尚文出版株式会社ショウブンシュッパン

尚文出版株式会社

【教育出版社(高校国語の副教材)】
業種 出版
教育関連
本社 広島

先輩社員にインタビュー

営業部
矢田谷 隆永
【出身】立命館大学  文学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 高校生向けの国語教材を提案・販売。
副読本を中心とした高校生向けの国語科教材を先生方にご提案し、販売しています。担当は東京をはじめとした首都圏の私立・公立高校。この仕事で大切なのは、国語教育の一翼を担っているという信念を持つことです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ある日突然、先生のほうからご相談をいただけるように……。
あるご年配の先生から、お声を掛けていただけるようになったことですね。最初は私が話をするばかりで、先生から話し掛けてくださることはありませんでした。また私のことを名前ではなく「尚文さん」と会社名で呼ばれることが多かったのです。1年以上、頻繁に通っていたある日、先生のほうから「矢田谷さん、何かお薦めの問題集はありませんか」と、お声を掛けてくださり……。このとき、少しずつ互いの信頼関係が構築できていたことを実感しました。そしてやはり私を「矢田谷」と、名前で呼んでいただけたことが嬉しかったですね。それ以来、いろいろなご相談をお受けできるようになり、受注にも結びつくようになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 説明会で知った当社の国語教育への熱い思いに共感しました。
文学部出身の私は出版業界に興味を持っていました。高校時代、いつもかたわらに置いて愛用していた国語教材が当社の古典文法書だったこともあり、説明会に参加してみたのです。そのとき、社長や先輩社員の国語教育に対する熱い思いを聞くことができました。社員が一丸となって真剣に国語教育に向き合っている姿は、私の想像以上で、とても感銘を受けたんです。私もその一員となり、これからを担う生徒たちに、一人でも多く国語への関心を持ってもらいたいと思いました。言葉や表現力、思考力を伸ばすことに貢献したいという思いが次第に強まりました。現在は国語教育の一端を担う者として、日々この思いをやりがいとして頑張っています。
 
これまでのキャリア 営業(入社後東京営業所に配属、以後ずっと現職)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就きたい職業を見つけるなら、自主性を持って考え、積極的に行動し、自分自身で判断することが必要です。時間が許すようなら、希望の会社で働いている多くの人に話を聞き、できるだけ多くのことを感じ取るのが大切だと思います。そして、よく考えたうえで得られる「ここで働きたい」という強い思いが、面接においても説得力のある言葉となるはずです。

尚文出版株式会社の先輩社員

高校国語を担当する先生に、良い授業を展開するための方策と教材を提案。

営業部
森部 竜平
四天王寺国際仏教大学 人文社会学部 社会学科

依頼された教材が学校へ、スケジュール通りに届くよう手配しています。

情報管理部
末廣 真久
広島修道大学 経済科学部 経済情報学科

高校生向けの国語副教材の編集を行っています。

編集部
菅野 慈
京都大学 文学部人文学科 日本史学専修

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる