アジレント・テクノロジー株式会社アジレントテクノロジー
業種 精密機器
医療機器/化学
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

営業部
篠原 亘
【出身】慶應義塾大学大学院  基礎理工学専攻 生命システム情報 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 主に製薬企業を対象とした分析機器の営業を行っています
新薬の研究開発、薬局に並ぶ医薬品の製造・品質管理、どれを挙げても分析機器の存在は欠かせません。そうしたお客様へ仕事の効率化につながるような分析機器の提案を行っています。分析化学の知識や自社製品のアピールポイントを押さえるのはもちろんのことですが、千差万別であるお客様のニーズを把握し、適切な提案をしていくことが難しさであり、やりがいでもあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
競合他社との闘いの日々、受注した時の喜びは格別です
例えば電化製品を買う時でも、様々なメーカーの製品がある中で迷わずに購入することは難しいと思います。分析機器でもそれは同じです。ある商談では、装置が持つ機能や分析結果を気に入っていただいていた一方で、ソフトウェアに関しては競合他社のものが使い易いという意見をもらいました。どんなに良い結果が出る装置だとしても日常的に触れるソフトウェアに不満があるというのは、購入をためらう枷となりえます。こうしたイメージを払拭すべく、デモンストレーションやソフトウェアに触っていただく機会を幾度か設け、結果として運用には問題ないと納得していただくことができました。魅力的な機能・使い易いインターフェイス・価格などお客様が着目しているポイントを把握し、いかに心を掴むかを日々模索しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 分析業界の最先端に携わることができます
学生時代には''論文紹介''という研究室の行事があり、常に自身の研究分野の最先端を探っていました。様々な論文に触れる中で、分析機器というものがいかに欠かせない存在であるか実感するようになりました。正直なところ、学生時代にはアジレントのことはほとんど知りませんでしたが、他の分析機器メーカーにも訪問する中で、'ワールドワイドな取り組みがある'、'国内での開発も盛んに行われている'、'自身の活動に対する成果が見えやすい'、このような社風が会社を決めるポイントになりました。
 
これまでのキャリア アプリケーションエンジニア(1年半) → 第二営業部(現職 1年目)

この仕事のポイント

職種系統 技術営業・システム営業
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私もそうでしたが、このページをご覧にらなれている方の中には、修士や博士課程の方も多いかと思います。自身の研究と就職活動を両立するのはなかなか難しいと思いますが、良くも悪くも全ては自分自身に返ってきます。時には多少無理をしてでも活動しておくことで、後悔のない就職活動にしていただければと思います。

アジレント・テクノロジー株式会社の先輩社員

ガスクロマトグラフ、ガスクロマトグラフ質量分析計のアプリケーション開発

クロマトグラフィー・質量分析営業部門
太田瀬 亮
新潟大学大学院 自然科学研究科

世界最先端の装置(ICP-MS)の研究・開発

事業本部 技術部
岡本 悠
京都大学大学院 エネルギー科学研究科 エネルギー基礎科学専攻

お客様先での装置の修理・据付・点検など

カストマサービス本部
匿名
京都大学大学院 農学部・資源生物科学科

製薬企業向けの分析機器営業

分析機器営業統括部門
飯室 龍之介
横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科 物質システム科学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる