留学先別の就活スケジュール
オーストラリア・ニュージーランド編

留学生のためのセミナー・フェア情報

CHECK!

自己分析は早めにスタートを。

社会人3年未満で転職をする人の多くは、「新卒での就職活動において、自己分析が不足していた。」とご自身の活動を振り返っています。卒業や就職活動のための日本への渡航が近づいてからでは遅いのが、自己分析や企業研究です。日本国内の学生は、3年生の10月頃から自己分析や企業情報の収集をスタートします。この自己分析が基礎となり、受けたい企業が決まり、面接準備の肝となりますので、早めに考えてみると良いでしょう。

CHECK!

夏休みは就職活動、企業情報収集のチャンス

南半球に位置するオーストラリア・ニュージーランドへ留学の学生は、季節が日本と反対になることもあり、就職活動の時期には注意が必要です。ご卒業前、最後の夏期休暇(11月中旬ごろ~2月初旬)は、日本への一時滞在をしながら、就職活動をぜひ行ってみましょう。面接などの選考を受けない場合も、ウィンターインターンシップなど企業研究のチャンスを見つけてみるのもよいでしょう。10~12月は、留学生向けの新年度採用がスタートし始める時期。この時期に早期採用を行う企業も増えてきました。Skypeや電話による一次面接、そして冬期休暇での最終面接にて内定、という活動を行う学生も増えてきています。リクナビ就職エージェントでも、留学生枠にて選考ご案内をしている企業も多数。長期の日本滞在が可能なので、アドバイザーと相談しながら就職活動をすすめてみましょう。

CHECK!

冬夏休みの活動は計画的に!

12月卒業の方は、7月の冬期休暇での就職活動を計画的に過ごしましょう。3週間ほどの休暇となることから、事前の自己分析や企業研究、そして応募企業へのエントリーなど済ませておくと日本滞在後にスムーズな活動ができると思います。留学先から日本への渡航前に面接の予定を入れておけると効率よく活動が可能です。6月は試験期間で忙しくなりますので、5月頃から企業探しを行っておき、エントリーを済ませておきましょう。

※大学や個人の選択科目によっては帰国・卒業の時期がそれぞれ異なりますよね。自分の場合はどうなんだろう?といった疑問や不安も、お気軽にご相談くださいね。
(まずは無料会員登録を!)

オーストラリア・ニュージーランドに留学していた先輩の事例

[最終学歴:大学院 12月卒業(内定時期:冬)岸保 安里沙さん]
住友ゴム工業株式会社

オーストラリア

「多忙なMBA留学と就活を両立。一時帰国中にスピード内定し、卒業前に就職が決まりました。」

岸保 安里沙さん

[ 最終学歴:大学 12月卒業(内定時期:冬) 北川 竜太郎さん ]
内定先企業 / 株式会社三井住友銀行

オーストラリア

「卒業の一年半前から就活を始め、メガバンクに早期内定。早めの入念な準備がカギでした。」

北川 竜太郎さん

[最終学歴:大学 11月卒業(内定時期:冬)中村 未由さん]
内定先企業:株式会社リコー

オーストラリア

「大学院1年目の夏休みに内定獲得。早期・短期間の就活で念願のメーカーに出会えました。」

岸保 安里沙さん

[最終学歴:大学 12月卒業(内定時期:冬)安江 太郎さん]
株式会社三井住友銀行

ニュージーランド

「夏休みの一時帰国中に20社と面接。効率的かつ濃密な活動で、ここだと思える企業に出会えました。」

中村 未由さん

[ 最終学歴:大学院 7月卒業(内定時期:冬)Yさん ]
アドバイザーとの面談で、本当の”自分軸”に気づく

オーストラリア

理系留学生のYさんは早い時期から自分で就活を始め、数社の内定を獲得。しかしまだ迷いが残り、新しい出会いを求めてリクナビ就職エージェントに登録した。当時のYさんの就活の軸は、研究テーマでもあった「太陽光発電」に関わる仕事。その一方で、「国際支援」にも強い関心があることが面談で明らかになり、それならばと、開発途上国向けの製品開発に力を入れているモーターメーカーを紹介した。職種は「現地技術指導者」。まさに技術で貢献できる仕事に大きなやりがいを感じて、Yさんは入社を決心。就活の迷いと向き合って自分を見つめ直したことが、後悔のない就職につながった。

Yさん

[ 最終学歴:大学 9月卒業(内定時期:秋)Hさん ]
粘り強く活動し、本命企業と出会う

オーストラリア

4年生の冬期休暇から動き始めたHさん。一時帰国を利用して、コンサルティング業界やメーカーなどを幅広く受けたが面接が通らず、就活は完全帰国後に持ち越すことになった。うまくいかない原因は、憧れだけでエントリーし、企業が人材に求めることをイメージできていなかったことにある。そう判断したアドバイザーが、「その会社にどんな貢献ができるのかをイメージしよう」とアドバイス。Hさんは会社情報をよく読み込むようになり、そうする中で「ここだ」と思える海運会社に出会う。人をまとめたり調整を図ることが得意だという自分の長所が、船の運航管理に活かせるのではないか。そう確信したHさんは、面接でも「自分にできること」を自信を持ってアピール。見事内定を獲得した。

Hさん

[ 最終学歴:大学院 12月卒業(内定時期:冬)Sさん ]
就活中の迷いを乗り越え、専攻と語学が活かせる企業に内定

オーストラリア

国内大学で化学を専攻し、「あえて苦手な英語に挑戦する」ために大学院の通訳コースに留学したSさん。自分の可能性を広げることに積極的で、就職活動でも「いろんな企業を見て道を探りたい」と、さまざまな業界にエントリーした。しかし幅を広げ過ぎて方向性を見失い、面接にも通らないことが続く。そんなSさんに「一度立ち止まろう」とアドバイザーが面談して就活の軸を再確認し、「化学の知識と語学力を活かす」という原点に戻ることに。そして、模擬面接も行って準備万端で臨んだ化学系商社で、海外営業として内定。Sさんの専門性と英語力がまさに評価され、入社後の活躍が期待されている。

Sさん

[ 最終学歴:大学 9月卒業(内定時期:秋)Mさん ]
3年後の独立を目指して、短期に成長できる仕事を選択

オーストラリア

3年後に自分で飲食店を開くという明確な計画を持っていたMさんは、就職活動も計画的。冬休みの一時帰国時に数社の面接を受けて企業を見る目を養い、「短期で成長できる会社」を軸に決める。そして卒業後の本格的な就活に備えて、完全帰国の1カ月前からアドバイザーに連絡を取り、エントリーとスケジュール調整を始めた。そんな中、「3年間を上限とする期間限定の契約社員制度」というユニークな制度を設ける情報サービス企業の求人が舞い込み、アドバイザーが「まさにMさんにぴったりの仕事」だと直感して、すぐさま紹介。Mさん自身も強い興味を持って応募し、明確な目標があるからこその成長意欲が評価されて、採用が決定した。

Mさん

多くの留学生をサポートしてきたリクナビ就職エージェントでは、
経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで就職活動ノウハウを提供しています。

就活は専任アドバイザーと。 あなたの留学経験を待ち望む企業があります

  • リクナビIDでカンタン登録全て無料
  • リクナビIDをお持ちでない方はこちら

あなたの就活をサポートするアドバイザーをご紹介します