奥野製薬工業株式会社オクノセイヤクコウギョウ

奥野製薬工業株式会社

表面処理薬品/食品添加物/無機材料   メーカー
業種 化学
半導体・電子部品・その他/食品/ガラス・セラミックス/その他製造
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

総合技術研究所 総合技術研究部 第五研究室
梶山 笑理
【出身】岡山大学大学院  環境生命科学研究科 生物資源化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新規性能獲得を目指した研究開発
半導体・電子材料への最終表面処理に関するめっき液の研究開発を行っています。

最終表面処理とは、基板への部品実装において接続信頼性を得るための工程で、中でも「ニッ
ケルめっき+金めっき」という処理は適応用途が広く信頼性も高い工程です。

私は、無電解ニッケルめっき液の開発を担当しており、年々進歩する技術と同様に新たな性能
を付加した製品の開発に腐心しています。
無電解めっき液には、有機物も多く含まれているため、化学的根拠や過去の知見から様々な
化合物や組み合わせを検討し、特性を得るため試行錯誤を繰り返します。

意欲的な開発精神を持つ方が多く、新たなことに取り組める環境であることに大変助かってい
ます。新たな知見を得た時の充実感や、製品化対応までできる達成感が私の仕事のモチベー
ションです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
刺激を与えられること、現象を深く追究すること
1年目に新規用途のめっき液開発のプロジェクトに参加した際に、新規添加剤を発見できたこと、
および製品開発につなげられたことです。

めっきは古い技術ですが、今も研究開発が行われる理由は組成ひとつで多様な機能が得られ
るためです。しかしその組成を見出すのは容易ではありません。
全く知識の無い所からやっと慣れてきたという中、手助けされたのは先輩社員との議論や学生
時代の知識でした。
相談や質問を快く受けて頂くことで議論でき、自身の有機化学の知識と発想を生かせると気づ
きました。その結果、添加剤の発見だけでなく最終的に製品化まで至りました。

お互いの活発な議論が開発に大きく寄与することを改めて感じ、そしてやはり現象を深く追究す
ることは楽しく、特に結果が付随すると達成感がありました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 存分に化学に触れ合えるところ
学生時代は微生物生産物質の研究をしていたため、食品部門を希望して入社しました。
配属は表面処理部門でしたが、入社後めっきは考えていたより非常に幅広い分野だとわかりま
した。

添加剤が大きな役割を担うめっきの世界では、化合物とその効果やメカニズムも研究する環境
が根付いていたため、化学を一生の仕事にしたいと考えていた私に合っていました。

化学という大きな枠で就職活動をした重要性は、入社してからの方が感じました。
勉強会や学会発表が活発なことも魅力に感じ入社しましたが、実際その通りでした。
勉強会の機会は多く、研究成果を発表する場も多いです。

ギャップとしては、思っていた以上に職場仲が良いことです。単なる仲良しでなく、忌憚のない意
見を言い合える気持ちの良い人が多いと思います。
 
これまでのキャリア 研究開発(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がこれまで学んだ知識を存分に活かせる企業は意外と少ないです。重要なことは「自分が何をして生きたいか」を明確にすることです。これだけで視野と活動の幅がかなり広がります。
これを明らかにした上で、業界や職種、企業分析、待遇等を考えてゆけば良いのではないでしょうか。
私は就職活動が遅く苦労しましたが、このときの軸が現在も将来的な考え方になっています。就職してからも楽しみながら仕事ができるよう、今の内から考えてみてください。

奥野製薬工業株式会社の先輩社員

機能性コーティング液の開発

総合技術研究所 総合技術研究部 第九研究室
小沼 太郎
東邦大学大学院 理学研究科 化学専攻

食品添加物製剤の研究開発

総合技術研究部 第十二研究室
黒澤 菜月
京都女子大学 家政学部 食物栄養学科

車載・電子部品向け機能性無機材料の営業。国内から海外まで。

表面処理営業部 大阪表面処理営業課
木本 正臣
近畿大学大学院 総合理工学研究科 物質系工学専攻

表面処理薬品と無機材料製品の営業

表面処理営業部 九州表面処理営業課
中村 要
大阪工業大学大学院 工学研究科 応用化学専攻

めっき薬品ユーザーへの技術的フォロー

表面処理営業部 大阪技術課
伊賀 幸平
岡山大学大学院 自然科学研究科 化学生命工学専攻

製造された製品の品質検査と品質の保証を担っています。

品質保証部 食品品質管理課
片山 太陽
近畿大学 農学部 応用生命化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる