株式会社ジーテクトジーテクト

株式会社ジーテクト

東証一部上場/生産技術/研究開発/設計/車体骨格/自動車
  • 株式公開
業種 自動車
輸送機器/金属製品/プラント・エンジニアリング/機械
本社 埼玉
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

開発部
A.K
【出身】生物資源科学部 植物資源科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 開発のアイデアを、量産の技術へ。
開発課で確立された新工法等を、生産現場へ量産化技術として昇華することが私の仕事です。量産化には、開発とはまた違なる技術的視点が要求されます。例えば、連続して何千、何万もの同質の部品を造ることができるか、その負荷に生産設備が耐えることができるのか、品質・コスト・作業性において、机上での計算を繰り返し、そして、実験・検証を重ねていきます。近年では、車体の軽量化が求められ、欧米を中心に、アルミを骨格部品にまで適用する動きが進んでいることはご存じでしょうか。従来素材の鉄とアルミは、熱伝導や電気抵抗など、特性が異なり、接合は容易ではありません。しかし、ジーテクトはTSWという独自の異材接合技術を確立しました。今、私が挑んでいるのは、その将来技術の量産化です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
出会う技術、すべてが教材。
私自身、大学で機械工学を学んでいたわけではないです。今、現場で活かしている技術や知識のほとんどは、会社に入ってからの研修と、自身の好奇心から得たものです。知識がないからこそ、自分で判断せず、なんでも吸収しようと思います。異材接合の他にも、EV向けアルミバッテリーケース量産など、特に私が関わるのは、生産技術の中でも最先端の部門です。だからこそ、今は勉強の毎日です。更に未経験ということに加え、新しい技術という難しさもあります。けれどその分、やりがいも大きいです。いつか自分の技術に、街中で出会うことがとても楽しみです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き No attack,No chance.
まず自動車に興味があったこと。
そして自分の好きなこと(自動車)を仕事にしたかった
車体部品は自動車が存在し続ける限りなくならないことから、ジーテクトを選びました。
 
これまでのキャリア 2016年4月~ 入社研修 @滋賀工場→2016年5月~ 工場研修 @滋賀工場 溶接課・プレス課→2017年4月~ 技術研修 @羽村事務所→2018年1月~ 生産技術課@羽村事務所→4月~ 開発課 @GTL

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

悔いの残らないように就職活動をしてください!

株式会社ジーテクトの先輩社員

車一台分性能評価のための解析技術の構築

技術本部 開発部 開発課
H.I.
東京農工大学 工学部 機械システム工学科

将来の自動車の車体骨格部品を生産する為の先行技術開発

技術本部 開発部 開発課
S.U.
茨城大学 工学部 マテリアル工学科

カーメーカー設計者さんとニューモデルの共同開発

営業本部 商品開発部 商品設計課
N.K.
法政大学 工学研究科 機械工学専攻

自動車車体部品プレス金型の設計

技術本部 プレス技術1部 金型設計1課 設計係
W.Y.
芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科

自動車ボディ部品の商品開発に関わるプレス成形シミュレーション

営業本部 商品開発部 商品企画課
A.S.
プログラミング学科

新素材、新加工技術、新解析技術等の調査/検証/試験/分析等

開発部
K.S
工学研究科 材料工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる