者数 ■男性
 平成28年度: 21人(うち研究9人、一般8人、その他4人)
 平成27年度: 19人(うち研究9人、一般3人、その他7人)
 平成26年度: 17人(うち研究8人、一般3人、その他6人)

■女性
 平成28年度: 13人(うち研究3人、一般7人、その他3人)
 平成27年度: 14人(うち研究7人、一般6人、その他1人)
 平成26年度: 6人(うち研究3人、一般2人、その他1人)
平均勤続年数 22.1年(平成28年4月時点)
平均年齢 46.2歳(平成28年4月時点)
研修・講習、資格支援 【有り】

<一般職員:技術支援系>
 ○ 様々な研修・講習を通じて、技術・知識の習得と資格の取得を促進しています。

 【資格取得・講習等の実例】
 危険物取扱主任者(乙種4類)、ジーゼルエンジン自動者整備士(3級)、アーク溶接業務特別教育講習、ガス溶接作業主任者技能講習、刈払機取扱作業者安全衛生教育、高所作業車運転技能講習、車両系建設機械(整地・運搬・積込・掘削)運転技能講習、大径木伐木等特別教育、玉掛け技能講習、フォークリフト運転技能講習、小型移動式クレーン運転技能講習 ほか多数。

<一般職員: 事務系・技術系> ※ 今年度の募集は終了しました。

<研究職員> ※ 今年度の募集は終了しました。
自己啓発支援 【有り】
・業務上必要な資格取得や講習会等受講に係る費用負担の支援制度
・自己啓発等休業制度(職員の自発的な大学等(国外含む)における修学又は
 国際貢献活動のための休業)
メンター制度 【有り】
キャリアコンサルティング制度 【有り】
希望者(研究職)に対するキャリア相談会を実施(対象職種については拡大予定)
月平均所定外労働時間 8.8時間(平成26年度実績)
有給休暇の平均取得日数 11.8日(平成26年度実績)
育児休業取得者数(男女別) ■男性
取得対象者:71人
取得者:4人

■女性
取得対象者:20人
取得者:17人

(平成27年度実績)
役員・管理職の女性比率 ■役員:13.3%
■管理職:7.4%

(平成28年4月時点)

その他の情報

主な募集職種
事務系 技術系 専門系
技術系で特に生かせる専攻:機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、医学・歯学系、獣医系、その他理系
主な勤務地
北海道、青森、岩手、秋田、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、新潟、山梨、長野、静岡、三重、京都、島根、岡山、広島、香川、福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
応募資格
短大、専門、高専、大学、大学院卒業見込みの方 または 短大、専門、高専、大学、大学院卒業の方(2014年3月~2017年3月卒の方)
既卒は、一般職員(大卒)の場合の卒業年次となります。詳しくは、それぞれの職種の応募資格(年齢)をご確認ください
積極採用対象
大学生(文系)、大学生(理系)、大学院生(文系)、大学院生(理系)、短大生、専門学校生、高等専門学校生
採用予定学科
法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系

連絡先

 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〒305-8517
 茨城県つくば市観音台3-1-1

<研究職員>
 人事部(研究要員担当)
 TEL:029-838-7947 / FAX:029-838-8955
 E-Mail:  saiyoh@naro.affrc.go.jp

<一般職員>
 人事部 人事課
 TEL:029-838-8801 / FAX:029-838-8955
 E-Mail: jinji@naro.affrc.go.jp


農研機構URL: http://www.naro.affrc.go.jp/
農研機構採用ページURL: http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/new_graduate/index.html
掲載開始:2017/03/01

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
モデルケースの見方

モデルケースは、採用データのサマリー情報になります。
参考データであり、給与の規定などは各社によって異なります。

採用人数 該当モデルケースにおける「今年の採用予定人数」と「昨年度の実績(見込み)」の人数です。
初年度月収例 該当モデルケースにおける、入社初年度の月収例です。各種賞与を含み、年間で支給される給与を月割した金額になります。
詳細は、「採用データ」内の「給与・福利厚生(待遇)」欄をご確認ください。
Pick Up
時給制、日給制、週給制、月給制
時間、日、週、月あたりで支払われる給与の単位です。各種賞与は定められているケースが多いです。
年俸制、半期年俸制
年間、もしくは半期(6カ月)で支払われる給与の全額です。各種賞与が含まれている場合があります。
選考例 該当モデルケースにおける選考項目、および実施目安時期になります。
代表的な項目のみですので、記載事項以外の選考項目がある場合もあります。
Pick Up
WEBプレエントリー
リクナビなどの就職サイトで行われる、選考に進む前の「事前エントリー」です。
OpenES
リクナビ独自のエントリーシートサービスです。詳細は、こちら
内々定
日本経団連に所属している企業が、2017年10月1日前に出す「内定」のことを指します
その他のポイント 「有休取得率」「育児・介護制度」などの福利厚生・待遇面や「平均勤続年数」「女性役員在籍」など風土に関するデータです。