アールシーソリューション株式会社アールシーソリューション

アールシーソリューション株式会社

ソフトウエア/防災/減災/アプリ開発/コンサルティング/商品企画
業種 インターネット関連
ソフトウェア/情報処理/通信/安全・セキュリティ産業
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価10件~20件
  • 総合評価
  • 4.33 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 仕事内容の理解 4.25

先輩社員にインタビュー

技術一部
佐々木
【出身】茨城大学  理学部 理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 被災者を減らし、災害時の混乱や渋滞を防ぐための仕組みづくり。
入社後は研修を経て、いくつかの
開発・改修業務を経験しました。
現在、取り組んでいるのは災害時に“適切な行動”を
“適切なタイミングで伝える”という仕組みづくりです。

たとえば、地震の場合、
的確な判断を下すためには
・どこの避難所に、どのルートで向かうべきか
・危険を避けるため、どのような行動をとるべきか
など適切な情報が必要です。

私達が目指しているのはこれらの情報を
タイミングよく伝えていくこと。
街中で災害に遭った場合でも
デジタルサイネージやスマートフォン、
車のカーナビなど様々なデバイスを利用して
情報を発信できる仕組みづくりに取り組んでいます。

仕事を通じて被災者の数を抑えたり
災害時の混乱や渋滞を防ぐことができる、
そう思うとやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
台風19号の災害情報を、従来の10倍近くの訪日外国人に伝達できた。
訪日外国人向けに災害情報を発信する場合、
従来は気象庁から発表された情報を翻訳して
それをツイッターアカウントに
手動で投稿しなければなりませんでした。
私が研修終了後に初めて携わったのは
これを自動投稿するシステムの開発です。

基本、一人での開発ということもあり
最初は不安でしたが、先輩も傍について
分からない時はフォローしてくれます。
研修で教わった通り進めたところ大きなトラブルもなく、
2ヶ月ほどで完成することができました。

実装してすぐ、2019年10月に台風19号が襲来。
首都圏を中心に大きな被害がありましたが、その前後で
ツイッターのアカウントのフォロワー数が10倍近くに増えました。
正確な情報を速やかに届けることができ、
大きな達成感とやりがいを覚えました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 私が調べた限り、“防災”では唯一の“IT企業”だった。
東日本大震災の影響もあって
高校時代から防災に興味を持ち、
防災士の資格を取得。
大学では防災に関連した講義を選択し、
就活においても“防災”を軸として
活動することにしました。

“防災”にはダム、堤防、橋など
大型建築物による“ハードの防災”と
災害に前後して災害情報や避難行動などを
発信していく “ソフトの防災”の2つがあります。
就活サイトで検索して見つかるのは
もっぱら“ハードの防災”ばかりでしたが
私はそれだけでは限界があり
影響力も限られていると感じていました。

そんな時、偶然、目にとまったのが
災害情報を伝達するアプリ開発など
“ソフトの防災”に取り組むこの会社です。
この会社なら、やりたいことができる!
直感的に確信し、内定をもらったその場で
入社を即答しました。
 
これまでのキャリア 2019年4月新卒入社

外部研修

技術部所属

この仕事のポイント

職種系統 プログラマー
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

少しでも気になる企業があったら、
できるだけ説明会に参加してみましょう。
就活サイトには載せきれない
会社の魅力も伝わってきますし、
仮に“思っていたのと違う…”と感じたとしても、
それが次の判断材料になるはずです。

私も最初はピンとくる企業に
巡り合うことができませんでした。
でもその後、今の会社の説明会に行った時
“この会社に呼ばれている気がする!”
と直感できたのは、それまで
“思っていたのと違う”を繰り返した成果だと思います。

アールシーソリューション株式会社の先輩社員

入社3ヶ月目に、自社の災害情報通知アプリのアンドロイド担当!

技術一部
鈴木
東京家政大学 家政学部環境教育学科

何十万人の命を守る。自治体公式の防災アプリの改修業務。

技術二部
水戸
東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科

開発以外にも展示会対応、プロジェクト管理など、成長の機会がたくさん。

技術部
田代
愛知県立大学 日本文化学部

訪日外国人旅行者のための災害情報通知アプリの開発・改修。

技術部

日本大学 生産工学部 電気電子工学科

入社1年目にして、災害時対応アプリの開発・デザインを担当

技術部
渡邉
日本女子大学 人間社会学部・心理学科

入社してから、3つもプロジェクトに参加させてもらいました。

技術部
持田
神田外語大学 外国語学部 イベロアメリカ言語学科 スペイン語専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる