中島水産株式会社ナカジマスイサン

中島水産株式会社

築地 中島水産株式会社
業種 その他専門店・小売
商社(食料品)/水産/百貨店/食品
本社 東京

先輩社員にインタビュー

小売営業本部 店舗運営部1部1課
臼井 真悟(27歳)
【出身】東海大学  海洋学部 水産学科 生物生産学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 対面で調理・販売をしています。
対面という、お客様と相対して間近に接する売場を任されています。(トレーに載せパックされた商品を売るのではなく、市場や昔ながらの「さかなやさん」のイメージです。)
 その日に販売する丸の魚、切り身にする魚、皿盛りで売る海老などの、見せ方、レイアウトを考え、氷を敷き、ゼロから売場を作っていきます。
 たくさん売れたときは、嬉しいです。さらに、お客様に信頼して頂き、この店員に聞けば「まちがいない!」と思っていただき、おすすめの料理法などを紹介して、その料理を作っていただけたときは、なお嬉しいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
60キロのマグロを卸した!
中島水産の店舗では、生、解凍、天然、養殖、種類も様々なマグロを取り扱っていますが、60キロの一本モノのマグロがくることはそれほど頻繁にあるわけではありません。しかも値段も高いとなると、なかなか新人には任せてはもらえないです。
私自身、入社するまで魚のおろし方、ましては魚の骨の位置や身の付き方などまったく知りませんでした。そんな自分が、大きなマグロを卸せるようになったこと、卸させてもらったときはとても嬉しかった事を覚えています。
 この仕事に就いて、たくさんの魚や魚料理を知る事ができ、自分自身での技術で丸の魚から、料理としてお皿に盛るところまで出来るようになり、その魅力をお客様に伝えられることも、この仕事の魅力だと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 入社直後の不安が少なかったから。
私は、魚に携わる仕事に興味を持ちながらも、自分自身の魚についての知識や技術で入社しても社員として仕事ができるかと不安を持っていました。そんな中、中島水産の新入社員研修を知り、この会社ならば仕事に必要な知識、技術の基礎を見につけた上で、仕事を覚えていくことができるのではないかと入社を決めました。
また、消費者の身近なところで仕事がしたく小売を希望していましたが、中卸にも興味があり、小売事業の規模も大きく、卸部門を持つ会社だったことも理由です。
 
これまでのキャリア 溝ノ口店(2年6ヶ月) → 北千住店(現職)

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

インターンシップや説明会には積極的に参加してください。色々な企業を見た数だけ、発見があるはずです。そして、説明会だけではなく、採用担当者の話しと現場の状況が違うこともあるので、実際に働いている人の情報を集めてください。
 採用試験の際には、たとえ第一志望でなくても、しっかりと準備をしていくことも大切です。その準備自体もよい経験になると思います。

中島水産株式会社の先輩社員

店舗の責任者

小売営業本部 店舗運営2部2課
唐木 英輔
日本大学 生物資源学部

お取引先様への水産品の営業・販売。鮮魚から加工品まで売場全体の提案。

卸営業本部 豊洲営業部 豊洲営業課
飯島 裕信
東京経済大学 経営学部

店舗運営!

小売営業本部 店舗運営2部2課
西田 健太郎
北海道大学大学院 水産科学院 海洋応用生命科学専攻

店舗運営!

小売営業本部 2部2課
川村 洋佑
鹿児島大学 水産学部

水産中卸の売上げや営業管理等の事務仕事を担う縁の下の力持ち。

卸管理部 卸管理課
浦瀬 夫三朗
水産大学校 水産学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる