株式会社ジーテクト
ジーテクト
2021

株式会社ジーテクト

東証一部上場
  • 株式公開
業種
自動車
輸送機器/プラント・エンジニアリング/精密機器/金属製品
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

ジーテクトは、自動車車体骨格の開発・製造を専門とする自動車部品メーカーです。世界12か国で事業を展開しています。全ての国内の完成車メーカーと、BMW、ジャガーランドローバー、フォードなどが得意先です。『車体骨格の専門メーカーとして世界トップを目指す』という目標を掲げ、次世代のクルマづくりに取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

Shape the Future ~クルマの未来を形づくっていく~

自動車の車体骨格は、事故から乗員を守る丈夫さを維持しつつ、軽くすることがテーマです。当社はウルトラハイテン材成形やホットスタンプ量産化によって、これらの相反する二つの要素を実現してきました。世界的な環境意識の高まりによって、環境に優しい、つまり軽くて燃費が良い自動車のニーズが高まっています。ジーテクトは安全性を維持しつつ更なる軽量化を実現するために、新素材の加工技術、素材接合技術の開発に取り組んでいます。

技術力・開発力

研究開発棟 G-TEKT TOKYO Lab

“Shape the Future” ~クルマの未来を形づくっていく~という理念の下、「ジーテクト東京ラボ(GTL)」にて、欧米、中国の弊社リサーチ拠点と最新の自動車開発情報を共有し、未来のクルマに適合する車体骨格を形づくっています。非鉄金属(アルミ二ウム合金・マグネシウム合金など)、特殊樹脂(CFRPなど)を車体骨格に用いるための新しい加工技術、素材接合技術の研究開発、車体骨格構造解析を強力推進しています。

魅力的な人材

~ものづくりは人づくりから~

常にお客様から必要とされる専門メーカーであるため、従業員一人一人がものづくり企業のプロへと成長することが必要です。ものづくりの全体像把握から生まれる、新規領域を切り開く開発力、それを実現する企画力、提案営業力を計画的かつスピーディに養成することを目的とし、昨年度から育成制度を刷新しました。生産・技術部門でのローテーションや、配属後のON-OFFJT等を通じて、技術者を目指す方には製品特性や造り手の思いを理解する技術者に、営業を目指す方には技術者の思いを素早く理解して最適提案が出来る営業担当者に、それぞれが歩むキャリアにおいての「ものづくり」のプロフェッショナルを育成します。

会社データ

事業内容 【車体骨格】
車体骨格はクルマの屋台骨としての役割を果たしています。そして、事故の衝撃から乗員を守ることで、自動車に乗る人々に安全を提供しています。ジーテクトは安全性を維持しつつ、軽い車体骨格を作ることで、エネルギー効率が良い、つまり環境に優しい自動車を人々に提供することに貢献しています。ジーテクトは最新車種の開発段階から車体骨格の設計に参画し、生産性・コスト・性能等における様々な技術提案を通じ、軽くて丈夫な車体骨格を完成車メーカーと共同で開発しています。
ジーテクトは、安全性を維持しつつ更なる軽量化を実現するために、非鉄金属(アルミ二ウム合金・マグネシウム合金など)、特殊樹脂(CFRPなど)を車体骨格に用いるための新しい加工技術、素材接合技術の研究開発を行っています。

【トランスミッション】
トランスミッションは、エンジンで生み出された動力を駆動系に伝達する部品です。スムーズなギアの変速を実現するには、高精度・高強度なトランスミッション部品が必要不可欠です。車体骨格でのプレス加工技術を応用し、従来は鋳造と切削加工で製造されていたトランスミッションを精密プレス加工で生産しています。他社を寄せ付けないプレス技術の追究がそこにあります。

【金型・生産システム】
国内外の生産拠点で培ってきた独自のノウハウでプレス金型の設計から製作、溶接ラインを主とする車体部品組立ラインの企画、設計構築等の設備製作も行っています。お客様のあらゆるニーズに応える各種設備の開発、生産体制をサポートしています。
設立 2011年4月1日発足(旧菊池プレス工業、旧高尾金属工業、両社合併により、株式会社ジーテクト発足)

設立:旧菊池プレス工業:1953年11月 旧高尾金属工業:1952年6月
資本金 46億5600万円
従業員数 連結:8,660名 国内:1,172名 (2019年3月末時点)
平均年齢 38.9歳
(2019年3月末時点)
平均勤続年数 14.8年
(2019年3月末時点)
売上高 2014年実績(2014年4月~2015年3月)
売上高:1,938億円
経常利益:90億円

2015年実績(2015年4月~2016年3月)
売上高:2,207億円
経常利益:114億円

2016年実績(2016年4月~2017年3月)
売上高:2,061億円
経常利益:144億円

2017年実績(2017年4月~2018年3月)
売上高:2,198億円
経常利益:146億円

2018年実績(2018年4月~2019年3月)
売上高:2,556億円
経常利益:174億円
代表者 代表取締役社長 高尾 直宏
本社 〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-11-20 大宮JPビルディング18F
TEL:048-646-3410
FAX:048-646-3411

事業所 【国内】
■本社(埼玉県さいたま市)
■研究開発拠点
 ジーテクト東京ラボ (東京都羽村市)
■営業・設計拠点
 C&C栃木(栃木県高根沢町)  
■工場・事務所
 栃木工場(栃木県さくら市)
 群馬工場(群馬県太田市)
 埼玉工場(埼玉県深谷市)
 羽村事業所(東京都羽村市)
 羽村事務所(東京都羽村市)
【海外】
アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、ドイツ、スロバキア
中国、インド、タイ、インドネシア
主要取引先 【国内完成車メーカー】
本田技研工業株式会社
トヨタ自動車株式会社
富士重工業株式会社
マツダ株式会社
日産自動車株式会社
三菱自動車工業株式会社
ダイハツ工業株式会社
スズキ株式会社
ほか
※国内メーカーは全て取引有り。

【海外完成車メーカー】
BMW
フォード
ジャガーランドローバー
メルセデス・ベンツ
北京汽車
ほか
経営ビジョン 先進技術と良質廉価技術の融合で低炭素社会に貢献し、
世界中のお客様に満足される企業
経営目標 【第3次中期末】
2020年Vision G4-20(ジーフォー・トゥエンティー)
安全・環境に即した先進技術の追求を通じ
BODYとトランスミッション部品の専門メーカー
として“世界TOP”を目指す

      ▼

G4(4つのG)とは...

Genba(現場)
〇ジーテクトグローバルスタンダードの実践
〇地域最適生産体質構築

Green(環境・安全・社会貢献)
〇環境/安全に配慮した事業展開

Global(世界)
〇地域毎での最廉価戦略構築
〇グローバルマネジメントの強化

Grow up(成長)
〇コア技術の進化と新技術革新加速
〇グローバル人材の創出
沿革(昭和) 昭和27年6月
和歌山県田辺市に高尾金属工業株式会社を設立
昭和28年11月
東京都三鷹市に菊池ボデー工業有限会社を設立
昭和39年5月
菊池プレス工業株式会社が本田技研工業株式会社と取引を開始
昭和41年11月
滋賀県甲賀郡土山町(現滋賀県甲賀市土山町)に滋賀工場建設
昭和42年9月
高尾金属工業株式会社が本田技研工業株式会社と取引を開始
昭和44年1月
東京都西多摩郡羽村町(現東京都羽村市)に羽村工場を新設し、操業を開始
昭和59年5月
アメリカに5社合弁でK・T・H Parts Industries,Inc.を設立
昭和63年5月
アメリカにJefferson Industries Corporationを設立
沿革(平成) 平成 2 年4月
栃木県塩谷郡喜連川町(現栃木県さくら市)にテクニカルセンター及び栃木工場を新設し、
操業を開始
平成 3 年4月
栃木県塩谷郡高根沢町にC&C栃木を新設
平成 3 年9月
Jefferson Industries Corporationの本格的稼働により、K・T・H Parts Industries, Inc.から離脱
平成 6 年10月
タイにG-TEKT (Thailand) Co., Ltd.を設立
平成 8 年4月
日本証券業協会に株式を店頭登録
平成 8 年5月
タイにG-TEKT Eastern Co., Ltd.を設立
平成 8 年10月
カナダにJefferson Elora Corporationを設立
平成 8 年12月
ブラジルにG-KT do Brasil Ltda.を設立
平成 9 年1月
イギリスにG-TEKT Europe Manufacturing Ltd.を設立
平成10年7月
アメリカにAustin Tri-Hawk Automotive Inc.を設立
平成11年3月
アメリカにG-TEKT America Corporationを設立
平成12年7月
アメリカにJefferson Southern Corporationを設立
平成13年10月
中国にAuto Parts Alliance (China) Ltd.を設立
平成14年6月
群馬県太田市に群馬工場を新設し、操業を開始
平成16年5月
タイにThai G&B Manufacturing Ltd.を設立
平成16年12月
ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年3月
中国にWuhan Auto Parts Alliance Co., Ltd.を設立
平成17年9月
中国にConghua K&S Auto Parts Co.,Ltd.を設立。
平成19年2月
インドにGlobal Auto-Parts Alliance India Private Ltd.を設立
平成20年2月
ISO/TS16949の認証を取得
平成21年9月
埼玉県深谷市に埼玉工場を新設し、操業を開始
平成23年4月
菊池プレス工業株式会社と高尾金属工業株式会社が合併。商号を株式会社ジーテクトに変更し、本社を埼玉県さいたま市に移転
平成23年11月
インドにG-TEKT India Private Ltd.を設立
平成24年2月
インドネシアにPT.G-TEKT Indonesia Manufacturingを設立
平成24年3月
メキシコにG-ONE AUTO PARTS DE MEXICO,S.A. DE C.V.を設立
平成25年4月
アメリカにG-TEKT North America Corporationを設立
平成25年9月
メキシコにG-TEKT MEXICO CORP. S.A. DE C.V.を設立
平成26年12月
東京証券取引所 市場第一部へ市場変更
平成27年7月
ドイツ ミュンヘンにG-TEKT(Deutschland)GmbHを設立
平成29年10月
中国 上海にGSR(G-TEKT Shanghai Representative office)を設立
平成30年4月
東京都羽村市にジーテクト東京ラボを新設し、操業を開始
ホームページ http://www.g-tekt.jp/recruit/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)