アールシーソリューション株式会社アールシーソリューション

アールシーソリューション株式会社

ソフトウエア/防災/減災/アプリ開発/コンサルティング/商品企画
業種 インターネット関連
ソフトウェア/情報処理/通信/安全・セキュリティ産業
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価10件~20件
  • 総合評価
  • 4.30 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 業界の理解 4.30

先輩社員にインタビュー

PREP開発部
田村
【出身】日本大学  危機管理学部 危機管理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 総合防災アプリ「PREP」をもっと使いやすくするための開発業務
入社後3ヶ月間行われた技術研修では、
パソコンの基礎から
Javaのシステムをチームで開発するところまで
一通り教わりました。
研修終了後は、OJTとして同期と一緒に
Javaを用いたandroid用のアプリ開発に挑戦。
ちなみに人生で初めてのアプリ開発でした。

現在はPREP開発部で
スマートフォン対応の防災アプリ「PREP」の
開発チームに所属し、不具合の改修を担当しています。

まだまだ分からないことばかりで
頭を抱えることもありますが、
先輩社員の丁寧な指導のもと
ひとつずつ問題をクリアしながら
経験値を積み上げています。

研修時から今にいたるまで
お世話になりっぱなしの先輩たちは
本当に心強い存在!
そんな環境のもとで
少しずつ目標を達成していける面白さに、
今は集中して取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
チームワークで乗り切る楽しさを学んだアプリコンテスト
技術研修終了後、
同期全員で取り組んだのが
コンテスト用のアプリ開発です。

京都の観光・交通の課題解決を図る
アプリコンテストのために、
企画から開発までチーム一丸となって挑戦。
アプリ開発未経験の仲間も多く、苦戦しましたが、
先輩たちの指導を受けながら何とか成功。
自分の成長を感じる良い機会になりましたし、
チームで開発することの楽しさも実感しました。

全員で頭をひねり、分担して行う作業は
楽しさも難しさも混在しています。
そして、それこそが
プログラミングの醍醐味であることを、
初心者の私も今は理解できます。

残念ながら入賞は逃しましたが
人生初のアプリ開発は、
今後の自分にとって得難い体験。
この楽しさを忘れず、これからも
開発経験を積んでいくつもりです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き スマートフォンアプリを通じて、人々の安心安全に寄与する会社
中学1年生の時に発生した
東日本大震災では、
海岸沿いにある学校の生徒たちが
数多く被災しました。

当時、私の通っていた学校も
海岸から徒歩数十秒の場所にあり、
直接被害はなかったものの、
防災というものを意識するきっかけに。
それはやがて
防災に関する仕事に就きたい
という気持ちに成長し、
危機管理学科へ進学を決めました。

防災にはハード(堤防建築、建物強化)と
ソフト(防災計画、指導)の対策があります。
しかし、ハードの対策はコスト的に難易度高め。
そこで私はソフトの対策に関連する企業を探し、
当社と出会いました。

スマートフォン用アプリは、
小学生でも日常的に使えます。
防災は教育。社会貢献度の高い
有意義な事業に携わることは、
とても誇らしいことですね。
 
これまでのキャリア 2020年4月新卒入社

外部研修

PREP開発部所属

この仕事のポイント

職種系統 プログラマー
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「就活に焦りは禁物!」
周囲と自分を比べて
焦りまくっていた私としては、
ぜひとも伝えておきたい言葉です。

内定をもらった友人を見て焦り、
焦るあまり面接ではさらに緊張し、
話したいことがほとんど話せなかった私。
今考えると、本当に意味のないことでした。

就職活動はあくまで自分のキャリアを
スタートさせる第一歩。
周りと歩調を合わせる必要はありません。
「未来の自分」をイメージして向かっていく
そんな活動をオススメします!

アールシーソリューション株式会社の先輩社員

自社の技術・サービスをもとに、今後どう社会に貢献できるか検討

事業推進室
大本
東海大学 文学部 歴史学科

従来のアプリを大幅にリニューアル!総合防災アプリの開発

PREP開発部
小原
日本大学 危機管理学部 危機管理学科

被災者を減らし、災害時の混乱や渋滞を防ぐための仕組みづくり。

技術一部
佐々木
茨城大学 理学部 理学科

入社3ヶ月目に、自社の災害情報通知アプリのアンドロイド担当!

技術一部
鈴木
東京家政大学 家政学部環境教育学科

何十万人の命を守る。自治体公式の防災アプリの改修業務。

技術二部
水戸
東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科

開発以外にも展示会対応、プロジェクト管理など、成長の機会がたくさん。

技術部
田代
愛知県立大学 日本文化学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる