社会福祉法人のびのび福祉会
ノビノビフクシカイ
2021
業種
福祉・介護
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは、障がいを持った人の自立した生活を支援する事業所を運営しています。
日曜子ども教室や日曜作業所を出発点にした取り組みは、障がい児・者の「人権」を守り、地域の人たちや関係者と「連帯・共同」した取り組みへと発展し、地域福祉の充実・変革に繋がってきました。
地域の人たちや利用者家族と「ともにあゆみ」ニーズに応えた「事業の創造」と「地域社会の充実」をめざしていきたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

さまざまな事業所で、それぞれが自分らしく地域社会に貢献

私たちは、障害があっても生き生きと働き生活することを目標に地域生活に参加していく作業所を利用者とともに作り上げていきたいと思っています。またグループホームやヘルパー派遣、相談支援センターなどを運営し、障害のあるが方々の地域生活を支援しています。「大地」では、パンの製造や自主製品の販売などを通じて地域社会へ貢献。さらに自立センター「あけぼの」では、中途障がいや高次脳機能障がいのある利用者さんとともに支えあっています。それぞれが、過ごしやすい環境の中で自分らしい生き方の実現をめざしています。

戦略・ビジョン

「人権」「連帯・共同」「変革」の3つの視点で、社会を変える

毎日の業務に励む上で、私たちは「人権」「連帯・共同」「変革」という3つの視点を大切にしています。まず、「人権」とは、障がいを抱える人たちの人権を守りぬくということ。そしてその上では、ご家族や地域の皆さん、その他かかわり合うすべての人との「連帯・共同」が欠かせません。1976年より続くのびのび福祉会の歴史の中では、常にこうした視点を守り、それによって「変革」を繰り返してきました。時代に即し、地域のニーズを踏まえた上で、誰にとっても心地よく過ごしやすい社会を構築できればと願っています。今後も、3つの視点から新たな社会の創造に励みます。

会社データ

事業内容 介護事業
設立 1976年
資本金 1000万円
従業員数 98名
売上高 公費収入(就労会計含む) 約6億5000万円
代表者 理事長 藤村萠子
事業所 【法人本部事務局】
〒136-0073 東京都江東区北砂7-9-1 太陽ベニヤビル1F
TEL:03-5632-4048 FAX:03-5634-8608

●日中活動支援事業
【のびのび共同作業所大地】 生活介護定員40名
江東区塩浜2-5-20 塩浜福祉プラザ3・4F

【のびのび共同作業所第2大地】 生活介護定員20名
江東区北砂7-9-1 太陽ベニヤビル1F

【のびのび共同作業所青空】 生活介護定員20名
江東区南砂3-5-14 OKBLDG-2 2・3F

【のびのび共同作業所大河】 就労継続B型20名
江東区南砂3-5-14 OKBLDG-2 4・5F

【自立センターあけぼの】 多機能 就労移行10名・就労継続B型15名
江東区塩浜2-5-20 塩浜福祉プラザ3F
江東区枝川2-3-7 アライビル

【のびのび作業所エコ】 多機能 就労移行6名・就労継続B型14名
江東区北砂3-22-20 

【のびのび作業所デリバリー】  多機能 就労移行6名・就労継続B型14名 
江東区大島6-1-4-109・110

【のびのび作業所フーズ】 多機能 就労移行6名・就労継続B型14名
江東区大島8-32-13 マヒコビル1・2F

●地域生活支援
【介護ステーション太陽】 居宅介護・重度訪問介護・行動援護・移動支援 ほか
江東区千石2-6-15  島田ビル
 
【のびのび相談支援センター】 特定相談支援・サービス等利用計画 
江東区千石2-6-15 島田ビル

●グループホーム・共同生活援助
【かたくりの家】 定員6名
江東区大島8-32-13 3F

【第2かたくりの家】 定員6名
江東区南砂7-5-13

【第3かたくりの家】 定員6名
江東区北砂7-9-1 3F

【サポート】 定員6名
江東区南砂7-13-16  

ほか
沿革 1976 「日曜子供教室・日曜作業所」開設
    作業所づくりをめざしていた「江東ろう重複親の会」「お茶の会」「担任等関係者有志」が中    心になって、「日曜子ども教室」が「のびのび作業所」「まつぼっくり子ども教室」「乳幼児親     子教室」に発展
1980年 「のびのび作業所(青空の前身)」南砂に開設
     「日曜子ども教室」を母体として、区内ではじめての重度障がい者が通所できる作業所を     開設
1981年 「辰巳あけぼの自立センター(自立センターあけぼのの前身)」開設
1985年 「のびのび工房(大地の前身)」開設
1993年 「グループホームかたくりの家」開設(区内ではじめて重度障がい者が入れるグループ      ホームとなる)
1999年 「のびのび作業所大島(現青空)」・「グループホーム第2かたくりの家」開設
2002年 「社会福祉法人のびのび福祉会」として認可
     大地が知的障がい者通所授産施設となり、社会福祉法人が認可される
     区内ではじめて委託事業ではなく民間法人が運営する通所授産施設となる
2003年 「介護ステーション太陽」「グループホーム第3かたくりの家」「のびのび工場型作業所エ      コ」開設
2004年 無認可の「のびのび共同作業所大樹」を「大地」に編入、大地が40名定員となる
     「のびのびフーズ(製菓・製パン事業)」開設
2007年 障害者自立支援法指定事業へ移行
     介護ステーション太陽、第3かたくりの家、のびのび共同作業所大地、のびのび共同作業     所青空、のびのび作業所エコ・清掃事業部発足
2008年 「グループホーム第4かたくりの家(共同生活介護)」開設
     のびのび作業所エコとのびのびフーズが統合し多機能型指定事業「のびのび作業所エコ     &フーズ」に(就労移行・就労継続B型)
2009年 「かたくりの家」と「第2かたくりの家」が共同生活介護へ移行、「第3かたくりの家」を母体     に『ユニットかたくりの家』となる
2010年 中途障がい・高次脳機能障がい者作業所「大河」指定事業へ移行(継続B)
2011年 「自立センターあけぼの」が多機能事業(就労移行・継続B)に移行
     「のびのび野菜館あけぼの」開設
2012年 エコ&フーズ「惣菜館」開設
2013年  「第2大地」開設
2014年 「第5かたくりの家」開設、「のびのび相談支援センター」開設
      「エコ&フーズ」が「エコ」「デリバリー」「フーズ」にそれぞれ独立
2015年  「フーズ」が大島8丁目に移転・生活介護併設(青空分化)
ホームページ http://www.vesta.dti.ne.jp/~nobihuku
めざすもの 日曜子ども教室や日曜作業所を出発点とした取り組みは、障害児・者の「人権」を守り、地域の人たちや関係者と「連帯・共同」した取り組みへと発展し、地域福祉の充実・発展につながってきました。のびのび福祉会では、こうした「人権」「連帯・共同」「変革」の視点を引き続き大切にしながら、地域の人たちや利用者家族と「ともにあゆみ」ニーズに応えた「事業の創造」と「地域福祉の充実」をめざしていきたいと考えています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)