神奈川県カナガワケン
業種 公社・官庁
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

道路企画課
吉田 麻由美
【年収】非公開
これが私の仕事 神奈川県内の道路のプロデューサーです。
私たち、総合土木職における道路分野の仕事は、県内の道路をプロデュースすることです。まちとまちをつなぐ道路ネットワークを考え、整備していくことで、みなさまの生活をより便利なものにしています。更には、道路の整備を通じ、観光地や工業地への新たな車の流れを生み出し、地域の魅力づくりに貢献しています。
道路企画課では、特に、道路をプロデュースする上での指針となる計画を立案しています。「県道に求められているものは何か」ということを念頭におき、必要な道路を検討しています。県内の山間部・沿岸部または観光地・工業地などの各地域の特性を理解し、また、将来開通する自動車専用道路が与える影響を考えながら、地域の魅力を増幅させるような、まちとまちをつなぐ道路を計画できることがこの仕事の醍醐味です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新たに必要な道路が将来整備される実感を持てた。
今、県内に通っている道路は、昭和中期ごろの計画に基づいた大まかなネットワークとなっています。それを補完するものとして、「どこにどのような道路が必要か」ということを、これから考えなくてはなりません。神奈川県は地域の特色が様々で、地域によって必要な道路が異なります。全ての道路を同時期に造ることは難しいため、優先付けが必要ですが、特性の異なる道路を比較することは大変です。加えて、新たに必要な道路を計画に位置づけ、着工させるまでのプロセスは前例が少なく、各路線によって状況が異なります。自分が考えた進め方でプロジェクトが進んでいくため、先輩方の知見を参考に、日々進め方を模索しています。非常にやりがいがあり、自分が位置づけた道路が将来整備され、多くの人に利用されると思うと感慨深いものがあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 特徴のあるインフラ整備事業に携われると感じたから
土木の仕事は大きく分けて、計画・施工・維持管理の3つ段階があります。計画では行政者、工事では監督員、維持管理では管理者という立場から、3つ漏れなく携われる仕事は公務員しかないと思い、公務員を志望していました。先輩職員の話をじっくり聞き、山間部・沿岸部・観光地と特色の異なる場所のインフラ整備に携われるという魅力や、若手職員が活躍できる場所があること、そして、何より、技術面を問われる出先機関と、調整能力を問われる本庁勤務の両方を経験できると確信した神奈川県に入庁を決めました。
入庁後は、金銭的な利益のみを重要視せず、必要なものを必要なところに整備できることや、自分の生活スタイルを決められるところに更に魅力を感じるとともに、職員同士の交流が盛んで、あたたかい職場であることを日々実感しています。
 
これまでのキャリア 厚木土木事務所(3年)→道路企画課(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事を続ける上で大切なのは、「自分の好きなこと/やりたいことが仕事か」、「他の職員と楽しく仕事ができる環境か」ということです。先輩職員の話をじっくり聞き、自分の目指す仕事の思想や生活スタイルに合うかどうか考えてみてください。
会社には、色々な技術を持っている人が集まります。皆ができることをできるように頑張るよりも、自分が得意なことを伸ばして、自分のアピールポイントを仕事に活かせる素敵な社会人を目指してください。

神奈川県の先輩社員

県税の納税相談と、納税証明書の発行。

相模原県税事務所津久井支所
山本 貴弘

児童相談所の児童福祉司。児童に関する相談援助。

平塚児童相談所
細野 泰代

住民の健康を守る保健師。関係機関と連携して保健事業を展開する。

健康増進課
本間 真由美

法人税の賦課業務

緑県税事務所
松井 日向子

神奈川県の道路を守る仕事です。

道路管理課
廣野 大輔

福祉職で生活支援員。施設入所者の生活全般を支援する。

さがみ緑風園
小山 英夫

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる