北海道放送株式会社ホッカイドウホウソウ
業種 放送
通信/広告
本社 北海道
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

コンテンツ制作センター スポーツ部
熊谷 遥楓
【出身】スポーツ科学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 北海道内の様々なスポーツ情報を全国に発信すること
スポーツディレクターとして北海道内の様々なスポーツを取材しています。
平日は、夕方ワイド番組内のスポーツニュースの構成や特集、時には特番を作ることも。     また、野球をメインにゴルフやサッカーなどのスポーツ中継も数多く担当しています。
私たちは、いつ何が起こるかわからないスポーツならではのドキドキとワクワクに日々直面しています。
それを視聴者にも感じてもらえるよう、カタチにして伝えるのが私たちの仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
世界を目指す選手の力になれた
五輪を目指す,道内にゆかりのあるアスリートの特集を企画をしたときのことです。
インタビューや練習の姿から、厳しい道のりを歩み、たくさんの試練を乗り越えてきたこと、さらなる高みを目指すアスリートの熱い想いに触れ、強く惹かれました。
そして自然と「この人を知ってもらいたい・応援してもらいたい」という気持ちが芽生えました。
十数時間の取材で感じた全てを、短時間の放送で伝えることはとても難しいことですが、アスリートに負けないくらい私なりの熱い想いを乗せて道内に発信しました。
放送後、視聴者からの反応はもちろんですが、取材対象のアスリートから「ありがとう、これからももっと頑張る!」と言われたとき私の想いを全力で視聴者に届けることで、微力ながら力になれたことをすごく嬉しく思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き やりたいことをできる!と思った
まず、地元である北海道で就職したいという気持ちが強かったです。
また、生まれて18年過ごした北海道を、もっと知りたい、みんなにも知ってほしいという思いから「伝える」仕事をしたかったです。
そしてスポーツに携わりたい、スポーツの魅力を伝えたいという思いで道内放送局を志望していました。
年間の野球中継の回数の多さや、ワイドニュース番組内の他にもスポーツ番組があることなど、スポーツ志望の私にとって、とても魅力的な会社でした。
 
これまでのキャリア コンテンツ制作センター・スポーツ部(2018入社)

この仕事のポイント

職種系統 記者・ライター
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「スポーツ部でスポーツの魅力を伝えたいです」
採用過程から配属が決まるまでずっと言い続けてきました。
ついついあれもこれもと、考えてしまうと思いますが、自分が何をやりたいか、これがすべてだと思います。
焦らずじっくりやりたいことに向かって突き進んでください!

北海道放送株式会社の先輩社員

おしゃべりモンスター発動!

オーディオビジネス局営業部
平 祥江
教育学部

\高視聴率御礼!/道民の注目をHBCに集めます!!

メディア戦略局 編成部
澤田 紗季
文学部

現場から生放送でお伝えします!同じ現場は二度とないからこそ面白い!

メディア戦略局アナウンス部
堀内 大輝
理工学部

アナウンサー。夕方のワイド番組やバラエティ、ニュース読みなど

メディア戦略局アナウンス部
森田 絹子
文学部

HBCの放送を電波という形で全道の視聴者に届ける仕事!

メディアテクノロジー局 技術部
村上 瑛心
大学院 情報科学研究科

道内を巡り、人と出会い、いただいた情報を道内外に責任を持って届ける仕事

報道部
泉 優紀子
大学院(教育学)

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる