バイオ科学株式会社バイオカガク

バイオ科学株式会社

動物用医薬品、ワクチン及び飼料添加物の製造メーカー
業種 医薬品
本社 徳島

先輩社員にインタビュー

開発部
川嶋 潤(29歳)
【出身】麻布大学大学院  獣医学研究科 動物応用科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 より良い医薬品を世に送り出すための開発や申請業務を担当しています。
主に水産用ワクチン、抗生物質など動物用の医薬品開発試験や、農林水産省への申請業務を行っています。実験室で様々な分析機器を用いた試験も行いますし、実際に動物を用いた投与試験なども担当しています。各種の申請時には、製品の効能や安定性などを証明するデータを添付しますが、そのデータを得る試験を行い、申請書にするまでが私の仕事です。新規製品の申請だけでなく、既存製品の製造方法などに変更が生じた際にも申請が必要です。原材料の変更に伴う申請もあります。中には、数年に及ぶプロジェクトもあり、仕事は多岐にわたります。一度に複数の仕事を並行して進めるイメージです。この仕事に、ここまでやれば一人前というラインはありません。試験方法などは、日々進化していくため、常に新しいことをマスターしていく毎日を過ごしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
製品申請が承認された時の喜びは格別。責任ある仕事に満足しています。
初めて既存製品の変更のために担当した申請業務は印象的でした。試験から一連の作業を担いましたが、農林水産省へ申請書を提出してから実際に承認を得られるまでに半年近くかかりました。承認までには、提出した申請書に対し農林水産省から指摘や質問がなされます。その内容は、誤字脱字の指摘から、時には追加試験データが必要となる場合まで様々。中には、回答が容易でない指摘もありましたが、作業を乗り越え、初めて担当した製品が承認された時に、成果を出せたことへ喜びと達成感を得られました。私の仕事は、場合によっては、現場に改善を求めることもあります。品質の砦となって守る役割も果たしているという意識も大切にしています。また、現在、開発部には7名のメンバーがいますが、若い人が多く、意見が言いやすい環境も気に入っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 雰囲気の良い環境の中で研究開発の仕事が出来るから。
医薬品業界で研究開発の仕事がしたい。そんな気持ちで全国を視野に入れ、就職活動を行いました。東京出身で関東圏の大学院を出た私にとって、徳島県は縁もゆかりもない土地。たまたまインターネットでの当社のホームページを見かけてアプローチし、筆記試験で初めて会社を訪れました。その時、会社内には、家庭的な雰囲気が溢れていて、働きやすそうな印象にほっとしたのを覚えています。特に、面接時の印象が他社と大きく異なっていて、堅苦しさがなくリラックスして面接を受けられました。実際、入社してみると、先輩や上司とても温かく、さらに社内で社長から気軽に話しかけていただける環境です。正直、学生時代に抱いていた会社というものに対するイメージを良い意味で裏切るほどの雰囲気の良さ、人の良さが当社の魅力の1つだと思います。
 
これまでのキャリア 開発部(現職、現在5年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 動物と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は多くの会社を知る良い機会です。業界全体の知識や他社の情報は、入社してからも活かせる知識になると思うので、文系理系にこだわらず、幅広く興味を持って就職活動に臨んでください。理系の学生の場合、研究室が忙しく、「早く就活を終わらせたい」という気持ちになるかもしれません。また、職種にこだわり過ぎることもあるでしょう。しかし、実際に働いてみて、色々な職種に面白さがある知りました。ぜひ、視野を広げて、自分の可能性を広げてください。

バイオ科学株式会社の先輩社員

取引先は国内外約200社。自社製品の原材料仕入れを担当しています。

企画室
森 彩加
徳島大学大学院 先端技術科学教育部 環境創生工学専攻 化学機能創生コース

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる