株式会社瀬戸内海放送
セトナイカイホウソウ
2024

株式会社瀬戸内海放送

KSB瀬戸内海放送
業種
放送
広告/通信/インターネット関連
本社
香川、岡山
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

KSB瀬戸内海放送は1969年の開局以来、人と関わりながら地域と共に成長してきました。地域のブランドメディアとして役に立つ情報や楽しいコンテンツを提供し、コミュニケーション文化を通して生活者の今を支援すると共に、メディアを活用したマーケティングソリューションを提供し、地域経済と文化の発展に貢献しています。私たちは「善いことの『ちから』に」を合言葉に、企業として、人として、さらなる高みを目指していきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

地域を元気にするKSBの取組

当社は「善いことの『ちから』に」という経営理念に則り、地域を元気にする取組みを行っています。日々のニュースを伝え地域の課題を視聴者と一緒に考えていく報道や、特定のテーマを深堀りするドキュメンタリー、企業やお店を紹介する制作番組等。取材する対象も、SDGsに取り組む企業や頑張る子供達、高校球児、飲食店や料理など、幅広い興味や深い関心に応えるコンテンツを作っています。中心はテレビですが、「自分で考える食の学校」といった対面イベントや自社で運営するニュースサイト「ほ・とせな」、「Park KSBアプリ」の配信、岡山・香川のテレビ局で初めてのSDGメディア・コンパクト加盟等、様々な形で地域の元気を応援しています。

施設・職場環境

私たちの「働き方」

私たちは2021年1月18日に高松本社を新築・移転しました。緑豊かな中庭に臨む開放的なエントランスホールには、ディジタルスタジオを設置し、まちの生活者やクリエイターとともに地域コンテンツを制作して発信します。また、至るところにコワーキングエリアを配置し、同時にフロア内のフリーアドレス化を進めることで、部門の垣根を越えてコラボレーションを促進し、歩きまわって人と交流することにより創造性を最大限引き出す環境を育みます。さらに、全部門において、クラウドシステムへの設備投資によるペーパーレス化、いつでもどこでも仕事ができるモバイルオフィス化を推進します。

技術力・開発力

バーチャルシステム等最先端設備による、コンテンツ制作能力向上

新しい社屋では放送設備も一新しました。ビデオゲームのテクノロジー(アンリアルエンジン)を高精細CGシステムとして応用したバーチャルスタジオを導入し、現実と見間違えるような映像で演出しています。夕方のニュース番組『News Park KSB』をはじめとした自社番組でバーチャルスタジオを使用し、季節に応じた背景等様々なアイディアに応じたCGで表現を豊かにしています。取材~編集~放送(+アーカイブ化)に至るプロセスにはファイルベースシステムという仕組を採用し、効率的に放送・管理できるようにしました。取材や編集を放送直前まで行うことができ、ニュースの速報性や記者の編集へのこだわりの反映等制作能力の向上に繋がっています。

会社データ

事業内容 岡山、香川をサービスエリアとする民間テレビ局(テレビ朝日系列)
設立 1967年11月
資本金 1億円
従業員数 役職員数 82名(2022年4月1日現在)
売上高 56億3253万円(2022年3月期)
代表者 代表取締役社長 加藤宏一郎
事業所 ■高松本社:高松市上之町2-1-43 ※琴電三条駅徒歩約5分
■岡山本社:岡山市北区大供3-1-18 KSB会館 ※JR岡山駅歩約15分
■東京支社:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー13F ※山手線有楽町駅歩約5分
■大阪支社:大阪市北区中之島-2-3-33大阪三井物産ビル13F ※地下鉄四つ橋線肥後橋駅歩約3分
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)