アジレント・テクノロジー株式会社アジレントテクノロジー
業種 精密機器
医療機器/化学
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

事業本部 技術部
岡本 悠
【出身】京都大学大学院  エネルギー科学研究科 エネルギー基礎科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 世界最先端の装置(ICP-MS)の研究・開発
一兆分の一(ppt)のレベルまで測定でき、他元素同時測定が行える分析装置、ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析装置)の研究開発を行っています。この分野はAgilentが世界トップシェアであり、世界をリードしています。トップシェアであるということは、真似できる技術が同じ分野の競合他社から得にくいということでもあります。この点において、ICP-OES, AA, GC(MS), LC(MS)などの分析装置や真空機器を世界中にある他の事業部が開発していることは非常に大きな利点です。色々な事業部と連携しながら、お客様が更に喜んでもらえるような開発を行えることが魅力です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
優秀なエンジニアと世界最先端の装置を開発できる
大学院では化学寄りの研究をしていましたが、今は機械系のエンジニアとして働いています。入社時は機械系の知識、開発対象のICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析装置)についての知識が乏しかったのですが、すぐに試作品の設計を任されました。周りのエンジニアの方々の知恵・知識を何度も拝借しながらなんとか設計を終えることができ、優秀な先輩社員と一緒に働けることにまず感謝しました。試作品を装置に組み込む時にも苦労は絶えませんでしたが、最終的に装置が動いて、今までにない性能が確認できたときは非常に嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き インターンシップで"ここ"で働くことのイメージができた
インターンシップでは、自分が就職したときに実際に一緒に働くことになるチームで作業をしました。仕事の進め方、勤務時間など、自主性を重んじる風土を感じ、自分が"ここ"で働くことを明確にイメージできたことが入社の決め手です。この意味においては、入社するまでどこで何をするか分からない総合職でなく、職種別採用であったことが私に合っていたのだと思います。
また、能力・実力が認められれば入社年次(年齢)に関わらず仕事を任せてもらえます。ここが仕事を頑張るモチベーションに繋がっていると感じます。
 
これまでのキャリア ICP-MSの研究開発(現職・3年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

採用選考の際には、「会社が自分を選考している」のと同時に、「自分が会社を選考している」という意識を持っていると良いと思います。
このように考えると、どんな情報を自分が欲しているのか明確になり、変に緊張しないで選考に望むことができるはずです。

アジレント・テクノロジー株式会社の先輩社員

ガスクロマトグラフ、ガスクロマトグラフ質量分析計のアプリケーション開発

クロマトグラフィー・質量分析営業部門
太田瀬 亮
新潟大学大学院 自然科学研究科

お客様先での装置の修理・据付・点検など

カストマサービス本部
匿名
京都大学大学院 農学部・資源生物科学科

主に製薬企業を対象とした分析機器の営業を行っています

営業部
篠原 亘
慶應義塾大学大学院 基礎理工学専攻 生命システム情報

製薬企業向けの分析機器営業

分析機器営業統括部門
飯室 龍之介
横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科 物質システム科学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる