地方独立行政法人長野県立病院機構ナガノケンリツビョウインキコウ
業種 医療関連・医療機関
団体・連合会/公社・官庁
本社 長野

先輩社員にインタビュー

こども病院 総務課
U.N
【出身】保健医療福祉学部 卒
【年収】非公開
冷静なエキスパート
これが私の仕事 総務課において職員の給与や旅費等に関わる事務を行っています。
院内で働いている職員に関する業務なので、職員本人とお話しすることが多々あります。最初の頃は内線電話をかけることすら怖く、ドキドキしながら電話をかけていました。
 入職して約半年経った今、以前より多くの仕事を任せられ、自分なりに責任を感じ、こうした自身の気持ちの変化をうれしく思っています。
 また、やり取りを通じて名前を覚えてくれ、分からないことは質問をしに来てくれる方もいて、自分の役割を感じることができています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
就職活動や説明会でお世話になった方と業務上で関われるようになったこと。
現在、総務課で業務をしているため、他病院や本部で同様な業務をしている方と連絡を取る機会が多く、就職活動中にお世話になった方々と関わることが増えてきました。就職活動中は、大人の言葉遣いや所作ができていて社会人ってすごいと憧れていた方々と一緒に仕事をしていることがとてもうれしいです。
 私自身まだまだ先輩や上司からはかけ離れた存在かもしれませんが、いつか自分もこうなりたいという目標にできる方が身近にいるのがモチベーションになっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地域のために働く医療者を支えることができるところが魅力的です。
中学生の頃から漠然と病院で働きたいという思いはありましたが、具体的にどのような職種が良いのか自分でもわからず、大学は医療を含むさまざまな問題に着目できる福祉系の学科に進みました。
 病院や施設などの実習を経験するなかで、医療現場には多様な職種の方が働いていて、その方々を支える事務職員の存在に興味を持ったことが、病院の事務部門を就職活動のメインにしたきっかけです。
 就活中、多くの説明会に参加するなか、地元の長野県で高度専門医療やへき地医療を行い、地域を支えている長野県立病院機構を知りました。地域の医療を支えている職員を支えることができるこの仕事に魅力を感じ、長野県立病院機構の採用試験を受けました。
 
これまでのキャリア 新卒→今年入職 総務1年目

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は、自分の伝えたいことを言葉で伝えることが得意ではなく、就職活動初期の頃は面接でまともに話せず、泣いて面接官を困らせてしまったこともありました。
 しかし、就活中うまくいかないことがあっても、自分にうそは付かず、自分の言葉で伝えようとすることが一番大切だと思います。
 また、社会人になって、言葉遣いの大切さに気づきました。相手がどう受け取るかを考えながら言葉えらびをしていくことも大事なことだと思います。

地方独立行政法人長野県立病院機構の先輩社員

未収金・カルテ開示・広報。 クレーム対応から新規企画提案まで

信州医療センター医事課
S.T
商学部
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

医療機器・備品購入、業務委託契約、医療機器修繕、病棟改修など

信州医療センター経営企画課
H.Y
産業社会学部
[指向タイプ]堅実なサポート役

診療材料(マスクや手袋等の診療に使う消耗品)の購入担当をしています。

木曽病院 経営企画課
M.Y
商学部
[指向タイプ]堅実なサポート役

財務 -資金管理から支払、入金処理そして経営状況表の作成-

本部事務局 経営管理課
M.K
社会学部
[指向タイプ]堅実なサポート役

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる