社会福祉法人 印旛福祉会
インバフクシカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

社会福祉法人 印旛福祉会

障がい者福祉施設・就労支援/いんば学舎 他
  • OpenES
  • 正社員
業種
福祉・介護
教育関連/外食・レストラン・フードサービス/商社(食料品)/農林
本社
千葉

先輩社員にインタビュー

いんば学舎・松虫/穀物班
小松原 直高
【出身】法政大学  経営学部 経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 落花生の栽培からイベントの企画、送迎までを担当しています。
穀物班の運営を任せてもらっているので、
10名のメンバーと一緒に落花生や大豆の栽培から、お菓子作りを担当。
旅行や収穫祭などのイベントの企画運営や、
送迎用の車輌の整備や送迎代行の管理も大切な仕事のひとつです。

イベントなら“ただ単純に楽しければ良いのか”という視点を持ちながら、
メンバーの日中活動を豊かにするための企画を心掛けています。
また、メンバーの表情や身体の動き、靴底の汚れ具合から、
その人の体調をチェックしたり、
落花生などの栽培が利益を生むかどうかも考えていますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
毅然とした態度で臨むことも。
親御さんが亡くなり、
生活する上で様々な困難が生じているメンバーの生活をサポートすることは
心を砕きがちですが、時には毅然とした態度で臨むことも必要不可欠なことです。
そんな振る舞いが結果として、
本人やご家族から感謝の言葉となることもあります。

人の役に立つというのはとても難しいことですが、
福祉の仕事には醍醐味と喜びが常にありますよ。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 対等な立場で向き合えること。
農作業を中心に自然と向き合い、
障がいのある方と対等な立場でお互いを認め合い、生活を営む。
という理念に共感し、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 入社後、手織り班に所属。
2013年4月から現在の穀物班に異動。
2014年4月に主任になり、穀物班の運営を担っています。

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

障がいを持つ方々と真摯に向き合い、
関係を作り上げていく中で得られる喜びや充実感は
言葉では形容できないほどのものがあります。

障害福祉に抵抗のある人は少なくないと思いますが、
人間として大きく成長できる仕事であることは間違いありませんよ。

社会福祉法人 印旛福祉会の先輩社員

じっくり時間をかけ、季節を感じられる器を。

いんば学舎・草深/陶芸班
内田 紫苑

季節の野菜を一緒に育てることも支援の一つ。

いんば学舎・草深/トマト班
藤本 郁奈

土づくりから収穫まで携わり、農業を通して支援しています。

いんば学舎・松虫/穀物班
石川 聖眞

いろんな体験を通し、成長を支えています。

いんば学舎・岩戸/児童発達支援センター安食
和田 真里奈

嫌いだったバッタも、平気になりました。

いんば学舎・松虫/農耕班
伊藤 雄介

掲載開始:2018/03/01

社会福祉法人 印旛福祉会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人 印旛福祉会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校ランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になる気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 プレエントリー
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)