株式会社ジーテクトジーテクト

株式会社ジーテクト

東証一部上場
  • 株式公開
業種 自動車
輸送機器/プラント・エンジニアリング/精密機器/金属製品
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

営業本部 商品開発部 商品企画課
A.S.
【出身】プログラミング学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自動車ボディ部品の商品開発に関わるプレス成形シミュレーション
自動車のボディを構成する部品の開発を行っています。自動車の初期開発の段階から自動車メーカーとの共同開発を行い、お客様に良質な商品を安く提供するためのプレス加工方法の検討をしています。具体的にはプレス成形シミュレーションによる生産技術検討を行っており、自分で考案したプレス生産工程企画が採用され、その工程に対応した金型が造られ、実際に部品が生産されるのを見るのは非常にやりがいを感じる瞬間です。また、日本国内だけでなく世界中の自動車メーカーを相手に仕事が出来るという事も大きな魅力です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
超難成形部品を自分が考案した方法で生産可能にしたこと
入社4年目、客先からこの形状で部品を作って欲しいと相談された部品形状は、通常の曲げ工程ではどう考えても再現できない形状でした。しかし、自動車としてのボディ性能目標を達成するにはどうしても必要な部品・そして形状であり、何としてもプレス成形しなければなりませんでした。その為、上司からの助言も頂き、あらゆる成形方法を考え、プレス成形シミュレーションを用いたバーチャルトライを何十回と繰り返し、遂には生産する目処をつけることが出来ました。最終的に私の作成した三次元データが採用され、それに基いてプレス金型が製作され、その部品を量産することに成功しました。その部品を使用した車は大ヒットとなり、世界中で100万台以上が生産されました。欧米を中心に今も多くのそのモデルが走り続けています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自由で実力主義な企業風土
自動車やバイクが好きな私は同業界で商品開発がしたく、業界内の様々の説明会などに参加していました。その中でもこの会社は若い人間でもその仕事に見合った能力がある人間には大きな仕事をさせてもらえる、という社風を感じて入社を決意しました。実際に入社した感想は、その時感じた空気は間違っていませんでした。様々な仕事を任せていただき、それに対しての提案を若手でもすることができる。若手の成長を何よりも重んじる会社だと改めて感じました。私が入社した当時は高尾金属工業という会社でしたが、それは2011年のジーテクト発足後も変わりません。大きな仕事を任されるということは、それに伴う責任も大きいですが、そのプレッシャーも苦労も、自分が成長できるエッセンスと考え、毎日を楽しく忙しく過ごしています。
 
これまでのキャリア 前職:自動車空調の商品開発業務(5年間) → 当社へ転職:商品開発部(現職・今年で11年目)

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社というものは入社してからでないとわからないことも多々あります。表面的な情報のみで判断するのは非常に難しいものです。私は就職活動には会社の空気を感じ取ることが重要と考えます。仕事は自分のやりたいことだけをやっていればいいというものではありません。その中で楽しくやっていくには自分に合う環境が必要だと思います。出来る限り中の人間と話す機会に参加してもらい、そういった自分に合う空気を探してもらえればと思います。

株式会社ジーテクトの先輩社員

車一台分性能評価のための解析技術の構築

技術本部 開発部 開発課
H.I.
東京農工大学 工学部 機械システム工学科

将来の自動車の車体骨格部品を生産する為の先行技術開発

技術本部 開発部 開発課
S.U.
茨城大学 工学部 マテリアル工学科

カーメーカー設計者さんとニューモデルの共同開発

営業本部 商品開発部 商品設計課
N.K.
法政大学 工学研究科 機械工学専攻

自動車車体部品プレス金型の設計

技術本部 プレス技術1部 金型設計1課 設計係
W.Y.
芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる