株式会社東洋信号通信社トウヨウシンゴウツウシンシャ

株式会社東洋信号通信社

船舶動静情報提供サービス
業種 その他サービス
コンサルタント・専門コンサルタント/海運/情報処理
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

東京港グループ
M.M(27歳)
【出身】北九州市立大学  法学部法律学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 気が利く海のコールセンター
無線を介して船舶と情報のやりとりをするオペレーター業務が主な業務ですが、当社ではオペレーター自らが、必要な情報を関係各所(例えば船舶、船舶代理店、港湾管理者、海上保安部、工事業者)から収集します。更にレーダーやカメラで、24時間リアルタイムの船舶動静を常に追いかけて、刻々と変化する状況に応じた情報を船舶及び、陸側の関係者へ提供しています。
上記の他にも当社では、持ち回りで個人毎の仕事を割り振られることが多いです。私は入社5年目ですが、グループ内の英語能力を向上させる担当や、事務所の機器を管理する担当などに就いてきました。
他にも担当というほどのものではありませんが、私の場合は事務所で必要な備品と作ったり修理したりの日曜大工を任される事が多いです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々の仕事のやりがい
役に立つ情報を提供出来たと思えた時にやりがいを感じます。例えば、船舶がお互いに相手船の名前が分かっておらず、片方が呼び掛けているのにもう片方が応答しない状況で、通信の橋渡しをしたり、係留場所の空き状況を伝えたりです。日々何度となくこなしているいる作業ではありますが、それらは港全体の船舶の動静を見張り、「この船は今こういう情報を欲しているんじゃないか」という想像力を働かせることで成り立っています。役に立つ情報提供をするために、日々の情報収集と見張りに励んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 勤務形態、そして事務所からの眺め
第一は勤務形態です。役職にもよりますが、ほとんどの社員は交代制勤務で、好きな曜日に休日を割り振る事が出来ます。敢えてGWやお盆を避けて休みを取れることは、大きな利点と言えるでしょう。
また、夜勤の多い業務ですが、夜勤明けは朝から帰宅できるので、夜勤明けを移動日にして旅行へ行くなど、ほとんど休みと同じように活用することができます。
一般的な土日休みの方と予定を合わせるのには、苦労しますが、一人で楽しむ趣味をお持ちの方にはベストな勤務形態だと思います。
また、入社後に気付いた当社の魅力としては、海や巨大な機械を眺めながら働けることです。私は内陸育ちなので、入社するまでは船との接点はありませんでしたが、今では船がとても好きで、間近で船を眺められる今の事務所をとても気に入っています。
 
これまでのキャリア 東京港グループ(現職1年目)

この仕事のポイント

仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

入社してから一番重要なことは、その仕事を続けられることだと思います。企業の採用担当者は超優秀な人を探しているわけでは無く、仕事内容にやりがいを感じてくれて、他の社員と円滑に仕事を進められる人を探しているはずです。ですのでご自身の性格と企業がマッチしていることをアピールすると良いと思います。

株式会社東洋信号通信社の先輩社員

船舶情報オペレーター

東京港グループ
R.T
神戸電子専門学校 情報処理学科

オペレーターとして業務マニュアルの作成も!

横浜川崎港グループ
M.K
早稲田大学 第一文学部総合人文学科

船舶や港の安全を情報でサポートする仕事~海と陸を繋ぐ架け橋~

四日市港グループ
T.T
愛知学院大学 法学部法律学科

グループの責任者として

清水港グループ
R.O
関東学院大学 工学部第一部土木工学科

船舶情報オペレーター

横浜川崎港グループ
D.S
神奈川大学 第二経済学部経済学科

東洋信号通信社の情報で働き方改革!

ポートデータインフォメーション
N.S
法政大学 文学部地理学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる