ロンタイ株式会社
ロンタイ
2021

ロンタイ株式会社

緑化資材メーカー
業種
建材・エクステリア
農林/建設/その他製造/商社(建材・エクステリア)
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

私たちロンタイ株式会社は、「自然の植生を再生し、緑豊かな地球環境と人々の暮らしを守る」ことを事業テーマに掲げ、
独創性に優れた数々の緑化資材を開発、製造、販売しているメーカーです。
60年にわたって培った技術やノウハウを基に、のり面(斜面)緑化を通して緑のある風景を未来へとつなぎ、
人々の暮らしや社会の安全に貢献しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

人を守る緑で社会に貢献しています!!

人々の暮らしをより快適にするため、様々な場所で日々行われている開発事業。私たちロンタイ株式会社は、設立から今日までその開発と環境保全の間をつなぎ、緑化事業を通して人々の暮らしに大きく貢献して参りました。ロンタイの製品は、のり面を保護し、失われた緑を取り戻すための植生シートや植生マットなどの緑化資材。気候や地形、地質の異なる日本全国の自然環境に向き合い、その環境に最適な製品や技術を提供しています。緑化一筋で今年62年目。「人を守る緑」の創造にむけて、さらなる進化を続けています。

仕事内容

環境保全や防災のため、現場に密着した緑化事業!!

業種としては緑化資材メーカーにあたるロンタイですが、製品の開発や製造だけでなく、現場調査や工事も担当しています。同じ日本でも地質、地形、気候、周辺環境などは地域によって様々。それぞれの現場に最適な製品を提案し、確実にのり面を緑化するには、緑化の第一線である現場に密着した入念な調査が欠かせません。お客様や現場の細かなニーズを汲み取り、地域の環境保全や防災につなげるため、開発や製造、営業など様々な部門が一丸となって取り組んでいます。

技術力・開発力

確かな技術力を武器に、より良い製品を!!

ロンタイのメーカーとしての強みは、製品を作るための製造機も自社で開発、製作していること。機械専門の部署があり、製造機の設計から製作、改良、メンテナンスや安全教育を行っています。緑化資材のメーカーでありながら、機械メーカーでもあるロンタイ。というのも、創業時は元々鉄工所が始まりで、機械づくりに関する多くの技術や設備、経験を備えているからなのです。そして、61年にわたって日本の自然環境とまっすぐに向き合ってきたことによる知識とノウハウ。これらが組み合わさってできた確かな技術力を武器に、緑化のパイオニアとしてこれからもより良い製品を作り続けていきます。

会社データ

事業内容 土木用緑化資材の製造販売及び緑化工事
設立 1957年

※61年間連続黒字経営並びに、無借金経営です。
資本金 6300万円
従業員数 123名(男性83名:女性40名)
売上高 32億円(2018年8月期)
代表者 代表取締役 中川 太郎
事業所 本社:大阪府守口市金田町3丁目1-11

支店:札幌、仙台、関東、静岡、大阪、広島、福岡
営業所:白浜、四国、鹿児島
工場:仙台、静岡、本社(大阪)、白浜、広島、福岡
関連会社 タロックス株式会社
アイリス株式会社
大連龍太緑化工程有限公司
緑化資材とは? ロンタイの事業のキーワードである「緑化資材」。
これを聞いてピンとくる方は、もしかするとあまりいらっしゃらないかもしれません。

しかし、普段の生活で何気なく目にされている風景の中に、
ロンタイの製品が隠れている、と言ったら驚かれるでしょうか。
ロンタイの手がける製品は、多彩な植物を繁殖させるための植生シート、植生マットなど。
道路や建物などの造成時に出現する露出した土の斜面(のり面)に、
植生シートで「緑のじゅうたん」を作って保護することで、環境保全に貢献しています。

ですが、草木が成長すると、ロンタイの製品は隠れて見えなくなってしまいます。
人々に気付かれないところで、しっかりと自然環境を守っている、
まさに「縁の下の力持ち」なのです。
それは、人を守る緑。 植物によるのり面保護は、環境保全だけでなく、防災面でも大きく貢献しています。
土が露出したのり面をそのままにしておくと、豪雨等で土砂災害や地滑りなどの災害を引き起こしかねません。

そこで、のり面を早期に緑化することで、植物の根が地面を掴んで地盤を守り、
植物の葉が風雨の侵食を防いで、災害の発生を防ぎます。
また、植物が育つ環境が整うと、周辺から飛来した植物がそのまま定着し、
元の地域環境により近いものに戻すことができるのです。

人々の暮らしの安全を、防災や環境など様々な側面から守る・・・
ロンタイは「人を守る緑」で社会に貢献しています。
沿革 1957年11月
中川太郎が鉄工業を法人化(株式会社中川万能社)

1963年 9月
緑化資材製品の製造に着手

1968年 2月
ロンタイ株式会社に改称

1969年
「ロンタイ」を発売

1970年
「ロンケットワラ」を発売

1973年 2月
仙台工場を建設(全国ネットの工場拠点作りの第1号)

1978年 3月
福岡工場を建設

1980年 4月
九州ロンタイ株式会社を設立(九州中国地区の工事会社)

1981年 1月
広島工場を建設

1981年
「グリーンバッグ」を発売

1983年 9月
和歌山県白浜に保養所研修所「白浜ビラ」を開設

1987年 9月
「ロンケットエース」を発売

1988年 7月
福岡ビルを建設

1989年 9月
「肥料袋付き製品」を発売

1990年 4月
四国ロンタイ株式会社を設立(四国近畿中部の工事会社)

1991年 9月
タロックス株式会社を設立(仕入れ貿易会社)

1993年 2月
本社ビルを建設

1993年 7月
奈良工場を建設

1994年 10月
ロンテックス株式会社を設立(現 静岡工場)

1995年 3月
広島ビルを建設

1996年 10月
「ダブルロンケットアナコンダ」を発売
「ロンケットデアグリーン」を発売

1997年 2月
静岡ビル及び工場を建設

1998年10月
鹿児島ビルを建設

2000年 7月
「ロンケットオーガ」を発売

2001年 6月
ISO 9001 品質マネジメントシステムの認証取得

2001年 9月
「シロクマット」を発売

2004年11月
中国大連に現地法人「大連龍太緑化工程有限公司」を設立

2005年 5月
仙台に製品用の試験堤を造成

2009年 7月
中国瓦房店に現地法人「龍太(瓦房店)生態環境緑化有限公司」を設立

2011年 4月
賃貸マンション「タロックス新居浜」建設

2011年 7月
「キルケット」を発売

2013年 10月
「ロンケットDX」を発売

2014年 5月
白浜工場を稼働

2015年 4月
九州ロンタイ株式会社からアイリス株式会社へ社名変更

2018年2月
関東支店を開設
会社HP https://www.rontai.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)