日本住宅ローン株式会社ニホンジュウタクローン

日本住宅ローン株式会社

【金融機関、住宅、銀行】
業種 その他金融
政府系・系統金融機関/地方銀行/インターネット関連/住宅
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

企画部
Mさん
【出身】東京大学  経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 収支計画の作成・管理
会社の収支計画の作成や、計画の進捗状況の分析など、主に会社の収支に関わる業務に携わっています。
収支計画を作成する際は、既存の商品の販売動向やお客様からのローンの返済状況などを予測し、収支の影響額を算出するとともに、新商品や新規事業が予定されている場合は、それらが収益に与える影響を分析・予想する必要があります。
また、計画作成後は、月ごとに決算(その月の収支の実績)を取りまとめ、計画と相違する項目がある場合は、その原因を分析し、経営層に報告しています。
収支計画・決算ともに、その後の経営方針を決める重要な指標となるものですので、正確性や作業スピードが求められるとともに、数字の背景にある原因を探るためには、商品や会計制度などに関する幅広い知識が求められます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
計画作成を任されて
初めて収支計画の作成を任された時のことが、印象深く記憶に残っています。
前述の通り、収支計画を作成するには、当社の取り扱う商品がどのように収益を稼いで、どのような費用が掛かるのかという商品に関する知識や、そういった収益・費用が会計上どのように計上されるのかといった会計上の知識など、会社の収入に関わることについてのあらゆる知識が必要とされます。
当時の自分には荷が重いと感じることもありましたが、それだけの仕事を任されたことは意気に感じましたし、会社の収支の全体像やビジネスの仕組みを理解していきながら、それまで断片的なものだった知識が繋がっていく経験は得難いものであったと思います。
達成感もありましたし、自分が成長していると感じさせてくれた体験でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社会に価値のある金融
就職活動をしていて、何となく「金融」の仕事を探していました。
ですが、どの会社をどう選んでいいのか迷ってしまい、もう一度自己分析をしました。
どうして金融がいいのか、自分が何をしたいのか、を考えたときに、「社会に価値のある金融」を目指したいと思いました。
社会に価値のあるということは人の生活を豊かにすること。そんなときに出会った「住宅ローン」はまさに自分の求めていた金融でした。
家を建てる人の夢を支える住宅ローン、そしてその夢を一番大切にしている当社は、自分のやりたいことを実現している会社だと思い、内定をもらった時は迷わず入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 企画部(2010年新卒入社 審査部→企画部→財経部→企画部)

この仕事のポイント

職種系統 財務・会計・経理
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分自身の就職活動の反省でもあるのですが、とにかく動いてみることが大切だと感じました。
いろいろと考え、分析することも重要ですが、早い段階から説明会等に参加すれば刺激になりますし、就職活動のペース作りにも役立ちます。
特に、少人数で行われる各社の個別説明会は、それぞれ独特の空気が感じられて、参考になりますよ。

日本住宅ローン株式会社の先輩社員

試行錯誤を重ね、商品を具現化する。

業務役員
Eさん
慶應義塾大学 環境情報学部

会社の各種リスクを統合的に分析し、会社の危機管理を行う

業務役員
Mさん
立命館大学 法学部

お客様や営業担当者、社内へ当社の情報を発信する広報宣伝業務

広報宣伝部長
Kさん
京都大学 工学部

融資可能となったお客様の契約業務から法定書面の交付まで

営業業務一部長
Nさん
明治大学 法学部

金融機関の心臓部である審査部。様々な書類から融資の可否をチェック!

審査部
Kさん
東洋大学 経営学部

住宅ローン収益管理の高度化

リスク管理部
Tさん
明治大学 商学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる