株式会社ゼンショーホールディングスゼンショーホールディングス

株式会社ゼンショーホールディングス

食品/海外/商社/メーカー/物流/外食/小売/流通/建設
  • 株式公開
業種 外食・レストラン・フードサービス
スーパー・ストア/福祉・介護/食品/ソフトウェア
本社 東京
リクナビ限定情報

先輩社員にインタビュー

(株)日本ダイニングホールディングス(社長) ※取材当時
浅沼 幹典
【出身】専修大学  経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 世界一のチェーンストア事業と経営者を生み出す
(株)日本ダイニングホールディングスの代表取締役社長として、ゼンショーホールディングスのインキュベーション機能を果たすという役割を担っています。ゼンショーの新規事業の強さは出店力と改善力です。改善しながら力を付け200店舗を超える新しいチェーンストアを世の中に作り出していくことです。出店戦略、店舗レイアウト、商品オペレーションに至るすべてを企画しフォーマット化して、自立できるような仕組み作りや運営を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
人が育つ土壌作りにやりがいを感じる
会社として望ましいのは、全従業員がいきいきと働き達成感を味わえることです。会社は人が育つ土壌ですので、その土壌作りにやりがいを感じています。そのためには色々な角度からボトムアップし仕組みの改善を行います。従業員がいきいきと笑顔で働いているのを見ると、嬉しくなりますね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 若手も活躍するチャンスがある
学生時代に水泳部で部長を務めており人をまとめることの難しさと面白さを学びました。ゼンショーの会社説明会で若手社員が堂々と話をしているのを見て、若手でも責任のある仕事を任され自分の力を発揮するチャンスがある会社なんだと感じました。そして、世界から飢餓と貧困を撲滅するという企業理念を聞き、こんなに魅力的な会社はないと感じ、この会社で自分を成長させたいと思いました。
 
これまでのキャリア 東京すき家→GMフーズ→グローバル推進事業部→日本ダイニングホールディングス社長

この仕事のポイント

仕事で身につくもの 経営ノウハウが身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まずは自己分析をして、自分の才能は何か、得意・不得意は何なのか知ることが大事です。そこで分析した自分の才能を世の中のためにどう活かしたいのかを考え、それを実現できる企業を選んで欲しいと思います。それがゼンショーであるならば嬉しいです!

株式会社ゼンショーホールディングスの先輩社員

海外すき家を通じて日本の食文化を広め、挑戦し続けたい

Zensho USA Corporation
Michael Fiedziuszko
テンプル大学 経済学部

ゼンショーを世界一の会社にする

ZENSHO FOOD DE MEXICO S.A. DE C.V. ※取材当時
松浦 真
札幌大学 経営学部

海外すき家で和食の魅力を世界に広めたい

グローバル事業推進本部
Daniar Wulansari
近畿大学 農学部 食品栄養学科

すべての成果は、アルバイトの方達を通じて実現するもの。

神奈川すき家 神奈川営業部
猪俣 大嗣
大東文化大学 法学部

限界に挑戦し続けることで自分が成長し、自分が成長すれば会社が成長する。

中京営業部 愛知ディストリクト 豊田ブロック
森 奏子
桜美林大学 リベラルアーツ学群 国際関係専攻

どこで働くかではなく、そこで自分が何をするか。すべては自分次第。

ND戦略室 カフェ企画課 ※取材当時
北川 大介
神田外語大学 外国語学部

先輩社員をすべて見る
リクナビ限定情報

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる