株式会社 タネトネ
タネトネ

株式会社 タネトネ

学習塾/教育/子ども/勉強/英語/企画/イベント/人材/ベンチャー
  • OpenES
  • 正社員
業種
教育関連
商社(教育関連)/その他製造
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

[ユメノツクリカタを知っていますか?]
あなたは「夢のつくり方」を知っていますか?「夢そのもの」をどうやってつくるかを教わってきましたか?私たちが知らないのに子供達が知る道理もありません。でも、それってすごくおかしいことではありませんか?夢とは「生きる力そのもの」…なのに、どこかで素通りしていませんでしたか?私たちは、その矛盾を変えにいきます。未来への「タネ」と「ネ」を私たちと育てにいきませんか?

当社の魅力はここ!!

企業理念

「教育」ってなんだろう?

それでは質問です。…「教育」ってなんですか?何をすることが「教育」でしょうか?学校の勉強を教えることもその一部ですが、それが全てではないことは誰もが知っているはずです。私達タネトネでは、「教育=習慣を育てること」と考えています。ならば勉強とは「習慣を育てる為の手段」に他ならないのです。では、次に、「どんな習慣を育てたいですか?」「どんな習慣を育てればその子が夢に近づきますか?」「日本の子供たちにどんな[種]を植え、どんな[根]を育ててあげたいですか?」…そんな話を真剣に語り合うことのない世の中を少し変えにいきませんか?それが私たちやあなたの「志事」です。

事業・商品の特徴

夢と習慣をつくる教室

[夢のつくり方にちゃんと向き合う]そのためのワークである「ドリームプランニング」や、[夢を叶えるための習慣づくり]にスポットを当てたオリジナルメソッド。また、[各教室の講師自らが発案するバラエティに富んだ教育イベント]などに取り組む小中高生向けの教室「FLAPS」の運営が主な事業となります。「夢」というフレーズを口にする教育事業者は多いと思いますが、皆さんに注目して頂きたいのは、「本気度の違い」です。FLAPSが2011年夏のオープン以来、9号店となる全ての教室で驚異的なペースで集客できたのは様々な戦略があってのことですが、第一の勝因は「私たちの本気度」です。「私たちの違い」をぜひ見に来てください。

社風・風土

「他人の成長を求める前に自らが成長しようとする姿勢」

快進撃中のFLAPSですが、そこで働く私たちは決してエリート集団ではありません。自身が「夢に溢れていた」…そんな人間ばかりでもなく、「働くとか夢ってことの意味を明確に掴めなかった」「正直に言って自分に自信があるわけでもなかった」等、言ってみれば「どこにでもいそうな若者達が創りだす物語だからこその価値があるのかな」なんて考えています。「あなたの迷いや葛藤」は、「誰かの明かり」になることもあるのです。そんな私達ではありますが…これだけは負けないと言えることがあります。それは「子供たちの成長を求める前に自らが成長しようとする姿勢」です。成長意欲のあるあなた方なら是非「タネトネの扉」をノックしてください。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

私たちは「学習としての結果を育てる」ということは勿論のこと、「その結果を実らせるためのプロセス」を育てることをモットーとしています。その為のコーチング業務が仕事の中心になります。そして、「その仕組みを誰に届けるか?」…この部分こそが「他社では真似できないタネトネの強み」であり、「信念」です。教育とは?本来、どのような人に届けるべきものですか?その答えは、説明会にて。

会社データ

事業内容 ◎「ジッカン型体験イベント(ドリームプランニングなど)」の企画・運営

◎幼児~高校生までを対象とした学習のサポート、習慣へのアプローチ、進路指導などのアドバイス

◎教室を中心としたスタッフマネージメント、人材育成

◎集客マーケティング、お客様に対する教室説明、顧客満足度を高めるカリキュラム作成などの業務

◎お子様一人ひとりの個性を理解共有するためのプログラム「未来プランニング」の企画、販売、フィードバック

設立 2015年2月
資本金 1,000万円
従業員数 44名
売上高 見込み売上高 2億1000万円
代表取締役 小谷武也
運営店舗 FLAPS 鶴川校
FLAPS 町田鶴間校
FLAPS 淵野辺校
FLAPS 新百合ヶ丘校
FLAPS 南林間校
FLAPS 南橋本校
FLAPS  座間校
FLAPS  湘南台校
FLAPS 高校指導部 町田駅前校

◇◆新規出店計画…進行中!!◆◇
タネトネからのご挨拶 * * * * * * * * * * * * * *

タネトネは、日本に、やがて世界に多くの「種」を蒔き、力強い「根」を育てていきます。
私たちはその確信に満ちています。

かく言う私たちも、生まれて間もない「種」でしかありません。
ですから…「こんなドベンチャー企業…」と素通りされる方がいらっしゃるかもしれませんし、「可能性のかたまりだ!」と思っていただける方もいらっしゃるかもしれません。
その2つの見方はいずれも正解なのかもしれません。まさに「種」なのですから。

ただこれだけは言えます。
あのト○タさんやソ○トバンクさんも、最初は「種」でした。
種なくして発芽はないし、花も咲きません。
ただ、彼らは、そのあたりにある種とは少し様相の違う「大輪を咲かせる本物の種」でした。
私たちが本物かどうか?是非、確かめに来てください。
教育事業に関心はなくとも、「なるほど、若い人たちでこんな人たちもいるのか…」とは、思っていただけると思います。よろしくお願いいたします!

* * * * * * * * * * * * * *

社内制度
●職種選択・ジョブローテーション制度
教育事業の醍醐味は、「教える」だけに留まらないところです。「きっかけをつくる」「知らせる」「つくる」「教える」「定着させる」など、それぞれの業務が融合してこそ素晴らしい教育が成り立ちます。あくまで本人の希望を尊重しますが、様々な経験をすることが可能であることもタネトネの魅力です。


●ワンポイントリーダー制度
教室リーダーはもちろんのこと、教科リーダー、集客イベントリーダーなど、それぞれの企画(イベント)に合わせたリーダーが誕生します。ですから、入社2か月で、ある企画のリーダーになることは日常的にあります。そんな制度を大いに活用し、キャプテンシーを育んでいってほしいと考えています。

●全セクション参加型会議
タネトネは風通しが良いというより、風が吹きまくっています。同セクション内での研修会、セクションの垣根を飛び越えての意見交換会が頻繁に行われます。
巷でありがちな、「営業は制作の気持ちを分かっていない!」とか「制作は現場を知らない!」みたいなコミュニケーション不全にいかに陥らないか?そんな視点と思いやりを育む会です。


●知的欲求研究会
成長の入り口は、自分の未熟さを見つけることです。未熟さこそ可能性なのです。それは大人も子供も変わりません。未熟さを見つけたら、「アハハハ!」と笑う。そしてちゃんと学ぶ。生徒に教える前に自分たちがそうする。それがタネトネのやり方です。
指導者としてふんぞり返らない、でも今さら聞きにくい…そんなことを発表しあい学ぶ会です。


●講師認定制度
営業だけでなく、ティーチングスタッフも頑張った分をちゃんと評価します。
4半期や年間での優秀者の表彰や賞金の授与などもあります。


●研修制度
「タネトネの教育メソッド」や「教科ごと」の研修、OJTなどはもちろんのこと、「問題解決の仕方」、「相手の心の動かし方」など、他の教育企業ではあまりないような、「人としての成長」を促す研修を各種取り揃えております。
教育者以前に、人としての成長が教育事業での成果に直結します。


●産休・育休等
タネトネでは社員の出産に対して、ちょっと引くくらいの出産お祝い金をお渡ししています。
また、女性の産休後復職率も男性の育休取得率も100%の子育て応援企業です。
子どもはたくさん欲しいという方、ご安心ください!!

●女子会
女性のパワーは会社のパワーと言われて久しいですが、タネトネでも女子会が開催されています!恋愛トークだけではなく、女性としての働き方やそれぞれのキャリアビジョンなど、深いお話を開催しております。(男子会もありますよ!サバイバルゲームとか。)
タネトネのビジョン 1「きれいごと」を成立させる
みなさん、こんにちは。

リクナビ掲載企業で最も若い?「ど」ベンチャー企業である(株)タネトネのページをご覧いただき誠にありがとうございます。
まずは、企業紹介です。

私たちタネトネの教育メソッドのど真ん中にある考え方…それは、「夢に本気でアプローチする」ということです。


企業って採用時に「夢」というフレーズをよく使いますよね?
「夢」というフレーズを聞いて、皆さんはどう思われましたか?

「きれいごと」っぽく映りませんか?


そうなんです。

「夢」というのは、その言葉だけを見れば確かに「きれいごと」のようであり、現実は甘いものではないのだと思います。

簡潔に述べれば、「夢」とは「チャレンジしようとした瞬間に遠くに見えてしまう…実体のないフワフワした存在」なのだと思います。


だからこそ、それを仕事にしたい。
本気で形にしたい。
私たちはその「きれいごと」を成立させたくて起業したのです。


…それではここで質問です。あなたには人に胸を張って言える夢がありますか?

「はい!」と言えるあなたなら、逆境にも耐え、問題を乗り越えて頑張れるかもしれません。
逆に、「…」となる方は、いざ仕事を始めた時に困難な状況を乗り越えていく意味を見いだせず投げ出してしまうかもしれません。
言葉にするまでもなく「夢」とは、その人の「生きる情熱」に直結する重大な要素なのです。

ここで言いたいのは、夢をはっきりと言えない個人を責めるような話ではありません。
多くの日本人がそうであるように、これこそが社会問題ともいえる「日本人の現在地点」なのだと思います。

つまり、我々日本人の多くは「夢・ビジョン」を持っていないのです。

そして、私たちが問題提起しているのは、今の日本社会では「夢を持つための仕組み(夢のつくり方)」が決定的に欠けているということです。

要するに、私たち大人、また、子どもたちも、「夢がない」以前に、「夢のつくり方」すら満足に知ることなく育ってしまっているのです。

ただ、私たちは現代社会の現状を悲観したいわけではありません。
それを変えたいのです。

ライト兄弟の登場まで、短時間での長距離移動や空輸は「きれいごと」だったのかもしれない。

大げさな話ではないのですが、タネトネの誕生と成長によって、日本社会に「夢への風穴」を開けたいと考えていますし、子どもたちと過ごす毎日によってその実感を深めています。
私たちと日本の未来を変えにいきませんか?
タネトネのビジョン 2「日本の未来を変えにいきませんか?」 あるアンケート結果です。高校生に聞きました。
「あなたは、あなたの未来に自信がありますか?」…この質問に対してアメリカの高校生の57.2%がYESと答えています。中国の高校生の42.2%がYESと答えています。
では、日本の高校生は…なんと7.5%しかYESと答えられていないのです。

まず、第一の答えはここにあると思います。この答えこそが「ビジョンなき日本」の本質なのではないか?…私たちはそう考えています。

タネトネでは頻繁に「夢と自信の関係」という話が出てきますが、「自信」が育たないのに夢を持てというのは、「お金がないのに高級車のセールスを受けているようなもの」で、苦痛でしかないのです。だから、多くの人が「夢」を「きれいごと化」してしまうのです。

「夢のつくりかた」のファーストステップは「自信の発見と形成」です。
「自信」とは「夢を見るためのスコープ」であり、「自信の発見と形成」のための学生時代なのです。



そして次に、「習慣」です。

例えば、[物事をネガティブに考えたり、すぐに「できない!」などの否定語を使う人]は「夢」に出会いやすいと思いますか?
逆に、[考え方や言動がポジティブな人]はどうでしょう?

また、[チャレンジする前からできない理由を探したり、せっかく始めたのにすぐに諦めてしまう人]はどうでしょう?
逆に、[フットワークが軽く、何事も粘り強く頑張れる人]はどうでしょうか?

この時の[   ]の中身こそが、タネトネの言う[習慣]なのです。

同じポテンシャルの人でも[習慣]によって、「夢」へのアプローチが大きく変わりそうではないですか?
自信、習慣。
この2つを育てる。
(ほかにもまだあるのですが…)
これが「夢へのドアを開く鍵」です。

この2つを、学習支援や様々なイベントを通じて育てていく。
それが私たちの仕事です。

そして「未来を担う子どもたちの自信と習慣(=自己実現力)を変えることこそ、日本の未来を変えることだ」…それが私たちの信念です。



[※ご朗読ありがとうございました…そろそろ読み飛ばしてください(涙笑)。続きは採用情報ページに記載しますのでもう少し集中力が続けば、読み飛ばす感じでお付き合いください)

連絡先

人事課採用担当 堤 宛

住所:〒194-0045 東京都町田市南成瀬1-2-2ユニゾ成瀬ビル 3F
TEL:042-785-5067
FAX:042-732-3736
掲載開始:2017/03/01

株式会社 タネトネに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社 タネトネに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)