平和酒造株式会社
ヘイワシュゾウ
2021
業種
食品
本社
和歌山

私たちはこんな事業をしています

私たちは、和歌山県海南市で日本酒や梅酒、クラフトビールなどをつくっている蔵元です。造り手の顔が見える酒づくりにこだわり、「酔うためのお酒ではなく、人生を豊かにするようなお酒」をつくりたい。和歌山から世界へのものづくりを目指しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

手づくりにこだわり世界を視野にチャレンジする酒造メーカーです

平和酒造は酒づくりに対する熱い想いを原動力とする生きた企業で、大量生産や効率性を追求するのではなく、「つくり手の顔が見える酒づくり」にこだわっています。日本酒の原料となる米づくりや梅酒に使われる梅の栽培も社員自ら行い、「持続可能な酒作り」へチャレンジしています。これからも社員のやりがいを追求し、長く働ける環境を整えながら、世界市場で勝負できるお酒をつくるのが平和酒造の未来ビジョン。私たちのものづくりを知ってほしいと、動画サイトに『平和酒造チャンネル』を開設しました。ドローンを使った迫力の映像もあるので、ぜひ一度ご覧ください!

事業・商品の特徴

ものづくり、和歌山へのこだわりが平和酒造の魅力です

日本酒「紀土」は紀州の柔らかな水を活かし、日本酒に親しみがない方でも飲みやすいよう優しい味わい。リキュール「鶴梅」シリーズは和歌山の梅や柚子などの鮮やかな味わいをぎゅっと詰め込んでいます。今年も「紀土 純米大吟醸 Sparkling」がIWCでリージョナルトロフィーを受賞、全国新酒鑑評会では4年連続金賞受賞しました。近年はクラフトビールにも進出し、発売2年目にして国内コンペ「インターナショナル・ビアカップ」のアメリカン・ストロングペールエール部門で受賞するなど、順調に主力製品として育っています。当社の醸造家は年に数回、イベントなどに参加し、ただ造る人ではなく、お酒の伝え手としての成長も大事にしています。

社風・風土

豊潤で奥深い酒文化に触れることができます

酒蔵というと歴史が古く、働く人の年齢も高いイメージがありますが、当社スタッフの平均年齢は30歳。新卒採用を毎年行っているため、皆さんと年の近い先輩も活躍しています。専攻などのバックグラウンドはさまざまですが、「お酒が好き」「自分の手でよいものをつくりたい」といった想いは共通。若手が中心となってアイデアを出し、全員が同じレベルで仕事ができるよう、手順書も整えました。入社後は4カ月間を研修期間とし、社内外でさまざまな講習や研修を受けていただきます。「テイスティングトレーニング」では日本酒や梅酒のほかワイン、焼酎、ウィスキーなど年間2000種以上のティスティングを行い、鋭敏な舌を磨いていきます。

会社データ

事業内容 酒類製造業
設立 1952年12月(創業 1928年)
資本金 1000万円
従業員数 50名(男性25名、女性25名、パート社員含む、2018年6月時点)
売上高 当社規定により非公開
代表者 代表取締役専務 山本典正
事業所 【本社】
和歌山県海南市溝ノ口119番地
会社HP http://www.heiwashuzou.co.jp/#pagetop
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)