株式会社colyコリー

株式会社coly

「ドラッグ王子とマトリ姫」・「スタンドマイヒーローズ」ほか
業種 ゲームソフト
インターネット関連
本社 東京

先輩社員にインタビュー

ゲームディレクター I
【出身】富山大学  人間発達科学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ゲームの遊び心地を作ります
所謂ゲームデザインの仕事をしています。特に私は、レベルデザインと呼ばれる難易度調整の作業やユーザーインターフェースの仕様作成等をよく担当します。私たちははストーリーやイラストといったコンテンツの制作に直接携わるのではなく、これらのコンテンツをユーザーにより面白く・気持ちよく楽しんでもらえるようにプレイ環境を調整する仕事です。コンテンツの価値をただプラスアルファする役目ということではなく、コンテンツを活かすも無駄にするも私達の采配による責任重大な役目といえます。例えばレベルデザインがうまく行っていないと、攻略が簡単すぎて、ユーザーが早くに飽きてしまったり、難しすぎて途中で投げてしまったりという事になりかねません。コンテンツ自体の面白さを多くのユーザーのもとに届けるために、大切な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ユーザーの声が仕事の評価
ユーザーから嬉しい反応を頂けた時には大きな達成感を感じます。特に、長いプロジェクトで開発したものが配信を迎え好評の時はひとしおです! 私たちは配信するその日までユーザーの意見を知ることができません。開発が長期にわたると、途中でふと、これは本当に面白いものなのだろうか……と不安になることもあります。しかし、最後に 今回のイベントは面白い! この新機能、ありがたい! と言ってもらえた時は本当に気持ちがよく、報われたような気持ちになり、やりがいを感じます。コンテンツ産業全般に言えることでもありますが、ユーザーの声が仕事の評価となるということは、ある意味公平な評価・間違いのない評価を頂けているということですので、実力主義な風土でやっていくのが好きな人にはオススメです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き プロになれるから
正直なところ、ゲームデザインのプロフェッショナルになれるのであれば、特定の会社であることや特定のゲームジャンルであることなどは全く問いませんでした。上京して転職サイトに登録しゲーム業界の門戸を叩いていた所、colyとたまたま縁があり入社しました。私はかつてアマチュア活動で同人音楽制作や同人ゲーム制作活動などを行っていたのですが、自分が一番良いと思う作品を発信するというアーティスト的思考を脱し、より多くの人がイイと思う作品を発信するプロフェッショナル的思考に移行したいと考えていました。理由は、後者の方が社会福祉的であるから、また生計を立てることができるからです。入社後、colyではこの志を存分に達成することができました。今ではこの会社を選んで本当に良かったと思っています。
 
これまでのキャリア 入社→ゲーム事業部 ゲームディレクター

この仕事のポイント

仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

コミュニケーション能力をはじめ社会人としての一般的な能力を身につけることも大切ですが、クリエイターは誰しも最大の強みは制作スキルであるべきだと私は考えます。多少ガツガツした態度になってもOKだと思います。自分のものづくりに対するこだわりはこんなに強いんだぞ、何々に関しては誰にも負けないスキルを持っているぞ、と自慢するくらいの気持ちで就職活動に望まれるとよいと思います。

株式会社colyの先輩社員

サーバー・インフラを構築・管理し、サービスを支える仕事

ゲーム事業部
サーバー エンジニアY
横浜国立大学 教育人間科学部 マルチメディア文化課程

文字のお仕事だけじゃないんです

ゲーム事業部
シナリオディレクター N
明治大学 文学部

アプリゲームの機能実装

ゲーム事業部
フロントエンジニアY
東京工芸大学 芸術学部ゲーム学科

アイデア出し

ゲーム事業部
アートディレクター O
大阪芸術大学 キャラクター造形学科ゲームコース

採用から採用後まで

管理部
人事 A
明治大学 文学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる