社会福祉法人 印旛福祉会
インバフクシカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

社会福祉法人 印旛福祉会

障がい者福祉施設・就労支援/いんば学舎 他
  • OpenES
  • 正社員
業種
福祉・介護
教育関連/外食・レストラン・フードサービス/商社(食料品)/農林
本社
千葉
残り採用予定数
6名(更新日:2018/06/22)

先輩社員にインタビュー

いんば学舎・草深/陶芸班
内田 紫苑(23歳)
【出身】東北芸術工科大学  芸術学部 美術科 日本画コース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 じっくり時間をかけ、季節を感じられる器を。
陶芸班でメンバーと一緒に陶芸作品をつくっています。
メンバーさんは8名で、だいたい4~5名で作業を進めており、粘土を均一な厚さに伸ばしてもらった後に切り取る「タタラ」という方法や、その他にもさまざまな手法を使って作品を手掛けています。

作業中はメンバーさんを見て、今日どうだったかを記録するのも仕事の一つです。

乾燥から焼き上がりまで1ヶ月くらいかかるので、常にワンシーズン先の器を作っており、12月には桜の柄を作り始めたり、冬の終わり頃には夏物を作っています。

作品ができあがったら併設されている「森のアトリエ」に持って行ったり、搬入先がいくつかあるのでそこに持っていったり。週末にショッピングモールで開催される「学舎展」というイベントがあるので出品したりと、コツコツと販売活動をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
一人ひとりの個性を感じられる、自分の個性も活かせる。
メンバーさんのできることを活かした作品が作れた時は、本当に嬉しくて、できあがった作品をずっと眺めていますね。

それぞれ動き方に得意・不得意があって、上下の動きが得意な方には粘土をちぎって重ねて叩いて、重ねた粘土を犬の毛に見たてた作品を作りました。
絵を描くのが好きな子には、葉っぱや魚の絵をお皿のふちに描いてもらって、顔を作ってもらって器に張り付けてみたり、手先の器用な方には、桜の花びらだけを塗ってもらったり・・・

その人が作った作品っていうのものができた時が一番うれしいです。

陶芸は初めてでまだまだ勉強不足。
たまに「ああ、こうなっちゃったか」という作品を焼き上げてしまうこともあるので、毎日修行ですが、自由に作品が作れる面白さを感じることができています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ここを選んだのは直観。でも、その直観は間違っていませんでした。
障がいのある方と仕事をしようと思ったのは、障がい者の方の美術を見るのがすごく好きだったからです。

独特の線とか色使いとか、絵を見るとその人の世界が見えるのが楽しくて、「こういう芸術を生み出す人って普段どういう生活をしているんだろう」と思っていたので、その生活の一場面を見られる仕事ならと思い、ここに決めました。

いろいろな職場を見てきましたが、はじめて「働きたい」と思ったのがいんば学舎でした。

いんば学舎のスタッフのお話や理事長のお話を聞いたり、実際に働く人もメンバーさんもラフで、イキイキしていて、一人ひとりがありのままの自分で働いている姿が印象的だったので、ここに加わりたいなと思いました。
 
これまでのキャリア 2017年4月に入社してから、いんば学舎・草深の陶芸班として働いています。
好きな芸術に触れることができ、たくさんの人と接することができているので、
充実した毎日を送ることができています。

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

焦って妥協しないことがすごく大事だと思います。
就職活動はどうしても焦ってしまうものですが、それでも何社かいろいろな会社を見ていくと、
自分が惹かれるポイントが少しずつ分かってくると思います。
面倒くさがらずに会社説明会に積極的に参加し、自分の中にあるどうしてもゆずれない軸を見つけていきましょう。

社会福祉法人 印旛福祉会の先輩社員

季節の野菜を一緒に育てることも支援の一つ。

いんば学舎・草深/トマト班
藤本 郁奈

土づくりから収穫まで携わり、農業を通して支援しています。

いんば学舎・松虫/穀物班
石川 聖眞

いろんな体験を通し、成長を支えています。

いんば学舎・岩戸/児童発達支援センター安食
和田 真里奈

嫌いだったバッタも、平気になりました。

いんば学舎・松虫/農耕班
伊藤 雄介

落花生の栽培からイベントの企画、送迎までを担当しています。

いんば学舎・松虫/穀物班
小松原 直高

掲載開始:2018/03/01

社会福祉法人 印旛福祉会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人 印旛福祉会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校ランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になる気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 プレエントリー
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)