神奈川県カナガワケン
業種 公社・官庁
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

緑県税事務所
松井 日向子
【年収】非公開
これが私の仕事 法人税の賦課業務
横浜市青葉区に位置する県税事務所において、法人に対する税金の賦課業務を担当しています。神奈川県で働くとなると、みなとみらいのあたりを思い浮かべる人が多いかと思いますが、緑県税事務所は海までは少し遠い、閑静な住宅街の中の出先機関です。
仕事は法人が提出する申告書の調査、決定などが主です。事務所全体が適正公平な課税を目標に一丸となって取り組んでいるため、難しい事案に直面した際には経験豊富な上司や先輩方の協力を得て、調査を進めることができます。
県税事務所は、県庁が働くためのガソリンを集めるような存在で、ここから様々なものごとが動き出すんだ、という思いで仕事に励んでいます。
日々の仕事の積み重ねが県民の方の笑顔に繋がっていると思うととても誇らしいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
届を出していない法人などにお願いをして、提出をしてもらったこと。
入庁して一年目の秋頃に、申告や届を行っていない法人に提出をお願いする業務を担当しました。それまで自主的に出された書類を調査する仕事が主だったため、担当当初は全く新しい仕事をしている感覚でした。
法人に説明をしていく中で県が示している提出基準やその方法には、ご理解いただくことが難しいものも多いことがわかり、改めて自身の仕事を見つめ直すきっかけにもなりました。
提出義務がある法人には、納得していただけるよう様々な資料を参考に説明し、実際に申告書や届出書の提出をしてもらった時にはとてもうれしく思いました。
届や申告をしてもらうのは当たり前なのではなく、皆様のご理解とご協力があってのものだということを改めて実感したのと同時に、自身の仕事に対する理解も深まり「適正・公平な課税」の言葉をかみしめました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「神奈川県」という土地が好きです。
親の仕事の関係で海外で幼少期を過ごし、その後東京で育ちました。
大学に入って様々な地方出身の友人と過ごしていく中で自分が根無し草のように感じ、将来は一生住みたいと思える地域を見つけ、そこに貢献したい、という思いが強くなりました。
改めて自分の生活を見つめてみると、幼いころから海や川が好きで神奈川には何度も足を運んでおり、近代的なみなとみらいや、心落ち着く鎌倉を抱える神奈川県に魅力を感じ、神奈川県を受けることに決めました。
県政について調べていくと、大都市圏という特徴を活かした政策や、神奈川県民のためだけではなく、ほかの都道府県のモデルにもなれるような先進的な取組みも行っているところに魅力を感じ、この職場で働きたい、と強く思いました。
 
これまでのキャリア 県税事務所事業税課(2年目)

この仕事のポイント

職種系統 地方公務員
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が大切にしたい「軸」は何なのかをよく考えることが大事だと思います。
人生は長く、その時々の環境によって軸がずれることがあるかもしれませんが、「自分は今これを大事に思っているんだ!」と意識して就職活動するのとしないのとでは、将来振り返ったとき今の自分に対する満足度が大きく変わると思います。
その軸は就職活動だけではなく、人生の軸にもなりえます。ぜひ、その自分の軸を大切にして就職活動をしてください。神奈川県から応援しております!

神奈川県の先輩社員

県税の納税相談と、納税証明書の発行。

相模原県税事務所津久井支所
山本 貴弘

神奈川県内の道路のプロデューサーです。

道路企画課
吉田 麻由美

児童相談所の児童福祉司。児童に関する相談援助。

平塚児童相談所
細野 泰代

住民の健康を守る保健師。関係機関と連携して保健事業を展開する。

健康増進課
本間 真由美

神奈川県の道路を守る仕事です。

道路管理課
廣野 大輔

福祉職で生活支援員。施設入所者の生活全般を支援する。

さがみ緑風園
小山 英夫

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる