株式会社若葉総合鑑定ワカバソウゴウカンテイ
業種 損害保険
コンサルタント・専門コンサルタント/建設コンサルタント/その他金融/その他サービス
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

鑑定事業部
丹生
【出身】大阪経済大学  経済学部・経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 災害発生時の損害保険鑑定
損害保険登録鑑定人の資格習得に向けて勉強の日々を送っています。私はまだ鑑定人としての仕事ができないので、先輩鑑定人の方がお仕事されている姿を見て、どのように仕事を進めればいいのか学んでいます。
損害保険登録鑑定人は損害額の算出をするにあたり、その金額に対して被保険者と保険会社の双方に納得していただかなくてはなりません。そのためには幅広い知識を身につける必要があり、その第一歩として資格試験に向けて勉強をしている状況です。資格を取ってからは経験を積むとともに、建築や保険などに関する様々な知識も育んでいきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
先輩鑑定人の現場での経験談
資格試験の項目に保険という科目があるのですが、この項目に関しては自主勉強をしているだけではわかりにくいのが正直なところです。そこで、先輩鑑定人の方が直々に保険の講座を行ってくださいます。この時に、ご自身の経験談を交えて説明してくださるため、イメージが湧きやすい上に鑑定人の仕事の魅力も伝わってきます。また、その方の人柄も垣間見えるので経験談を聞くのを楽しみにしています。これから私もこのようなことを体験するのかと思うと胸が高鳴ります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人と違うことをしたいと思っていた
転勤がないことと、出張に行けること、そして何よりも仕事内容が入社の決め手になりました。私は就職活動を始まる前から既に若葉総合鑑定に入社しようと考えていました。
実は、学生時代にAiSPEC(アイスペック)という、学生目線から企業の抱える課題を解決するというプロジェクトに参加し、そのマッチングした企業が今の入社先だったのです。当時、社長や社員の方のお話を聞く機会が度々あり、若葉総合鑑定を知っていくにつれ鑑定人という職業に魅せられていった私は、気づくとプロジェクトの域を超え、就職を決意していました。
 
これまでのキャリア 鑑定事業部(現職)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社選びにあたって、自分が譲れないことを見つけてください。それが就職活動の軸になり、自然とどの企業に就職したいのかが決まります。

株式会社若葉総合鑑定の先輩社員

損害保険の鑑定業務

鑑定事業部2課
第十
神戸学院大学 法学部・法律学科

損害を第3者目線で鑑定すること

鑑定事業部
小寺
立命館大学 文学部西洋史学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる