株式会社Kamogawa
カモガワ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社Kamogawa

機械工具商社/メーカー型商社
  • 正社員
業種
商社(機械)
金属製品/その他製造/商社(電機・電子・半導体)/商社(自動車・輸送機器)
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

京都に本社を構える機械工具商社。
製造業に必要不可欠な『生産財の総合サプライヤー』として、アジアを中心に海外にも積極的に事業展開しています。
特に、研削工具・切削工具は長年にわたり販売ノウハウを蓄積。
そのノウハウを武器に、ものづくり研究所にて商社のマーケティング力を活かした自社ブランドの製品開発にも着手。
機械工具商社として類を見ない「メーカー型商社」として、オンリーワン企業を目指しています!

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「楽しく働こう」という社員ばかり!国内市場の拡大にも挑戦中!

社長自身が常に「挑戦」することで成長し、海外に積極的に展開してきた当社は、社員の挑戦を積極的に支援しています。社員からも「前例に無い挑戦を後押ししてくれた」、「やってみろと任された」と証言が続々。働きやすい環境・制度づくり、英語が苦手な若手の海外赴任、海外での事務所探しや現地スタッフ採用も含めた拠点立ち上げ、商品企画や自社製品ブランドの立ち上げ…みんなの「やってみたい」をバックアップ。「同じ仕事をするなら楽しくやろう」という社長のポリシーの下、みんなが本気で取り組み、事業も前進しています。そんな好循環が生まれる当社は、現在国内にも目を向け、事業を拡大中!国内外問わず、活躍の場が広がっています。

社風・風土

モノづくりに興味があれば文理不問!目標は入社後に見つかります

周りに誇れる、自慢できる仕事をするなら『モノづくり』。そう思って就活を始めたというのが、3年目の内井。商社でありながら自社でもオリジナル商品を製造し、育成環境も整っており、若手が海外にもどんどんチャレンジしている環境に、「ここでなら、自分も何かできるかも」と入社を希望しました。とはいえ、機械の知識はゼロ、切削工具って何?…といった状態、具体的な夢や目標が最初からあったわけではありません。就活中、そして入社後にイキイキと働く先輩の姿に、今では「こんな工具を作りたい」「海外工場の立ち上げに関わりたい」と思うように。挙手すれば、その挑戦意欲を後押ししてくれる。そんな風土だからこそ、人が育つのです。

魅力的な人材

入社3年未満でも続々海外で活躍。挑戦意欲を大切にしています!

kamogawaのベトナム現地法人の社長として、日本人8名を含む50名の組織の中心を担う中内はハノイ在住。文系出身の10年目で学生時代の海外留学経験から、ベトナムという地にこれからの可能性を感じたことをきっかけに、アジアに積極的に進出するモノづくり商社である当社に入社を希望しました。入社後半年間の機械メーカーでの技術研修を経て、2年目の夏には本人の希望を実現し、ベトナムに赴任。彼の活躍もあり、現在ではベトナムに4拠点、ミャンマーにも進出を果たしました。2017年入社の新入社員も、本人の希望で1年目の秋より赴任。一人ひとりの挑戦したい気持ちを最優先に、今後も拠点展開はもちろん、新規事業も意欲的に行っていきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■総合職(営業)
長いお付き合いのある既存の取引先へのルート営業に加え、
既製品では対応できない課題を解決すべく自社製品の提案も行います。
国内外での拠点の立ち上げや取引先開拓など、冒険心を刺激される仕事が待っています。

お客様は日本を代表する優良企業も多く、
若手でも、裁量は大きいです。
情熱をもって取り組めば、自分自身を大きく成長させる、
そんな仕事であると自負しています。

会社データ

事業内容 機械工具総合卸事業(製造現場で必要な全ての工作機械・生産財を供給)
PB事業(プライベートブランド製品【KAMOG】【ギヤマン】の企画・製造・販売)
リノベート事業(工具の再研磨、機械・装置のメンテナンスサービス※海外事業のみ)

★私たちはいち早く海外に進出し、次々とアジアに拠点を築いてきました。
現在では、中国、フィリピン、ベトナムの3エリアに10の拠点を構え、
2017年にはミャンマーにも進出。
「海外で新しいエリアを開拓することは最早得意分野」と自負しています。

★海外への市場拡大に努めてきた当社ですが、
近年注力しているのが、国内での売上拡大。
自社ブランドの「KAMOG(カモッグ)」の企画・販売をはじめ、
2016年に愛知や宮城、2017年には山口にも拠点を立ち上げ、
着々と新しい手を打ち続けています。
今後も海外での拡大に加え、国内においても同様に存在感を高めていきたいと思います。
設立 昭和24年12月21日
資本金 1000万円
従業員数 200名 (グループ合計)
90名 (単独ベース)
売上高 100億円 (2017年度、グループ合計)
65億円 (2017年度、単独ベース)
代表者 代表取締役社長 三上 敦
事業所 【国 内】   京都、宮城、愛知、滋賀、滋賀東、山口、鹿児島
【中 国】   広州 平湖   香港
【フィリピン】 ラグナ
【ベトナム】  ハノイ ホーチミン ダナン ハイフォン
【ミャンマー】 ヤンゴン
工場 ■ものづくり研究所(滋賀)

■ハノイ工場(ベトナム)
20代で所長を任された男に聞く 国内営業のおもしろさ 【愛知営業所 兼 滋賀東営業所所長 松宮健治より】
27歳のとき、営業所長を任されました。
しかも営業所の立ち上げから自分でやっていくという貴重な経験をさせてもらえました。
若くても本当に任せてくれる会社だと実感しています。

国内での営業の基本は、まずルート営業。
安定したたくさんの取引先がありますから、そのルートをしっかり温めることです。そして私の営業所で力を入れているのは、自社オリジナル製品の営業です。
こちらはルートに縛られず自由に営業できるんです。私たちが販売代理店として扱っている標準品だけでは、満足していないお客様に困っていることや現場での課題をお伺いして、それに適う製品を作っていく…これがおもしろいですね。
自分の企画が思考錯誤の末、製品になってお客様の課題を解決できるのですから、やっぱりうれしいですよ。
ご満足いただけると、別のお客様を紹介いただけたるケースも多いですね。

自動車などモノづくりの本場ともいえる愛知県でも、自社製品の評判は高く、近いうちに拠点も新設予定です。これから新たなお客様の悩みにたくさん応えていくことになりますから、入社される皆さんもおもしろい仕事ができるチャンスはたくさんあると思います。
はじめの海外進出秘話 初めての海外進出は中国。
英語も中国語もできない社長が自ら決断して、勇気をもって飛び込んで行きました。
まだ中国にモノを送ることすら一筋縄ではいかないような時代、思考錯誤を繰り返しながら、問題なく通関させるなどノウハウを構築していきました。
そして中国でのモノづくりに乗り出す企業が増える中、「ウチなら届けられます!」という私たちの言葉に喜ぶ企業が続出。先陣を切って挑戦したことで大きなアドバンテージを得ることに成功しました。

そんな社長の姿にあこがれた社員たちは、
「自分もやってみたい!」と後に追うように海外へ挑戦をはじめ、日本のモノづくり企業と足並みをあわせ、お供するように東南アジアなどにも積極的に乗り出して行ったのです。
海外拠点の立ち上げ方 ~ベトナム編~ 【専務執行役員・竹谷政利より】
●きっかけ
入社以来お付き合いのあったお客さんがベトナムに進出しました。連絡があって、「ちょっとベトナムに遊びに来いよ?」というんです。そこで現地をいろいろ案内されて、「こっちには、お前らみたいな動きをしてくれる企業がなくてさ…」と困っている様子でした。これはチャンスだ!と思いましたね。そこから上司や社長に相談してみた結果「ベトナムもやってみようか!」と決まったんです。すでに中国やフィリピンで海外進出のノウハウはありましたから、話は早かったですね。

●現地での動き
「どこに住もうか、車はどうする?ドライバーはどうする?あれ、そんなのどこで探せばいいの?」
そんな状態からスタートです。まずは人探しです。英語と日本語ができる人を探して雇うんです。日系の会計事務所などに相談に行ってみるといろいろ教えてくれましたね。そうしてだんだんと事務所を設置して、仕入先を確保しつつ、通関士を雇ったり、倉庫を準備したり…本当に自分たちで駆けずりまわって足場をつくっていくんです。本当に貴重な経験でしたね。今後も海外へは進出していきますから、冒険してみたい人はぜひ手を挙げて下さい!
海外からのメッセージ ~フィリピン編~ 【KAMOGAWA Laguna Phils.,Inc.社長 船窪崇裕より】
自ら志願して、フィリピンへ赴任。
現地法人として会社をまかされるというのは、さすがにプレッシャーがありましたが、それも自分自身を成長される心地よい刺激になっています。
そんな私ですが、英語は苦手でした。
中学や高校時代には「英語なんているのか!」と先生と議論したことがあるくらい(笑)。
それがフィリピンで事務所探し、立ち上げ準備、市場調査からはじめるような仕事をするなんて想像もできませんでしたね。
現在は、フィリピンに新たな現地法人を立ち上げて、さらに組織を大きく強化していくべく、勉強しながら、スタッフたちと企業理念を練り上げています。

kamogawaは、やる気のある人を応援し、自分もまた誰かを応援するというような社風です。
ここには二軍や補欠はいません。全員が一軍のスタメンという気持ちで働く会社です。
「会社がどうしてくれるか」ではなく「自分でどうしたいか、どうすべきか」と考えて、
行動をしていけば、きっと面白い仕事ができます。ぜひ一緒に大暴れしましょう。
「関西ものづくり新撰」に選定 経済産業省近畿経済産業局が主催する「関西ものづくり新撰」に当社の「超硬合金金型の直彫り磨きレス加工用ダイヤモンド電着工具」が選定されました。

この製品は、商社の域を超え、当社の営業ノウハウ+研究所でのハイレベルなものづくりから生まれた次世代の工具で、今までの業界の製造ルールを覆すような画期的な製品です。

普段の生活ではなかなか目にすることはありませんが、実は自動車やスマートフォンなど日常生活で欠かせない製品は、このような工具を使用して作られています。

連絡先

株式会社Kamogawa
担当:採用チーム
TEL:075-681-3741
〒601-8424 京都市南区西九条川原城町112

http://www.kamog.co.jp/
掲載開始:2018/03/01

株式会社Kamogawaに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社Kamogawaに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)